ブルーライトカットのメガネは効果なし?僕が3年間使って感じたこと

 

ここ数年、ブルーライトカットのメガネが一気に普及していますよね。

パソコン仕事が多いから使っている人も多いと思います。

 

そういう僕もかれこれ3年以上ブルーライトカットのメガネを使っていますが、

特にこれといった効果は感じられていません。

そのため、今では普通のレンズに交換してしまいました。

 

ブルーライトってそもそも何?

bl

 

「ブルーライト」ってなんとなく目や体に悪影響があるイメージはあっても

それが一体何なのかは知らない方も多いんじゃないでしょうか?

 

宣伝を見ていると「ブルーライト」ってパソコンやスマホから出る有害な光のことのように言ってますが、

実は単純に「青い光」のことで何ら特殊なものではないんですね。

 

例えば、晴れた日の「青空」

あれも立派なブルーライトです。

 

しかも液晶画面なんかよりもよっぽど強い光です。

より身近なものだと蛍光灯なんかもブルーライトを含んでいたりと、

ブルーライト自体はごくありふれた存在なんですね。

 

ブルーライトカットメガネの効果

ブルーライトカットメガネには光を反射するタイプと吸収するタイプの2種類があります。

どっちのタイプも青色の光をカットする分、視界が黄色っぽくなります。

これはブルーライトカットメガネならどうしても避けらないですね。

 

近頃は黄色くならないタイプもあるようですが、

その反面、カット力が低いので注意が必要です。

 

液晶画面から多く出ているのは450~460nmの波長のブルーライトです。

ところがブルーライトカットのメガネで防げるのは、

340~420nmである近紫外線や紫外線がほとんど。

 

メガネに表記されているブルーライトのカット率は、

実際にはその半分程度であることも多いようです。

 

3年間ブルーライトカットのメガネを使った体験談

bb

 

僕自身、かれこれ3年以上ブルーライトカットのメガネを使っていますが、

正直、これといった効果は実感できていません。

 

仕事でパソコンを見つめている時間は長いんですが、

ブルーライトカットを使うようになってから特段目が楽になったりということはありませんでした。

まぁ、もとから疲れ目だったわけではなかったんですが(笑)

 

唯一感じたのは視界が黄色っぽくなったことくらいでしょうか。

その分、むしろ違和感を感じています。

もしかしたらパソコンの画面の明るさをMAXにして使ったら、

少しは効果が実感できたかもしれません。

当然そんなことはしませんが。

 

結局、今ではごく普通のレンズに戻しています。

 

ちなみに僕の姉もブルーライトカットメガネを使っていて、

姉は「目が楽になった」と言っていました。

 

ですので、効果の感じ方は人によって違うようです。

ただ、僕個人としてはブルーライトカットのメガネは必要ないというのが意見です。

 

むしろ、パソコンの画面が眩しくて困っているのであれば、

画面の明るさを暗めに設定する方がよっぽど効果がありますよ。

 

ひねくれた考え方かもしれませんが、

結論、メガネメーカーが新しい付加価値をつけてアピールするための材料に使っている

のではないでしょうか。

 

パソコン作業で目に疲れを感じていない人は特に使う必要はないでしょう。

 

まとめ

簡単にまとめると

 

・ブルーライトは「青い光」全般のことである。

・ブルーライトカットのメガネを使っても、全てカットできるわけではない。

・まずはパソコンの画面設定を暗めにしてみる。

・それでも疲れ目がきになるなら、ブルーライトカットメガネを使ってみる。

 

ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです!

あわせて読みたい関連記事はこちら