ホンダ新型CR-Vの内見会に参加してきた!内装画像や価格情報も!

HIROYUKI
最近SUVが欲しくてたまらないHIROYUKIです!

2016年に国内販売が終了してしまったCR-V

ネットなどでも情報が流れている通り、今年2018年、USAでは先に発売されている新型となる5台目CR-Vの日本発売が決定!

そして今回、そんな新型CR-Vの実車を一足早く見られる先行内見会に行くことができました!!

内装や新規設定のハイブリッドモデルなど画像をたっぷりと交えながらその様子と価格や納期まで紹介します。

スポンサードリンク

 

まずは招待状をゲット

新型CR-Vの内見会は事前に予約が必要

いつもお世話になっているホンダの営業マンにお願いして参加枠を確保してもらいました!

内見会の1週間くらい前に招待状が届きました♪

なんかカッコいい!

 

いざ新型CR-Vの内見会へ!

内見会が行われるのは青山にあるホンダの本社

前に来たのはいつだろう、久々にきたなぁ

 

中に入るとホンダのフラッグシップNSX!!

 

これで2,800万円なーり

 

新しいモンキーに

 

N-VANも!

 

もっとじっくり見たいけど今日の目的はCR-V!

ウロウロするのもほどほどに先に来てた営業マンと合流して、いざ内見会場へ

 

普段なら一般の人でも入れる2階フロア

でも今日だけは内見会のために貸し切り状態

招待状がある人だけが入れます。

 

待ち合いスペースでは車を見終わった人たちが個室で商談をしてました!

 

手続きを済ませたらいよいよ車の展示してある特設スペースへ

おお!!

これが新型CR-V!!

並んでいたのは白と黒、赤の3台

白と黒がハイブリッド、赤がガソリン車です。

 

新型CR-V(ガソリン車)

外観

まずは真っ赤なガソリン車からチェック♪

フロントは最近のホンダ車の流れをくむ、切れ長のライトデザイン

でも、前に張り出したフロントバンパーがどこと無くCR-Vらしさを感じさせます。

 

リアのライトはこれまでのモデルと同じく縦長型

ただ、このモデルからはテールゲート側にもレンズが伸びてL字型に

 

ルーフからフェンダーにかけて膨らんでいくデザインがどっしりとしていかにもSUVらしい!

 

ホイールは全グレードでこのデザイン1つのみ(18インチ)

タイヤサイズは235/60R18

 

あと純正とは別にモデューロのオプションホイールが飾ってありました!

ここにはなかったけどエアロパーツもすでにあるらしい。

 

内装

このガソリン車は上級グレードでレザー(人工皮革)が標準

 

ステアリングは最近のホンダ車でよく見慣れたやつ

 

内装を見て思ったのは“良くも悪くも”ホンダデザインということ

営業マンとも

「ライバル車となるハリアーやCX-8なんかと比べるとどこかチープというか簡素な感じがあるよね」なんて話してました。

というのも車内デザインのアクセントとなる木目調のオーナメントパネルは人工感丸出しのプラスチック

それにステアリングについてるナビとかの操作ボタンはNBOXとかで使われてるのと全く同じ

せっかくの上級グレードならもうちょっと細かいところにこだわって欲しかったなぁ・・・

 

センターコンソールはナビとエアコン、ギアレバーとパーキングスイッチ類だけでスッキリとしていていい感じ!

ちなみにナビは全グレード7インチの1種類だけ

 

このグレードにはサンルーフが標準装備になります。

 

前席の調整は電動式(全グレード)

 

ドアハンドルの横にあるスイッチで2種類までシートポジションを登録できます。

 

もともとアメリカ市場向けに開発されただけあって後部座席の広さはかなりのもの!

 

設計するときは身長185cmの人が乗るのを想定して作られているので、日本人の体型であればゆったり座れますね。

座面も大きく取ってあるので深く座れて、後部座席でもなかなか快適♪

 

足元のスペースもしっかり確保してあって、前の座席に膝が当たったりすることはありません。

 

あと、地味にいいなぁ~と思ったのが後部座席にもUSBの充電ポートがついていること!

このままiPhoneのケーブル繋げてスマホが充電できるのは便利

 

言われて気づいたけど後部座席のドアはガバッ!と90度開くようになってます。

旧型だと乗り口のスペースに対してドアの開く量が少なくて乗り降りしづらかったらしく、新型ではそこもしっかり改良

 

そして、ガソリン車限定で3列目シートも追加できるようになってます。

ライバル車のCX-8にも対抗するにはやっぱりつけておかないと!という感じですね。

 

ですが実際に使うとなるとこの狭さは致命的

自分が座らされると思うとちょっと・・・

体育座りでもしないと無理そう^^;

 

上位グレードならリアのゲートは電動式

読みづらいですが“HOLD TO SET HEIGHT”(長押しで高さ設定)と書いてあるように、ゲートの開く高さを好きなところで設定できるようになってます。

背の低い人やガレージの天井が低いときなどに役立ちそう!

 

新型CR-V(ハイブリッド車)

外観

そして今度はハイブリッド車

外観上の違いはガソリン車と比べても全くと言っていいほどありません。

 

ホイールも一緒

 

唯一違うのはフロントフェンダーとテールゲートに“HYBRID”のエンブレムがついているくらい

 

ちなみにフロントライトは全グレードでLEDを標準装備

かなり明るい!!

 

内装

内装もデザイン上の違いはほとんどなし

違うのはハイブリッドだとギアレバーがなく、スイッチ式になっているくらい

 

こいつは標準グレードでシートの素材はファブリック(布製)

座ってみると結構ガサガサとした感触で、正直チープ感がすごい・・・

なんかアウトドアで使うコールマンとかの折りたたみイスの素材みたい(言い過ぎ?)

