免許の番号の意味は?試験の点数や犯罪・違反歴もわかるってホント

免許証には生年月日や有効期限などたくさんの数字が書かれていますよね。

ただ、その中で何か意味あり気だけどなんなのかよく分からない数字もあります。

それが番号欄の12桁と交付年月日の横にある5桁の数字

一見するとただの通し番号のようにも見えますが、実はあなたに関する情報がたくさん隠されているんですよ!

今回はそんな免許証に書かれた番号の意味と試験の点数や犯罪歴までわかると言う噂まで検証していきたいと思います(^_^)

スポンサードリンク

12桁の免許番号の意味

最初の2桁『公安委員会番号』

 

 

 

 

最初の2桁の数字はどこの公安委員会で交付を受けたかを示したいます。

全国には51の公安委員会があり、北海道の10番台から始まり東北が20番台、関東甲信越が30~40番台

北陸中部が50番台、関西が60番台、中国が70番台

四国80番台で、九州沖縄が90番台と言う具合

地域 公安委員会番号
北海道 北海道10/函館11/旭川12/釧路13/北見14
東北 青森20/岩手21/宮城22/秋田23/山形24/福島25
関東甲信越 東京30/茨城40/栃木41/群馬42/埼玉43/千葉44/神奈川45/新潟46/山梨47/長野48/静岡49
北陸・中部 富山50/石川51/福井52/岐阜53/愛知54/三重55
関西 滋賀60/京都61/大阪62/兵庫63/奈良64/和歌山65
中国 鳥取70/島根71/岡山72/広島73/山口74
四国 徳島80/香川81/愛媛82/高知83
九州・沖縄 福岡90/佐賀91/長崎92/熊本93/大分94/宮崎95/鹿児島96/沖縄97

 

左から3・4番目『取得年』

 

 

 

 

ここは取得した西暦の下2桁です。

1998年だったら「98」、2012年なら「12」となります。

 

左から5~10番目『管理番号』

 

 

 

 

5~10番目は公安委員会が独自に決めている“管理番号”

ただ、この6桁がそれぞれどんな意味があるのかは公表されてません!

しかも都道府県によって番号の基準が違うので全くわからないですね^^;

ちなみに真ん中の4桁だけ赤い編みになっているのは長い番号を読みやすくするためだそうです。

 

最後から2個目は『チェックディジット』

 

 

 

 

チェックディジットって・・・聞きなれない言葉ですよね^^;

チェックディジットとは番号の入力ミスを見つけ出すために組み込まれる数字のことです。

 

最後の1桁『再交付回数』

 

 

 

 

一番最後の番号は結構有名かも??

初めて免許を取った時は「0」ですが、紛失したりして再発行をすると「1」や「2」などその回数が表記されます。

 

交付年月日横の5桁の数字は『照会番号』

5桁の番号は交付した免許センターや交付した日付などの情報がわかる照会番号というもの

これも管理番号と同じく公安委員会によって独自の基準があるのでそれぞれの数字が意味する内容まで知ることはできません。

 

免許番号の都市伝説

試験の点数がわかる

よく言われているのが試験場で受けた試験の点数がわかるという噂

管理番号に当たる数字の中に点数を示す数字があるなんて言われたりしますが、ガセのようです!そもそも管理番号6桁のそれぞれの意味が公表されていないので、100%とは言い切れないですが・・・

実際に点数を表す番号が組み込まれていたとしても、我々一般人には知る術がないですね^^;

 

犯罪や違反歴がわかる

犯罪や交通違反を犯すとその経歴が免許の番号にも反映されるというのもあります。

ただ、冷静に考えてみると免許に違反歴だけならまだしも犯罪歴まで書く意味がないです。

それに、紛失した時なんかは再発行するので同時に番号も変わりますが、犯罪や違反を犯しても免許証を更新するわけではないですよね。

そうなると次の更新までの間は犯罪歴などが反映されないことになるので意味がありません。

なのでこれもガセネタですね^^;

 

さいごに

いかがでしたか?

免許証の番号には結構いろんな意味が込められていたんですね^^

自分の免許証の番号の意味をチェックしてみると意外と面白いですよ~♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です