江戸東京たてもの園下町夕涼み2018!浴衣で来ると入園料が割引に!

映画「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった江戸東京たてもの園

普段は夕方で閉園してしまいますが、8月初めの2日間は限定イベント「下町夕涼み」が開催!

普段は夕方で閉園してしまいますが、この時だけは夜まで開園して縁日やライトアップなどの催し物が行われるんですよ~♪

今回はそんな江戸東京たてもの園の下町夕涼みのあれこれを紹介します!

スポンサードリンク

江戸東京たてもの園下町夕涼み2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

江戸東京たてもの園下町夕涼み

~日程~  2018年8月4日(土)・5日(日)

~時間~  15:00~20:30

~入園料~ 大人400円、大学生320円、中高生200円、65歳以上200円

~住所~  〒184-0005 東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)

それでは詳しく見ていきましょう!

 

下町夕涼みの見どころ

お祭り当日はあちこちでいろんなイベントが盛りだくさん!

提灯がぶら下がって、昔ながらの屋台が立ち並びます。

見てるだけでも夏を満喫できますね~

 

期間限定でこんなレトロな文具屋さんも出店

昭和の文具なんて見たことないけど、なぜか「懐かしい」と思ってしまう笑

 

東の広場ではメインイベントの盆踊りも開催

みんなバッチリ浴衣を着込んでいて雰囲気満点

これぞ日本の夏!という感じ♪

 

そして夜には普段は見ることができないライトアップも!

村上精華堂は「ちょっとアヤシく」照らし出されます♪

 

下町夕涼み イベント一覧

盆踊り

・場所:東の広場

・時間:17:30~19:30

こども神輿

・場所:下町中通り

・時間:17:00~17:30

ちびっ子縁日

・場所:子宝湯

・時間:15:00~20:00

夕涼み記念撮影

・場所:常盤台写真場 2階

・時間:15:00~20:00

切り花・文具の販売

・場所:花市生花店、武居三省堂

・時間:15:00~20:00

ちょっとアヤシいライトアップ

・場所:村上精華堂

・時間:17:00~20:30

伝統工芸の実演と販売

・場所:川野商店、植村邸

・時間:15:00~20:00

百風鈴

・場所:西川家別邸

・時間:9:30~20:30

寄席万徳旅館

・場所:万徳旅館

・時間:17:30~/19:00~(各回30分)

屋台・ビアガーデン

・場所:東の広場、エントランス広場など

・時間:14:00~20:00

(画像出典:江戸東京たてもの園 http://www.tatemonoen.jp/)

 

浴衣で来ると入場料2割引き!

レトロな雰囲気あふれる下町夕涼みに行くなら浴衣で行くのがオススメ!

というのも浴衣を着ていけば入園料が2割引になります。

ただ、浴衣を持っていなくても↓のクーポンを提示すれば割引してもらえいますよ~♪

>>入園料割引クーポンはこちら

 

江戸東京たてもの園へのアクセス

電車・バス

・西武新宿線「花小金井駅」より西武バス(武蔵小金井駅行)で「小金井公園西口」下車徒歩6分

・JR中央線「武蔵小金井駅」より西武バス(東久留米駅西口行)で「小金井公園西口」下車徒歩6分

・JR中央線「東小金井駅」よりCoCoバス(北東部循環)で「たてもの園入口」下車徒歩10分

 

駐車場

小金井公園駐車場

~台数~   454台

~料金~   300円/最初の1時間、100円/以降30分毎

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒184-0001 東京都小金井市関野町2-8

 

さいごに

いかがでしたか?

東京の夏のイベントとしてはちょっとマイナーかも?

でも、おかげでそれほど混まずにゆったり楽しめるのでお祭りデートにもピッタリ!

一味違った雰囲気のお祭りを楽しめるので、ぜひ足を運んでみてくださいね~♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です