CR-V買うならちょっと高くなるけどレザーが絶対にオススメです!

 

ハイブリッドはバッテリーを積んでる関係で3列目シートの設定がない(というかできない)

でも、3列目の狭さを考えると実用性は“?”だし、3列目シートない方が荷物もたくさん乗るので、個人的にはない方が好み!

 

標準グレードになるとテールゲートは手動

 

それに後部座席を倒すと完全にフルフラットになる!

かなりの量の荷物も乗せられるし、なんなら布団敷いて車中泊も余裕♪

 

そんなこんなで1時間くらい見て回って思う存分話し込んで、帰りにはお土産ももらえて満足w

 

中身はとらやカフェのあんこ&フォンダンショコラ

美味しくいただきました~♪

 

新型CR-Vの価格

最初にもちらっと触れましたが、この内見会は希望ならそのまま商談をすることもできるので、価格も教えてもらいました。

まず、前提として今回のCR-Vは選択するオプションがかなり少ないです。

 

というのは装備が少ないということではなくて、はじめから標準装備されているものが多く、オプションで決めなければいけない内容をあえて少なくなるようにしてあるからです。

車に詳しければ自分で「これはいる」「あれはいらない」とパパッと決めていけますが、そうでないと何が必要・不要なのかわからない人も多いですからね。

その点、実際に購入するときにあれこれ悩まずに済むのはラクでいいと思います^^

それに選択肢が少なければ「もしかして大して要らないのに売りつけられた??」なんて心配もないですからねw

 

ベースとなる車両価格は320万円くらいから

オプションとして決めるのは

・ボディカラー

・シート素材

・内装色

・サンルーフ(上級グレードは標準装備)

・電動テールゲート(上級グレードは標準装備)

・ルーフレール(上級グレードは標準装備)

ですね。

 

上級グレードとなるとはじめからフル装備になるので決めるのはボディと内装のカラーくらいです。

320万円は標準グレードでオプション装備なしの状態で、逆に上級グレードになるとだいたい420万円くらいです。

ここに税金などの諸経費が乗っかってくるので+30~40万円くらい

なので実際の購入価格としては360~450万円あたりになってきます。

 

新型CR-Vの発売日と納期

今回発表されたCR-Vが日本で発売されるのは8月30日からです。

ただ、この日に売り出されるのはガソリン車だけで、ハイブリッドはそれから遅れること約2ヶ月、10月末の予定となっています。

 

はじめに内見会場についた時から感じていましたが、結構みんな前向きに商談している人が多かったです。

実際、営業マンに聞いてみるとないけん会場ですでに注文がかなり入っているらしく、この日の時点で納期は約2~3ヶ月待ち

とは言っても内見会は次の日もあったので、注文はもっと増えているだろうから当然納期ももう少しかかってくるはず

そんな様子を見て営業マンと話したのは「みんな市場もしないでよく注文するなぁ~」ということ笑

 

まぁ、日本車だし今までホンダに乗ったことある人なら信頼できるから買う!という感じですかね。

だいたい9月上旬になれば全国の販売店に試乗車が来るみたいなので、それから検討するのもアリだと思います!

(当然納期は延びますが・・・)

 

新型CR-Vの(勝手に)評価

・カッコよさ (4.5/5)

・快適性   (4/5)

・実用性   (3/5)

・価格    (2/5)

・総合評価  55点

パッと見たときのスタイリングは外車っぽくてなかなかカッコいいな!と感じました!

はじめは日本で販売する予定がなく、欧米(特にアメリカ)向けだったこともあってデザインはなんとなくフォードとかアメ車のSUVっぽい

そこは個人の好みが分かれるところだと思うけど、僕は他の車とデザインが被らないしシンプルに好きでした。

 

車内空間も広々としているので運転するときはもちろん、後ろに乗っている同乗者も快適に過ごせそうで好印象!

ただ、3列目シートは子どもでもちょっとかわいそうに思うくらい狭いので、オマケくらいに考えておくといいですね^^;

 

これくらいの大きさの車になってくると、実用性半分、趣味・好み半分になってくるんじゃないですかね。

燃費で言えばステップワゴンの方がいいはずだし、乗り降りのしやすさで言えばオデッセイの方が圧倒的に上

このクラスの車は単純に「好き!」とか「欲しい!」と直感的に思えるなら“買い”だと思います。

だって他と比べれば良いとこ悪いとこは絶対にあるからキリがないので。

 

今回の内見会で実車を見て一番気になったのは「価格」

特別高い!ということではないけれど、上級グレードでも内装の細かなチープさはどうしても気になってしまう・・・

460万円となればマツダのCX-8はもちろん、トヨタのランクルプラドも買えるんじゃないかというくらいの価格帯です。

 

トータルしてみればシンプルにCR-Vさらにはホンダの車が好きかどうかというのが大きな決め手になる気がします。

まぁ、車ってそういうもんだと思いますが笑

ということで良し悪し半分で総合評価は55点とさせてもらいます!

 

さいごに

新型CR-Vの内見会の様子をお伝えしましたが、いかがでしたか?

アメリカではすでに販売され行動でも走っているので、Youtubeやネットなんかでその姿を見たことがある人もいたんじゃないでしょうか。

ただ、内装や細かなデザインなどはなかなか見られないと思うので、その辺りが参考になれば嬉しいです!

色々と厳しめの意見も言わせてもらいましたが、僕は純粋にホンダ車が好きなので新型CR-Vも応援したくなりますw

ホンダのSUVは、最近ではヴェゼルだけだったのでラインナップが増えたのは嬉しいですね。

実際に運転はできていないので、試乗車がきたらまた乗って見たいとおもいま~す♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です