トランスポーターに登場する歴代車種まとめ!BMWからアウディまで

激しいカーチェイスシーンが魅力の映画「トランスポーター」シリーズ

車好きの僕にとっては観ていて目の保養になる作品の一つです笑

でも、改めて考えてみると、BMWだのアウディだの高級車をバカスカ壊すなぁ~と思ってしまいます^^;

なんとも羨ましいというかもったいないというかw

今回はそんなトランスポーターシリーズに登場する車たちを一気にまとめて紹介したいと思います(^O^)/

<「トランスポーター」→ BMW735i(E38)>

記念すべきトランスポーター1作目に登場したのはBMW7シリーズ

トランスポーターといえばアウディというイメージだったんですが・・・

最初はBMWだったんですね。

劇中に登場した7シリーズはBMWの中でも最上位クラスに君臨し、現行車種でも価格は1,000万円~と筋金入りの高級車

ただ、使われたのは735iというグレード

当時ラインナップされていた中では最もエンジンが小さく安価な車種でした・・・

それでも十分高いんですけどね笑

今のBMWと比べると控えめな印象ですが、現行車種のこれ見よがしに派手になった外観よりもシンプルなデザインは個人的には好きです♪

販売が1994年~2001年とあって今では中古車が30~100万円とかなりリーズナブルになっています。

まぁ、それ以上に維持費がトンデモナイことになりそうですが^^;

<「トランスポーター2&3」→ アウディA8L W12(D3)>

トランスポーター2からはこの映画の代名詞とも言えるアウディA8に代わります。

A8はBMWの7シリーズと同様、アウディの中では最上ランクの車種です。

ただ、1作目の時とは違って、2作目からはグレードも最高クラスにアンクアップ!!

登場したのはA8シリーズの中でも最もパワフルなW12型6リッターエンジンを搭載

最高出力450馬力、最大トルク59.1kg・m

価格にすると2,200万円超とまさにフラッグシップというのにふさわしく、劇中でも高級車の堂々たる存在感を見せつけています。

トランスポーター3でも基本的には同じ車種が使われていますが、なぜかパンフレットには低いグレードの「A8 4.2 FSI」となっていたそうです。

でも映像を見るとフロントグリルに「W12」のエンブレムがついているので、パンフレットが間違ってますね笑

ちなみに中古では全国に数台しかなく安くても600万円~、高いものだと1,500万円と中古でもかなりのお値段です・・・

<「トランスポーター イグニッション」→ アウディS8 plus(D4)>

主演がジェイソン・ステイサムからエド・スクラインに交代

同時に車もアウディA8からS8に変更となりました。

ぱっと見「同じじゃね?」と思うかもしれませんが、S8はA8のスポーティバージョンで、エンジンを始め外観にも細かな変更が加えられています。

排気量はW12型6リッターからV8型4リッターとダウンサイズしているものの、最高出力520馬力63.7kg・mと大幅パワーアップ!

100km/h加速は約4.2秒、最高速度は305km(リミッター搭載で250km/hでまで)と使い切れないほどのパワーを秘めた、まさにモンスターマシンですね。

S8は新車なら2,000万円、中古でもソコソコのコンディションなら最低でも500万円~、状態が良いものならば1,400万円と筋金入りの高級車です!

<さいごに>

いかがでしたか?

こうして金額を見てみると、かえって車がもったいなくて落ち着いて映画を楽しめなくなってしまいそうですね^^;

車に注目して観ると違った感情が湧き上がること間違いなしです笑

できることならあんないい車を思う存分乗り回してみたいものです-v-

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です