歯科矯正の費用ってどれくらい必要なの?治療方法も詳しく解説します

 

歯科矯正というと小・中学生の時に友達がやっていたイメージが強いですが、

最近では大人になってから矯正をする人も多いようですね。

 

僕の会社の同僚にも歯並びにコンプレックスを感じていて

ボーナスを使って歯科矯正をしている女性社員がいます。

 

ただ、歯科矯正の費用は大人と子どもとではだいぶ事情も変わってきます。

子どもの場合は高くても50万円程度で済むことが多いようですが、

大人になると100万円を超えるなんてことも・・・

 

そんな歯科矯正の費用や治療の種類、さらには少しでも安くする方法を

まとめてみました。

 

歯科矯正の費用は大人と子どもで違う

c

 

そもそも歯科矯正は目的によって大きく2つに分けることができます。

 

1つは治療目的で、矯正をしないと食事などに支障が出るような場合です。

2つ目は美容目的で、生活に支障はないけれど見た目を綺麗にしたい

という時はこちらに当てはまります。

 

ただ、歯科矯正で治療目的にあたるものはかなり重度なもので

なかなか該当することがありません。

 

ですので、今回は主に美容目的での歯科矯正について触れていきます。

 

初めにもちょっとお話ししたとおり、歯科矯正の費用は大人と子どもで差が出てきます。

 

というのも子どものうちは歯や顎の骨が成長の途中なので治療がしやすく、

費用も比較的低く抑えることが可能。

 

一方、大人では骨格もほぼ出来上がっているため、

矯正のために必要な治療や器具も大掛かりなものになります。

 

そのため、歯科矯正の費用は子どもよりも大人の方が高額になることが多いんですね。

 

大人の歯科矯正費用

dt

 

 

大人が歯科矯正をする場合の費用について簡単に紹介します。

 

1.治療前の段階(合計25,000円~11万円程度)

・初診(5,000円前後)

→歯の状態を確認して、治療方法などについての説明を受けます。

・精密検査(1~6万円程度)

→レントゲン、歯型採取、唾液検査などの各種検査。

・診断(1~5万円程度)

→検査の結果に基づいて治療計画を作成。

 

2.治療中(60〜150万円程度)

治療にあたって掛かるのが矯正装置の費用です。

治療方法や使う装置によって値段が変わりますが、

60~150万円程度を考えておけば間違いないでしょう。

 

3.治療後(1~6万円程度)

装置を外しても歯が戻ってしまわないようにするための費用です。

 

矯正の種類

tt

 

今まで、歯科矯正というと金属ワイヤーを歯の表面につけるイメージが強かったですね。

 

ところが今は目立たないようにセラミックスを使ったり

歯の裏側につけるタイプも普及しています。

 

矯正装置によって治療できる内容や金額が大きく変わるので、

自分に合った治療法を選ぶようにしましょう。

 

1.表側ブラケット矯正(60~100万円)

一番ポピュラーな矯正法で、歯の表にワイヤーなどの矯正装置をつけるものです。

比較的安価でありながら細かく矯正の具合を調整できるのがメリット。

反面、目立つのがデメリットですね。

 

2.裏側ブラケット矯正(110~150万円)

歯の裏側に矯正装置をつける方法です。表側と違って目立たないので、

人目が気になるという方にはオススメですね。

ただ、費用が高く、舌にぶつかるので喋りにくくなるというデメリットも。

 

3.マウスピース矯正(60~80万円)

ボクシングで使うような透明のマウスピースをつける治療法。

ブラケットと違ってほとんど目立たず、違和感も少ないのがメリットです。

ただし、歯を大幅に矯正する場合には使えません。

 

4.部分矯正(15~80万円)

特に気になっている歯だけを部分的に矯正します。

全体に装置をつけないので違和感がなく、費用は比較的安価で済むことが多いようです。

一方で全体のバランスを整えるのが難しいのがデメリットです。

 

5.ハーフリンガル矯正(90~130万円)

上の歯は裏側、下の歯は表側ブラケット矯正を使う方法。

全て裏側ブラケットにするよりは安く済むますが、

それでも表側ブラケット矯正よりは高くなってしまいます。

 

6.ハイブリッド矯正(治療方法により変わる)

異なる2つの治療法を組み合わせるというもの。

歯の状態や仕上がりの希望に合わせた治療ができるのがいちばんのメリットです。

ただ、2つの方法を組み合わせるのでその分治療費は高額になりがちです。

 

歯科矯正の費用を少しでも安くするには?

そもそも歯科矯正の費用が高くなってしまうのは、

ほとんどが「自費治療」となってしまうから。

 

自費治療とはいわゆる健康保険が適用されないもののことで、

主に美容整形がこれにあたります。

 

ですが、歯科矯正の費用を少しでも減らすもしくは一度に掛かる負担を軽くすることは可能です。

 

1.医療費控除を利用する

歯科矯正も噛み合わせの異常などを治す目的と証明できれば医療費控除の対象になります。

 

医療費控除とは1年間に払った医療費が10万円を超えた場合、確定申告をすることでその一部が戻ってくる仕組みです。

 

原則として美容目的だと医療費控除の対象外ですが、

治療目的であれば控除の対象となります。

 

2.クレジットカードを使う

高額な治療費を分割払いにできるのがクレジットカードのメリット。

分割にすれば手数料がかかってしまうので現金で一度に払えるのならその方がいいですが、

50万、100万なんて金額を用意するのも簡単ではありません。

 

また、クレジットカードならカード会社のポイントが貯まるので、

その分を支払いに充てたり、他の買い物で使ったりすることもできますね。

 

利用できるかは病院によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

3.デンタルローンを使う

デンタルローンとは歯科治療に必要な費用に特化したローンのことです。

借り入れにあたっては金融機関の審査が必要になります。

 

クレジットカード払い同様、分割払いによる利息は発生してしまうのが難点ですが、

一度に資金を用意できない場合には便利ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

治療方法による費用や効果の違いや費用を抑える術について紹介しました。

 

ぜひ、ご自身に合った方法を見つけて、治療に臨んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい関連記事はこちら