高速料金が安くなるETCの割引サービスをわかりやすくまとめてみた

休日のお出かけや旅行、長期休暇などで多くの人が使う高速道路。

料金の支払いには、ほとんどの方がETCを使っているはずです。

ETCって現金と違って料金所でわざわざ止まる必要もないし、

割引サービスなんかもあって安く済むので便利ですよね。

でも、ETCってどんな時に割引が効くの?

って言われると「よく分からない」という方、案外多いんじゃないでしょうか?

僕自身、日頃からETCを使っているんですが、

実際のところあまり知りませんでした。

そこで今回はETCならではの高速料金の主な割引サービスと適用される条件を

わかりやすくまとめてみました。

休日割引とは

まず最初が「休日割引」です。

名前の通り、休みの日にETCを利用すると割引が受けられます。

【利用条件】

対象車種・・・普通車、軽自動車、二輪車(バイク)

対象日時・・・土曜日、日曜日、祝日(終日)

毎年1月2日、3日

対象道路・・・NEXCO東日本・中日本・西日本管轄の地方部の高速道路

※東京、大阪近郊の道路は対象外

割引率・・・・一律30%OFF

ちなみに金曜日(平日)に高速に乗って土曜日に降りる、

もしくは日曜日に乗って月曜日(平日)に降りると言ったように、

どちらかが平日になっても割引の対象になります。

また、乗り降りどちらも平日でも、

間に土日祝日を挟めばそれも割引となります。

車で遠出するといったらやっぱり土日祝日が圧倒的に多いと思うので、

3割引っていうのは結構嬉しいですよね。

深夜割引とは

「深夜割引」は文字どおり夜中の高速料金が割引されるサービスで、

休日割引と違ってどの曜日に利用しても割引対象になります。

【利用条件】

対象車種・・・全て

対象日時・・・毎日0時から4時まで

対象道路・・・NEXCO東日本・中日本・西日本管轄の高速道路

※京葉道路、第三京浜、横浜新道、横浜横須賀道路は対象外

割引率・・・・一律30%OFF

深夜割引は休日割引と違って、

東京、大阪の首都圏の道路も割引対象。

ただ、この時間に車を使うことってなかなか少ないですね。

ですので夏休みや年末年始の帰省みたいに長距離移動の際、

深夜に出発して明け方に着くようにするなんて使い方がオススメです!

平日朝夕割引とは

深夜割引は曜日に関係なく使えても、

0時~4時の間だけというのがネック。

「平日は深夜以外は割引が受けられないの?」

いえ、実は受けられるんです。

それが「平日朝夕割引」

平日の朝(6~9時)と夕方(17~20時)に限って割引が受けられます。

【利用条件】

対象車種・・・全て

対象日時・・・平日(祝日除く)の朝6時から9時、夕方17時から20時まで

対象道路・・・NEXCO東日本・中日本・西日本管轄の地方部の高速道路

※東京、大阪近郊の道路は対象外

割引率・・・・(1ヶ月間の利用回数が)

5~9回まで:最大100km相当分を約30%還元

10回以上:最大100km相当分を約50%還元

※ETCマイレージサービスへの申し込みが必要

一つ注意して欲しいのが、先に紹介した2つの割引サービスと違って、

その場で料金から直接割り引かれるわけではないということ。

どういうことかというと、

実際に割引が受けられるのは次回以降の利用分になります。

家電量販店の割引に例えるなら、

「休日割引」と「深夜割引」がその場で現金値引きをするのに対して、

「平日朝夕割引」は使った分ポイントつけるので今度使ってくださいね、といった感じ。

また、割引を受けるためにはETCマイレージサービスに事前に申し込みしておく必要があり、

その点も注意が必要です。

日頃から平日休みという方にはいいかもしれませんが、

まぁ土日休みとなるとあまり使う機会はなさそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

ETCで主に受けられる3つの割引サービスを紹介しました。

今までなんとなく聞いたことがあっても

詳しい内容までは知らないこともあったのではないでしょうか。

是非ともETCをうまく活用して、

お得にカーライフを楽しんでくださいね!

あわせて読みたい関連記事はこちら