増上寺の節分豆まき2019に参加する芸能人は?見所や混雑状況も解説!

浄土宗の七大本山の一つとして酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人によって建立された増上寺。

安国殿(あんこくでん)の御本尊である黒本尊はあの徳川家康が戦場でも拝んでいた念持仏で、

数々の戦で勝利を収めたことから勝運・厄除けの仏様として有名です。

そんな増上寺では毎年2月3日になると節分追儺式(ついなしき)が開かれ、

テレビなどで活躍する芸能人やスポーツ選手などが豆まきを行うとあって毎年たくさんの人が参拝にやってきます!

 

ちなみに追儺(ついな)とは平安時代から行われている鬼払いの儀式のことです。

出典:吉田神社追儺 都年中行事画帖(1928年)

出典:吉田神社追儺 都年中行事画帖(1928年)

昔はこんな感じだった(らしい)

 

そこで今回は増上寺節分追儺式2018の

・登場する芸能人は?

・豆まき式の見どころ

・どれくらい混雑するのか?

に焦点を当てながら、紹介していきます!

 

増上寺節分豆まき 2018の概要

増上寺節分追儺式 2108

~開催日時~

2018年2月3日(土) 12:00~13:00

~住所~

〒105-0011

東京都港区芝公園4-7-35

~電話~

03-3432-1431

~アクセス~

<JR・東京モノレール> 「浜松町駅」より徒歩10分

<東京メトロ> 日比谷線「神谷町駅」より徒歩10分

<都営地下鉄> 三田線「御成門駅」「芝公園駅」より徒歩3分

浅草線・大江戸線「大門駅」より徒歩5分

大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩7分

<車> 東京駅から約15分

東京シティエアターミナル(箱崎)から首都高芝公園ランプ経由で約15分

羽田空港から首都高芝公園ランプ経由で約20分

駐車場:10台

 

増上寺節分追儺式の見どころ3選!

ここでは増上寺節分追儺式ならではの見どころ3つをご紹介します!

①餅つき

豆まきの前に境内の特設舞台で「餅つき」が行われます。

ここでついた餅は小さく分けて福餅として参拝者に投げられます。

ただ、豆よりもまかれる数はずっと少ないので、福豆よりもこっちの方がレアかも?

 

②鬼問答

餅つきに続いて舞台で行われるのが「鬼問答」

増上寺の僧侶に連れられた幼稚園児が鬼を退治するというもので、

他のお寺の豆まき式ではあまりみられない珍しいイベントです。

 

③芸能人による豆まき

増上寺節分追儺式の一番の目玉イベントといえば、コレ!

有名芸能人による豪華な豆まき式です。

しかも増上寺の豆は当たりくじ付きで色々な賞品がもらえるとあってたくさんの人が詰め掛けます。

 

増上寺節分追儺式に来る芸能人は?

増上寺節分追儺式の豆まきの目玉とも言えるのが豪華芸能人ゲストが登場する豆まき式。

各界で活躍する芸能人が毎年参加しています!

 

毎年、増上寺の豆まきは12:30ごろから6回に分けて行われます。

ただ、最初の1回目は先ほどご紹介した「餅つき」で残りの5回が豆まきになります。

 

2017年の豆まき式には

女優の中村玉緒、元フィギュアスケート選手の安藤美姫、相撲の玉ノ井親方などが参加。

 

ちなみに2016年は映画のプロモーションのため、

スーパーマンとバットマンも豆をまいたことで話題になりました。

ちょっとシュールですね(笑)

 

この時は境内の盛り上がりも最高潮に!

みんな豆を取ろうと必死なので、

確実にキャッチするために大きめの袋を持って行くと取りやすいですよ。

 

豆についている当たりくじでは近隣のホテルの宿泊券やレストランのお食事券なんかがもらえるそうです!

 

2018年の参加者についてはまだ発表されていませんが多くの芸能人が登場することはほぼ確実でしょう!

気になる方は要チェックです!

 

増上寺節分追儺式の混雑状況は?

毎年、芸能人が豆まきをすることで有名な増上寺の節分追儺式。

その服にあやかろうとたくさんの人が訪れます。

 

豆まきは各回入れ替え制になってはいるのですが、

実際には初めに来た人はほとんど移動せず、後から来た人でどんどん混んでいく一方です。

 

なので、午前中から場所取りをして前方のいいポジションが取れるようにしておくのがベスト!

 

まとめ

2月というとバレンタインデーのイメージが強く、

節分はあまり馴染みがない方も多いかもしれないですね。

 

節分はまさに読んで字のごとく「季かれ目」

春の訪れを象徴する日本ならではのイベントです。

 

ここ数年、節分は平日になることが多かったですが、2018年は久々に休日と重なります。

ぜひ大切な人やご家族と一緒に足を運んでみてはいかがですか?

あわせて読みたい関連記事はこちら