成田山新勝寺の節分豆まき2018はデートスポットにもぴったり!

2月のイベントといえば・・・

 

そう、バレンタインデー!!

 

でも実はもう一つイベントがあるのを忘れてないですか?

 

「鬼は~そと、福は~うち」でおなじみの節分!

 

芸能人が豆まきをするお寺の節分イベントはいつもと一味ちがったデートにはぴったり!

中でも成田山新勝寺の節分豆まきにはNHK大河ドラマの俳優が参加することでも有名です。

その様子はニュースでも取り上げられるくらい。

 

そこで今回は成田山新勝寺節分会2018の

・登場する芸能人は?

・豆まき式の見どころ

・どれくらい混雑するのか?

に焦点を当てながら、ご紹介します!

 

成田山新勝寺節分会 2018の概要

真言宗智山派のお寺として1000年以上の歴史を持つ成田山新勝寺。

関東にあるお寺としては有数の参拝者数を誇り、厄除けや交通安全にご利益があるとして信仰を集めています。

成田空港からほど近く、ミシュランガイドの2星の観光地に選ばれていることから外国人観光客にも人気のスポットです。

 

成田山新勝寺節分会 2018

~開催日時~

2018年2月3日(土) 9:30~16:00

~スケジュール~

特別追儺豆まき式

①11:00~ ②13:30~ ③16:00~

開運豆まき

①9:30~ ②12:30~ ③15:00~

~住所~

〒286-0023

千葉県成田市成田1番地

~電話~

0476-22-2111

~アクセス~

<JR>  成田線「成田駅」より徒歩10分

<私鉄> 京成電鉄「京成成田駅」より徒歩10分

<車> 東関東自動車道成田ICから国道295号線へ出て寺台インターへ。

寺台インターからは国道408号線→11番(成田山裏門入口)信号を左折し直進。

参拝者用の駐車場及び市営駐車場などあり。

 

成田山新勝寺節分会 2つの見どころ!

①開運豆まき

芸能人による豆まきに先立って行われる「開運豆まき」

各回100名限定で一般の方でも大本堂内で特別な羽織を着て豆まきをすることができます。

参加費は1万円ですが、毎年すぐに定員になってしまうほど人気があります。

 

②芸能人参加の特別追儺豆まき式

成田山新勝寺の節分会で一番の目玉イベントはやっぱり芸能人が豆をまく「特別追儺豆まき式」です!

全国的にもかなり有名で、毎年3万人以上の参拝客が詰めかけます。

例年、NHKの大河ドラマ出演者と力士が登場することもありかなりの人気です!

 

成田山新勝寺節分会に来る芸能人は?

著名な芸能人による豆まきが人気の成田山新勝寺の節分会。

例年、NHKの大河ドラマ出演者、力士が豆まきに登場します。

 

さらには歌舞伎俳優の市川海老蔵と息子の堀越勸玄君も例年参加しているので、

2018年も参加する可能性は高いですね。

ちなみに芸能人が登場するのは第1回(11時~)と第2回(13時30分~)ですのでお間違えなく。

 

2018年の節分会参加の芸能人予想!

例年通りなら、大河ドラマの出演者に大物力士は参加するでしょうね。

正式な参加者はまだ発表前ですが、

自分なりに予想してみたのでご紹介します。

①大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」出演者

・鈴木亮平(西郷隆盛役)

・二階堂ふみ(愛加那役)

・井戸田潤(桂 久武役)

・ミムラ(大久保満寿役)

・藤木直人(阿部正弘役)

この辺りでしょうか?

個人的には主役の二階堂ふみには必ず参加してほしい!w

 

②力士

・白鵬(横綱)

・稀勢の里(横綱)

・隠岐の海(前頭)

・遠藤(前頭)

この4力士はここ数年続けて参加しているので、2018年も参加する可能性大!

 

③市川海老蔵、堀越勸玄君

この2人も例年参加していますので、

参加してくれそうですね!

 

気になる方は要チェックです!

 

成田山新勝寺節分会の混雑状況は?

関東だけでなく、全国的にも有名な成田山新勝寺の節分会。

この1日だけで毎年3万人から4万人もの参拝客が訪れます。

なので、かなりの混雑は覚悟しておいてください。

何と言っても芸能人の豆まきの時が一番盛り上がり、混雑するので、事前の準備が必要です。

 

成田山新勝寺節分会の混雑を避けるには?

【朝早くから行く】

せっかく行ったのに人が多すぎて、芸能人が見られなかった・・・なんてことになったらイヤですよね。

そうならないためにも出来る限り早く行きましょう。

とはいっても何時に行けばいいのか、わかりませんよね。

 

例年はは平日開催だったので8時30分くらいでも十分最前列のポジション取りが狙えました。

ところが2018年は土曜日の開催。

そうなると例年以上の人出になることはまず間違いありません。

 

ですので、可能ならば遅くとも7時30分くらいには到着しておきたいところ。

もちろんこれよりも早く行けるならそれに越したことはありませんよ。

まとめ

2月というとバレンタインデーのイメージが強く、節分はあまり馴染みがない方も多いかもしれないですね。

節分はまさに読んで字のごとく「季節の分かれ目」、春の訪れを象徴する日本ならではのイベントです。

 

ここ数年、節分は平日になることが多かったですが、

2018年は久々に休日と重なります。

 

ぜひ大切な人やご家族と一緒に足を運んでみてはいかがですか?

あわせて読みたい関連記事はこちら