浅草寺の節分豆まき2018に参加する芸能人は?見所や混雑状況も解説!

東京の観光名所として日本だけでなく世界中から観光客が訪れる浅草寺。

浅草寺の起源は飛鳥時代、628年までさかのぼり、その歴史は1400年近くと都内最古のお寺です。

 

開運・金運上昇にご利益があるとされ、

あの徳川家康も関ヶ原の戦いの前に浅草寺で祈祷して、勝利を収めたそうです。

 

浅草寺では毎年2月3日になると節分会が開かれ、

例年、芸能人が豆まき式に登場することでもちょっとした話題になっています。

 

そこで今回は、浅草寺節分会2018の

・登場する芸能人は?

・豆まき式の見どころ

・どれくらい混雑するのか?

注目しながら、紹介していきます!

 

浅草寺節分会豆まき式 2018の概要

浅草寺 節分会(せつぶんえ)

~開催日時~

2018年2月3日(土) 14:30~17:15

~住所~

〒111-0032

東京都台東区浅草2-3-1

~会場~

浅草寺 東側特設舞台

~電話~

03-3842-0181

~アクセス~

<東京メトロ> 銀座線「浅草駅」より徒歩5分

<私鉄> 東武スカイツリーライン「浅草駅」より徒歩5分

つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩3分

<都営地下鉄> 浅草線「浅草駅」A4出口より徒歩5分

 

浅草寺節分会の見どころ3選!

浅草寺の節分会ならではの見どころ3つをご紹介します!

①年男による堂内での豆まき

節分会の法要中、堂内では年男が豆まきを行います。

ちなみに浅草寺では、祀られている観音様の前には鬼はいないということから、

「鬼は外」とは言わず「千秋万歳福は内」と発声するのが習わし。

 

②福聚の舞(七福神の舞)

境内に設けられた特設舞台では、七福神に扮した年男による踊り・豆まきが行われます。

恵比寿、寿老人、大黒天、毘沙門天、福禄寿、弁財天、布袋の舞は、

見ているだけでいいことがありそうですね!

 

③芸能人による豆まき

浅草寺の節分会の一番の目玉イベントといえば、コレ!

芸能人による盛大な豆まき式です。

毎年たくさんの芸能人が参加することもあり、多くの参拝客で賑わいます。

 

浅草寺節分会に来る芸能人は?

浅草寺 節分会の豆まきの目玉とも言えるのが豪華芸能人ゲストが登場する豆まき式。

浅草にゆかりのある著名人が多数登場します!

 

芸能人による豆まきが行われるのは毎年16:00~17:00の間で、

およそ20分ごと4回に分けて登場する芸能人が入れ替わります。

 

歌舞伎や落語など浅草の文化に深く関わっている方を中心にたくさんの芸能人が参加。

2017年は

アニマル浜口、ナイツ、林家三平、毒蝮三太夫、林家正蔵などが参加。

 

この時は境内の盛り上がりも最高潮に!

みんな豆を取ろうと必死なので、

確実にキャッチするために大きめの袋を持って行くと取りやすいですよ。

 

2018年の参加者についてはまだ正式には発表されていませんが、

今回も多くの芸能人が登場することはほぼ確実でしょう!

 

気になる方は要チェックです!

 

浅草寺節分会の混雑状況は?

都内でも有数の節分イベントである浅草寺 節分会。

芸能人による豆まきが行われる16時ごろになると東側特設舞台周辺はかなり混雑してきます。

 

お目当の方は当然早めに到着しておく必要があります。

ただ、それ以外の時間帯だとそこまでひどく混むことはないようです。

12時と14時には特設舞台で年男による豆まきが行われるので、

芸能人の豆まきが始まるまではそっちを楽しみながら待つのがいいでしょう。

 

今年は開催日の2月3日が土曜日なので、例年より多くの参拝客の来場が予想されます。

 

浅草寺には駐車場がなく、周辺の道路も混雑しているので、

電車で行くのがベストです!

 

どうしても車で行きたい、という方のために周辺駐車場も紹介しておきます。

雷門地下駐車場

料金:最初の30分 200円

以降15分毎 100円

平日12時間まで最大2,400円(土日祝日は適用外)

収容台数:197台

 

まとめ

まだまだ寒さが残りながらも、春の訪れを知らせる節分の豆まき式。

目玉の芸能人の豆まきに参加したい時は余裕を持って早めに到着することをオススメします!

 

東京で最も歴史のある浅草寺の節分会に参加して開運・無病息災のご利益にあやかるのもいいですね。

 

つい見逃しがちな節分のイベント。

ぜひ恋人や家族と一緒に参加して楽しく春を迎えてみてはいかがですか?

あわせて読みたい関連記事はこちら