新年一般参賀2019年!退位前の天皇にお目にかかれる貴重な機会!待ち時間やアクセスは?

新年一般参賀は皇居で行われる天皇一家による新年のご挨拶の場です。

一般参賀が行われるのは新年の1月2日のほかに、12月23日の天皇誕生日。

皇居の中心部に入れるのはこの年に2回の一般参賀の日だけで、結構貴重なイベントなんですよ。

 

今年は今上天皇明仁様の生前退位が正式に決定しましたね。

先日の天皇誕生日で御年84歳になられた明仁様。

ご高齢にもかかわらず、精力的に公務をこなされる姿はとても印象的です。

ただ、体力的にもかなり負担が大きいことからも惜しまれながらも生前退位を選択されました。

 

退位されるのが2019年4月30日

今回の新年一般参賀を含めても、今上天皇にお目にかかれるのはあと3回

2018年の新年一般参賀はまだ最後の機会ではないですが・・・

 

一方でご結婚を発表された眞子さまはおそらく今回が最後の一般参賀となるはず。

今年は生前退位とご結婚についてかなり大々的に報道されていたこともあって、例年以上の人が参加することが予想されます。

 

 

「話題になってるからちょっと行ってみよう!」な~んて下調べもなしに行ってしまうと、思わぬ混雑に巻き込まれることは間違い無いでしょう。

そんなことがないよう、天皇一家のお出ましの時間や待ち時間、混雑状況などしっかりとお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

 

皇居の新年一般参賀2018年のスケジュール

・日程:2018年1月2日

・参入時間:9:30~14:10まで

・参入門:皇居正門(二重橋)

・退出門:坂下門、桔梗門、乾門

・お出まし(予定):

第一回、第二回は天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方

第三回以降は天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下

第一回 10:10頃 

第二回 11:00頃

第三回 11:50頃

第四回 13:30頃

第五回 14:20頃

※いずれの回もお目見えになるのは5分ほどの予定です。

皇居の新年一般参賀の待ち時間・混雑予想

新年の一般参賀への毎年の参加者数はおよそ8万人くらいです。

ただ、生前退位が議論されはじめた2017年は、9万6700人と例年以上の人が詰めかけました。

 

ちなみに先日行われた天皇誕生日の一般参賀の参加者数は3万7480人。

平成になって最多の人数を記録したそうです!

その時の様子がこちら↓


こうなると2018年の新年一般参賀も例年を超える人が参加するのは間違い無いでしょうね。
皇室ご一家が最初にお出ましになられるのは10:10ごろ。

ただ、もちろんその時間ギリギリに行ったら既にたくさんの人で溢れかえってるので、天皇陛下のお姿を見るのはかなり厳しいです。

確実にいいポジションを取るには、やはり早めにいくのが一番!

 

2017年は1時間半くらい前に行けば結構前の方に行くことができましたが・・・

2018年はもっと早く行かないと難しそうですね

 

例年参加している人の情報をまとめてみると、早い人は朝5〜6時くらいには既に並んでいるみたいです。

なので、始発電車に乗って来るといった感じですね。

 

確かにこの時間帯に行けば確実に天皇陛下にお目にかかることはできるはずです。

ただここまで早くなくても、7時から遅くとも8時くらいに行けばしっかりとお姿を拝見することができるしょう。

 

新年一般参賀へのアクセス

住所:東京都千代田区千代田1-1

皇居正門

・東京メトロ千代田線「二重橋前駅」下車徒歩11分

・東京メトロ千代田線、日比谷線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」下車徒歩12分

・東京メトロ丸の内線、千代田線、半蔵門線、東西線、都営地下鉄三田線「大手町駅」下車徒歩15分

・JR各線「東京駅」丸の内中央口下車徒歩16分

 

 

皇居の新年一般参賀の注意点

寒さ対策

1月なので相当寒いです。

1月2日の東京の気温は最低気温2〜3°、最高気温が11〜13°くらいと数字だけ見ると一見そこまででも無いようにも思えます。

ただ、実際の気温はこれよりも低く、日陰だと昼間でも1ケタ台の温度になるのは普通。

しかも、早朝6時前後だと氷点下になることも珍しくありません。

服装は自由なのでダウンやマフラー、手袋などでの防寒対策は必須!

カイロもでいるだけたくさん身につけて行くことをオススメします!

 

手荷物は最小限に

日頃は入ることができない皇居内に入るので、手荷物検査及びボディチェックがあります。

ハンドバックくらいなら問題ないですが、キャリーケースのような大きな荷物は持ち込むことができず、預けることになります。

スムーズに入るためにも荷物は最小限にとどめておきましょう!

 

背が低いと見えにくい

皇居の新年一般参賀に向かう途中、ボランティアの人から日章旗がもらえます。

ニュースでもよく見る、天皇陛下がお出ましになるとみんなが振っているやつです。

前の方にいれば良いんですが、後ろの方だと背が低い方は皇族ご一家のお姿が見えなくなってしまいます。

なので、見えるか心配という方は朝早くから並ぶことをオススメします。

 

最後に

毎年、皇居に入ることができる数少ない機会である新年一般参賀。

今回はスケジュールや混雑予想、アクセスなどについて紹介しました。

 

2018年は今上天皇、眞子様にお目にかかれる最後のチャンスになりそうですから、

気になっていた方はぜひ訪れてみてはいかがですか?

あわせて読みたい関連記事はこちら