花園神社酉の市2018!時間や日程、見世物小屋の見どころチェック!

花園神社の酉の市は新宿の一大イベント!

毎年11月に開催されている花園神社の酉の市

酉の市なんてマイナーそうなお祭り?なーんて思いきや・・・

例年の来客数はなんと60万人以上!!

まさに新宿を代表するお祭りの一つです。

商売繁盛や開運の縁起物として人気の熊手を始め、たくさんの屋台にちょっと怪しげな見世物小屋があったりと見どころ満載♪

今回はそんな花園神社酉の市の開催時間や日程、見世物小屋や熊手の情報などたっぷりと紹介します!

スポンサードリンク

花園神社酉の市2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~日程・時間~

前夜祭 本祭
一の酉 10月31日(水) 16:00~深夜2時頃 11月1日(木) 12:00~深夜2時頃
二の酉 11月12日(月) 16:00~深夜2時頃 11月13日(火) 12:00~深夜2時頃
三の酉 11月24日(土) 16:00~深夜2時頃 11月25日(日) 12:00~深夜2時頃

~場所~ 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-3

それでは花園神社酉の市について詳しく見ていきましょう!

 

酉の市ってなに?

酉の市の起源

「酉の市」は足立区にある鷲神社で始まったと言われています。

鷲神社に祀られているのはかの有名な日本武尊(ヤマトタケル)

昔、ヤマトタケルが東夷征伐(中国との戦い)の帰りに、いまの鷲神社のある場所へ立ち寄り戦勝のお祝いをしたそうです。

この時に神社の前にある松の木に「熊手」をかけてお参り

そのお祝いをした日が11月の酉の日だったので、この日を鷲神社例祭日として、後年になり「酉の市」として親しまれるようになりました。

 

花園神社は関東三大酉の市の一つ

酉の市ではヤマトタケルの伝承にあやかって、江戸時代から商売繁盛や開運の縁起物として熊手が売られていました。

そんな酉の市が花園神社で始まったのは明治時代

のちにヤマトタケルを祭神とする大鳥神社と合祀されたことで、花園神社の酉の市はより一層有名に

いまではあの小さな境内に毎年60万人もの人が訪れる新宿を代表する一大イベントとなっています!

 

前夜祭と本祭の違い

酉の市が行われるのは11月の酉の日(2018年は1日、13日、25日)ですが、その前日には前夜祭が開催されます。

前夜祭といっても本祭との大きな違いはなく、社殿でのお囃子の演奏が行われないくらいです。

↓お囃子の様子

 

あとは酉の日に当たる本祭の方が圧倒的にたくさんの人がくるので、人混みを避けてゆっくり見て回るなら前夜祭を狙っていくといいですよ♪

 

花園神社名物『見世物小屋』

見世物小屋とはその名の通り「見せ物」をする「小屋」のこと

見せ物といってもよくあるようなお祭りのイベントごととは訳が違います。

昔からの見世物小屋では普段では絶対見られないような珍しいものや時にはグロテスクとも思えるようなパフォーマンスが披露されます。

↓の映像は靖国神社の時のものですが、この人は「ヘビ女」として知られ花園神社でも長年パフォーマンスをしてきました。

※映像はかなりグロテスクなので、苦手な人は絶対に見ないでください。

 

うわぁ・・・

テレビなんかじゃ絶対見せられないやつですね。

 

そしてこっちは「火を吹く女」

去年は花園神社でも火を噴く人が来てましたよ!

こんなちょっと過激な「見せ物」が見られるのが花園神社の「見世物小屋」

大昔はお祭りには定番の存在だったけれど、今となっては都内で見世物小屋が見られるのは花園神社の酉の市や府中のくらやみ祭、靖国神社のみたままつりくらい

怖いもの見たさでついつい誘われること間違いなしですよ~!

 

熊手の買い方

酉の市の一番メインといえばやっぱり縁起物の熊手

オフィス街や芸能関係の施設もたくさんあることから、花園神社の熊手はいろんな業界の人に人気のある縁起物です。

小さくて安いものであれば数千円程度からありますが、高いものだと数万円なんてものも

 

ちなみに熊手を買う時は値切るのが“粋な買い方”とされてます。

欲しい!と思った熊手があったら思い切って値切ってみる。

うまーく交渉すれば値札よりも安く買えることも珍しくないんだとか。

 

ただし!!

値切って安くしてもらった分はお店に「ご祝儀」としてお店に置いてくのが決まり

「それじゃあ意味ないじゃん」なんて思うかもしれないですが、コレこそ熊手の粋な買い方

江戸っ子の慣習って不思議なもんですねw

 

たくさんの屋台も出店

酉の市ではB級グルメの屋台もたっくさん並びます!

入り口から本殿まで伸びる参道にはあらゆる屋台がビッチリと軒を連ね、仕事終わりの人を中心にかなりの賑わいに

 

普通のお祭りの比じゃないほどたくさんの人でごった返すのでゆっくり食べ歩きなんてのはできないと思った方がいいですね^^;

買ったらすぐに境内の方に行って端の方で座って食べるのが吉

 

酉の市の混雑状況

最初でも言った通り、花園神社酉の市の来場者数は毎年60万人以上

新宿のど真ん中という立地に加えて、境内もかなり小さめなのでとにかく毎年凄まじい混雑になります!

 

歩くだけでも大変なほどの人の数ですが、コレぞ花園神社の酉の市!!

この賑わいこそ新宿の風物詩という感じ!!

ただ、お祭り気分を楽しむのならいいですが、じっくり見て回るにはちょっと不便

もし混雑を避けたいのであれば先ほど紹介した通り、前夜祭を狙って行くのもオススメ

でも前夜祭でも夕方~夜になればかなりの人が詰めかけて来ます。

昼間の比較的早い時間帯(12時~16時くらい)かもしくは思いっきり遅くして23時以降に行けばかなり人は少なくなりますよ♪

 

花園神社へのアクセス

電車

・丸ノ内線、副都心線、都営新宿線『新宿三丁目駅』より徒歩5分

・副都心線、都営大江戸線『東新宿駅』より徒歩7分

・JR、私鉄各線『新宿駅』より徒歩10分

 

駐車場

①パークシティイセタン

~台数~   600台

~料金~   300円/30分、平日のみ当日最大1,600円

~営業時間~ 7:00~22:30(出庫は23:00まで)

~住所~   〒160-0022 東京都新宿区新宿5-11-5

②公共新宿パーキング

~台数~   100台

~料金~

(6:00~18:00)200円/30分、最大(平日)1,200円、最大(日祝)1,400円

(18:00~6:00)300円/30分、最大1,300円

~営業時間~ (月~土)24時間、(日祝)8:00~24:00

~住所~   〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-10-1

 

さいごに

いかがでしたか?

花園神社酉の市の魅力は熊手と見世物小屋!w

新宿のディープな一面も楽しめる貴重なお祭りなので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です