香典の書き方と金額の相場は?これさえ押さえておけば大丈夫

「香典の正しい書き方がわからない!!」

急なお葬式でこんな状態になってはいませんか?

私も身内に不幸があった時は、

初めてだったこともあって戸惑ったことを覚えています。

今回は、香典の書き方や金額の相場について解説していきます。

そもそも香典ってなに?

そもそも香典ってなに?

と聞かれてパッと説明できるでしょうか?

そういう僕も「お葬式の時に渡すお金」くらいにしか

思っていませんでした。

正確には、葬儀に参列するにあたって、

亡くなった方の霊前にお供えする金品のことです。

「香」の字が使われているのは、

お香やお線香の代わりに供えるという意味が由来だそう。

基本的にはお通夜か告別式の時に持参するのですが、

どうしても参列できない場合にはお悔やみの手紙を添えて

現金書留で送ることも可能です。

香典の書き方

では、本題の香典の書き方についてご紹介しますね。

仏教、神道、キリスト教によって変わる点もあるので、

それぞれ見て行きましょう。

1.仏教(仏式)の場合

香典袋は白無地もしくは蓮の花の絵柄が入ったものを使い、

表書きは「御霊前」「御香料」「御香典」とします。

※ただし浄土真宗の場合は、「御佛前」としましょう。

これは浄土真宗では人は死ぬとすぐに仏になるという思想があるからです。

その下に参列者(自分の姓名)を書いたら、

上から銀一色か白黒の水引をかけます。

2.神道(神式)の場合

神道では白無地の袋に

「御霊前」「玉串料」「御榊料」と書き、

白一色か白黒の結び切り水引もしくは麻緒の結び切りをかけましょう。

ちなみに、神式ではお線香などを使わないため、

香典とは呼びません。

3.キリスト教

キリスト教では「御花料」の表書きや十字架などが書かれたもの、

もしくは白無地の市販の封筒を使います。

水引は銀一色の結び切りか、何もかけないようにします。

キリスト教にもいわゆる「香典」があることは知りませんでした。

身内や知人にキリスト教徒の方はいないので、

使う機会はなさそうですが、

万が一のために覚えていて損はないですね。

●中袋の書き方

中袋には自分の姓名、住所、金額などを書きます。

金額は表側に「金壱万円也」などのように

旧漢字の漢数字で縦書きであれば問題ありません。

香典の金額はいくらが相場なの?

「香典の書き方はわかったけど、いくらぐらいにしたらいいの?」

そんな時のために、大体の香典の相場も説明しておきます。

もし職場関係の方の葬儀の場合には、

3,000円~5,000円くらいというのが相場です。

一方、身内であれば3万円から多くても10万円というのが一般的。

両親であれば10万円というのも珍しくはないですが、

そのほかの親類であれば1万円が適切でしょう。

※「4」「9」がつく金額は避ける

→「死」や「苦」を連想させるので避けましょう。

もちろん、亡くなった方との親交の深さにもよるので、

一律の金額はありません。

ただ、極端に少ないと香典返しの負担が増えてしまうし、

多くても気を使わせることになりかねません。

香典の金額は5,000円くらいを目安にすると良いですよ!

まとめ

知ってるようで意外と知らない香典のマナー。

宗旨によっても細かな違いがあるので、

失礼がないようにちゃんと知っておきたいですね。

あわせて読みたい関連記事はこちら