クリスマスプレゼントで親孝行!日頃の感謝を伝えてみませんか?

クリスマスプレゼントというと子どものためだったり、

恋人同士が贈るというイメージが強いですよね。

 

僕も小さい時は両親という名のサンタからプレゼントをもらい、

大人になってからは彼女のために用意したりしています。

 

近頃は、姪っ子にもプレゼントするようになったので、

もらうことよりもあげることの方が増えてきました。

まぁ、当たり前ですねw

 

大切な人に贈るクリスマスプレゼントですが、

両親に贈るという方は少ないんじゃないでしょうか?

 

僕自身、これまで両親にプレゼントを贈ったことはありませんでした。

でも、ある時「たまには親孝行したい」と思い、

贈ってみたところかなり喜んでもらえました。

 

誕生日にはプレゼントはあげていましたが、

クリスマスは初めてだったので、良いサプライズにもなったんです。

 

今回は、両親に送ったら喜ばれるちょっとおしゃれなプレゼントを

ご紹介します。

母親には定番の「アレ」

母親に贈って喜んでもらえるものって、

男の僕からすると案外想像がつきませんでした。

女の人なら宝飾品は定番ですよね。

ただ、僕の母親はそういったものはあまり身につけません。

ケーキなどのお菓子もアリですが、

それだけではなんだか物足りない気も・・・。

何か日頃の生活で役に立つものもいいのかな?

でも、もっとクリスマスプレゼントらしさのあるものが良かったんです。

どうしよう・・・何がいいんだろう・・・

そんな時に思いついたのが

「花」!!

花といっても花屋さんで買えるありきたりなものではありません。

僕が見つけたのが

「ニコライバーグマン」のプリザーブドフラワーです。

ニコライバーグマンはデンマーク出身のフラワーアーティストで、

最近日本でも人気が高まっています。

そんなニコライバーグマンの代名詞とも言えるのが

フラワーボックス。

文字通り、一見すると普通の箱なのですが、

ふたを開けると小さな花がびっしりと敷き詰められています。

プリザーブドフラワーは生花と違って、

すぐに枯れることはなく長い間楽しめるのが特徴。

実際、プレゼントした時も

最初はなんの箱かわからない様子でした。

まさか中に花があるとは思っていなかったようで、

ふたを開けた瞬間

「ワアァ!!!」

これまで見たことないような嬉しそうな顔をしていたのを

今でも覚えています。

なんだかんだ言って母親も一人の女性。

やっぱり花は嬉しいものなんだなぁ、と改めて実感。

もちろん母親だけじゃなく、彼女や奥さんへのプレゼントとしてもかなりオススメですよ!

父親とは晩酌を楽しむ

母親の時と違って、

父の趣味や好きなものはよく知っていたので、

そこまでプレゼント選びには悩みませんでした。

僕の父はかなりのお酒好きなので、迷わずお酒にすることにしました。

とは言っても、ちょっぴりプレミアム感のあるものがいい!

そこで見つけたのが「マッカラン」でした。

マッカランはスコッチの中でも特に有名で、

「シングルモルトのロールスロイス」と評されるほど。

価格もなかなかプレミアムなもので、

一番スタンダードな12年物でも7,000円、

18年なら27,000円、30年になるとなんと18万円!!

もちろんボトル1本あたりの値段です。

気持ちとしては30年!!と行きたいところですが、

現実的なところで12年物を選びました。

それでも父はかなり喜んでくれて、

その日は久々に一緒に晩酌を楽しみました。

お酒自体も嬉しかったようですが、

それ以上に一緒にお酒を飲む時間の方が楽しんでいたようにも感じます。

まとめ

日頃忙しかったりしてなかなかできない親孝行。

気恥ずかしさもあってなかなか気が進まないこともあるかもしれません。

でも、そんな恥ずかしさがあるからこそ、

クリスマスというイベントを利用するのも一つの手。

なんだかんだで親は子どもが何かしてくれるだけで、

喜んでくれるんですよ!

ぜひ、あなたもクリスマスに両親に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがですか?

あわせて読みたい関連記事はこちら