免許を紛失したらすべき3つのこと 再発行の時間はどれくらい?運転はできる?

「免許落とした〜!!」

財布を落とすと現金やキャッシュカード、クレジットカードのことが心配になりますが・・・

実は免許証も悪用されるととんでもないことになるんですよ!!

むしろ財布に入っているものの中で免許証が一番大事なものと言っても過言じゃありません!

今回は免許証を紛失したらまずやるべきことに再発行の仕方や所要時間について紹介します。

スポンサードリンク

免許証は悪用されると超危険!

免許証は健康保険証や年金手帳なんかに比べると顔写真がある分、身分証としての効力というか信用度がかなり高いです。

口座開設や契約を結ぶ時に身分証の提示を求められたら、免許証を出しておけば、まず断られることはないですね。

 

でも、もしそんな大事な免許証を落としてしまったら?

「顔写真があるから他の人に拾われても使えないでしょ」と思っていたら大間違い!!

ネットからの申し込みだったら写真と同一人物かの確認はしない(というかできない)し、むしろ免許証の信用度が高いからこそ、周りの人も「まさか」と思ってそもそも疑わないんでしょう- -;

 

一度悪用されてしまうと自分は何も悪いことはしていないのに、金融機関や信販会社での信用に傷がついてしまいます。

最悪の場合は新しく口座開設やカードの契約などが一切できなくなることも!

 

紛失したら真っ先にやるべき3つのこと

①警察に遺失届をする

免許をなくしたことに気づいたら、すぐに警察してその旨を伝えましょう!

近くに警察署があればいいですが、なければ交番でも構いません。

もしくは交番も見つからなければ電話するのもアリ

とにかく一秒でも早く届け出るのが重要!!

 

②金融機関や信用機関に届け出する

警察への連絡が済んだら、銀行やカード会社など金融機関や信用機関にも連絡をしましょう!

口座開設されて詐欺事件に利用されでもしたら、それこそ自分の信用問題

その後の人生にも影響があると言っても過言ではないので、届出を忘れずに!

 

③免許証を再発行する

紛失お届けでが一通り済んだらできるだけ早く免許の再発行も済ませた方がいいです。

再発行すれば免許証番号が変わり、古い免許証を無効にできます。

万が一悪用されたとしても、再発行手続きがしてあれば使ったのが本人でないことの証明にもなります!

 

再発行手続きにかかる時間は?必要な持ち物は?

免許の再発行は運転免許試験場で受け付けており、その日のうちに再発行をしてくれます。

混雑具合にもよりますが、最低でも2~3時間、長いと5~6時間くらいかかることも珍しくないので、手続きをするときは早めに行くのがいいですね。

手続場所 運転免許試験場
受付時間 平日 8:30~16:00
手数料 3,500円
必要書類 ・申請用写真(縦3cm×横2.4cm)

・住所、氏名、生年月日が確認できる書類

→住民票(マイナンバーが記載されていない原本)

→マイナンバーカード

→健康保険証

→在留カード

→特別永住者証明書

→社員証、学生証など

 

免許紛失中は運転できる?

当たり前ですがぜっっったいにダメです!!

もし、紛失中に運転すると「免許証不携帯」として行政処分を受け、3,000円の反則金となります。

ただ、「免許不携帯」はいわゆる「無免許運転」とは違い違反点数は0点

運転経歴には残らず反則金さえ収めればそれ以上の罰則はないですが、免許の再発行が済むまでは運転するのはNG!

 

さいごに

今回は免許を紛失した時の危険性と再発行の仕方などを紹介しました。

「大丈夫だろう」と思っていると、思いがけず悪用されてしまうこともあるので、気づいたらすぐに遺失届!

早く再発行すれば悪用されるリスクをグッと下げられるので、後回しにせずすぐに手続きをしましょう!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です