人間ドックの前日に注意すべきこと!お酒やタバコは控えるべき?

 

最近では、一定の年齢を過ぎると人間ドックの受診を義務付けている会社も多いようですね。

僕の父も毎年人間ドックを受診しています。

 

人間ドックに限ったことではないですが、検査の前日に気をつけておかなければいけないことが

いくつかあります。

 

例えば食事、受診の前日の21時以降は絶食となることがほとんどで、

通常アルコールも禁止になります。

 

他にもいくつか気をつけておくべきことがあり、

守らないと検査が正しくできなかったり、

最悪、再検査をしなければいけないなんてことも・・・

 

そうなると結構めんどくさいですよね。

スムーズに検査を終わらせるためにも、

人間ドックの前日から注意することをチェックしておきましょう!

 

人間ドックの前日の食事

meal

 

人間ドックの前日でまず一番注意しないといけないのが「食事」です。

 

食べてはいけないことはありませんが、食事内容には注意が必要です。

 

21時以降は何も食べないこと

人間ドックの前日は21時までに夕食は済ませることを心がけましょう。

21時を過ぎたら水以外は基本絶食

 

お菓子はもちろん、アメやガムといったものも食べてはいけません。

守らないと血液検査で血糖値が以上に高くなったりすることがあります。

 

消化に良いものを選ぶ

人間ドックの前日はできるだけ消化されやすいものを摂るようにしましょう。

 

特に胃カメラなど胃の検査がある場合はネギやニラ、きのこなどといった

消化されにくいものは避けてください。

 

脂っこいものや塩分の多いものも血液検査で以上血が出る場合があるので

気をつけましょう。

 

飲み物は水か白湯にする

人間ドックの前日は食べ物だけでなく、飲み物にも気をつけてください。

 

お茶やコーヒー、紅茶、スポーツドリンク、炭酸などの清涼飲料は

糖やビタミンが検査結果に影響する場合があり、禁止になることがほとんど。

 

水や白湯であれば基本的には飲んでもOK。

 

ただ、人間ドック前日の21時以降や検査当日に大量に飲んだり

するのはやめましょう。

 

もし、うっかり飲んでしまったという場合には医師や看護師に申告してくださいね。

 

アルコールは控えるべき!もし飲んでしまったら

al

 

「食事や水分で制限があるんだからアルコールは当然ダメでしょ!」

その通り、前日は一般的には禁酒です。

 

アルコールを摂取すると肝臓で作られる酵素の数値が高くなります。

 

これらの値は肝機能の検査の指標になるので、

人間ドック前日に飲酒してしまうと肝臓の状態が正しく調べられません。

 

場合によっては食事同様、人間ドック前日の21時までなら飲酒OKの場合も稀にあるようですが、

やはりやめておくべきでしょう。

 

とはいっても、仕事の付き合いなどでどうしても飲んでしまう場合も

あるかもしれません。

 

その時は、やはり医師や看護師にその旨を伝えるのを忘れないようにしましょう。

 

タバコもやっぱりダメなの?

食べ物飲み物には注意していても意外と見落としがちなのが「タバコ」です。

 

tb

 

人間ドックの前日、当日はタバコも禁止になることが多いです。

中には禁止していない人間ドックもあるようですが少数派ですね。

 

タバコを吸ってしまうと血圧などに影響するだけでなく、

胃が収縮したり胃壁にバリウムが付かなくなったりするなど

胃の検査でも悪影響が出てしまいます。

 

お酒と同様に、前日くらいからは禁煙することをオススメします。

 

薬を服用している場合は

「人間ドックの前日や当日は薬は飲んでも大丈夫?」

日頃から心臓病や高血圧などの薬を服用している方もいるでしょう。

 

ほとんどの人間ドックでは薬は服用して大丈夫です。

むしろ飲まないと体に異常が出てしまうこともありますから。

 

ただ、薬の種類によっては検査の内容に影響するものもあるかもしれませんので、

常用している薬がある場合は担当の医師・看護師に伝えておくと安心ですね。

 

まとめ

人間ドックの前日には

 

・食事は21時まででそれ以降は絶食。

・消化の良いものを食べるようにする。

・飲み物は水もしくは白湯

・禁酒

・禁煙

 

を心がけましょう。

ぜひ、万全の体制で人間ドックに臨んでくださいね!

あわせて読みたい関連記事はこちら