葛西臨海公園の紅葉2018!見頃や見どころ、イルミネーション情報も紹介!

HIROYUKI
こんにちは!HIROYUKIです!

都内の紅葉スポットといえば神宮外苑や新宿御苑なんかが有名ですよね。

でも、意外と穴場なスポットとしてオススメなのが葛西臨海公園!

紅葉スポットとしてはあまり知られていないので混雑することがないし、何より目の前は海なので景色がキレイ!!

都心からも車で30分ほどで着くのでちょっとしたドライブにもぴったりですよ♪

ということで今回はそんな葛西臨海公園の紅葉の見頃や見どころを紹介します!

スポンサードリンク

葛西臨海公園の紅葉2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~見頃~   11月中旬~12月上旬

~開園時間~ 常時開園

~入園料~  無料

~場所~   〒134-0086 東京都江戸川区臨海町6

それでは葛西臨海公園の紅葉を詳しく見ていきましょう!

 

葛西臨海公園の紅葉の見頃

葛西臨海公園の木々が紅葉し始めるのは毎年10月下旬を過ぎたあたりから

はじめのうちは残暑で気温が高い日も多いので、本格的に色づき始めるのは11月に入ってから

 

中旬になると気温も下がりより色づきが良くなってきます。

場所によって陽の当たり具合が違うので、まだこれからというところもありますが全体的には見頃になってきます。

 

11月下旬から12月上旬になるとだいぶ気温も下がってくるので、紅葉もグッと色づきが良くなります♪

晴れた日には黄色や赤に染まった鮮やかな色合いの景色が楽しめますよ!

夜の紅葉もオススメ

神宮外苑のような有名な紅葉スポットだと夜には絵ライトアップもありますが、残念ながら葛西臨海公園ではライトアップはありません。

ですが、葛西臨海公園といえば観覧車や遠くに見えるビル群、さらにはディズニーリゾートのイルミネーションも見える絶景スポット

観覧車の近くや街路灯近くなら夜でも紅葉が楽しめるんですよ~♪

昼間に見るのもキレイですが、夜のしっとりとした雰囲気もまた魅力

夕暮れあたりの時間帯がオススメです!

 

パークトレインで園内遊覧も

葛西臨海公園はかなり広く、面積にすると約81万平方メートル

東京ドームに換算すると約17個分にもなります。

もちろん全部の場所が紅葉スポットというわけではないですが、それでも歩き回っていると結構疲れてしまうことも

もし気軽に園内を見て回りたいならパークトレインを使うのもアリ♪

 

一見すると子ども向けの乗り物に思うかもしれないですが、結構カップルで利用している人も多いんですよ!

だいたい自転車のゆっくりこぐくらいのスピードで、25分ほどかけて園内の主要エリアを一周してくれるので、一通り見どころを見て回れます。

のんびり揺られなが紅葉を楽しんんでみてはいかがですか?

葛西臨海公園 パークトレイン

~コース~ ①公園サービスセンター前 ~ ②ウォッチングセンター前 ~ ③水辺ライン船のりば前 ~ ④なぎさ橋前 ~ ⑤汐風の広場前 ~ ⑥芦ヶ池前 ~ ⑦芝生広場、第2駐車場入口 ~ ⑧蓮池前、大観覧車入口

~料金~  大人(中学生以上70歳未満):300円、70歳以上・子ども:150円

~運休日~ 水曜日、年末年始、荒天時

(出典:葛西臨海公園 公式サイト https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index026.html)

 

葛西臨海公園へのアクセス

・JR京葉線「葛西臨海公園駅」より徒歩4分

 

さいごに

いかがでしたか?

葛西臨海公園に行ったことはあっても紅葉が楽しめるのは知らなかた人も多いんじゃないでしょうか。

広々とした公園なのでのんびりと過ごすにはうってつけ!

芝生に寝転びながら紅葉を楽しんでくださいね♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です