ゴールド免許になるには何年必要?最短で取る裏ワザがあった!

運転免許証には3色の色がある中でやっぱり欲しいのはゴールド免許!

自動車の保険料が安くなったり有効期限が長くなったりする特典があるし何となくカッコいい!笑

でも、そういえばゴールド免許になるには最短で何年かかるんだっけ?

僕は違反しちゃったんでまだブルーのままなんですが^^;

あと何年経てばゴールドになるのか気になったので、色々と調べてみることに♪

ということでゴールド免許取得の条件や必要年数、特典・メリット、ゴールド免許を維持する条件まで紹介していきます!

スポンサードリンク

ゴールド免許の特典・メリット

ゴールド免許を持っていると何かとメリットがあったりしますよね!

自動車の保険料が割安になるのは有名ですが、実はそれ以外にも色々と特典やメリットがあるんですよ~♪

『ゴールド免許の5つの特典・メリット』

①自動車保険が安くなる

②有効期限が5年間に延長

③警察署でも更新ができる

④免許更新の時の講習が短くなる&手数料が安くなる

⑤SD(Safe Driver)カードがもらえる

 

①自動車保険が安くなる

これこそがゴールド免許の一番のメリットといえるでしょう!

一体いくらくらい違うのか?

今回はソニー損保を例にとって比較してみます。

保険条件
初回登録・保険開始 2018年7月
車種(型式) マツダ CX-5(KE2AW)
使用目的 家庭用
年間走行距離 5,000km以下
被保険者 契約者自身のみ、26歳以上を補償
被保険者年齢 28歳(1990年1月1日生まれ)
車両保険 あり(標準プラン)
ゴールド ブルー グリーン
97,580円 108,640円

 

ブルーとグリーンは108,640円で値段の差が全くありませんでした。

(保険等級上はゴールドかそれ以外か、というくくりになるため)

それに対してゴールド免許は97,580円と1万円以上安いという結果に!

今回は28歳で保険対象を本人限定にしましたが、年齢が高くなり保険範囲も広がれば割引金額も大きくなります。

 

②有効期限が5年間に延長

基本的にゴールド以外の免許証の有効期限は3年間

※ただし、免許取得後5年以上かつ過去5年間に軽微な違反(3点以下)が1回のみであればブルー免許でも5年間

ゴールド免許になれば通行期限が5年間に伸びるので面倒な更新手続きが少なくて済みますね!

 

③警察署でも更新ができる

普通は免許の更新には運転免許試験場まで行く必要がありますが、ゴールド免許になると近くにある警察署でも更新できるようになります。

わざわざ遠くの試験場まで行かなくてもいいのは楽だし、何より試験場みたいに混んでいないので待ち時間も少なくて済みます♪

 

④免許更新の時の講習が短くなる&手数料が安くなる

ゴールド免許の人はそれ以外の人と比べると、免許更新の時の講習時間が短く、費用も少なくて済みます!

区分 ゴールド(優良運転者) ブルー・グリーン(一般運転者) ブルー・グリーン(違反運転者)
講習時間 30分 1時間 2時間
更新費用 3,000円 3,300円 3,850円

 

⑤SD(Safe Driver)カードがもらえる

これは案外知らない人も多いかもしれないですね。

身事故・無違反証明書や運転記録証明書を申し込むと、証明日以前の無事故・無違反期間に応じてSDカードというものがもらえます。

これを持っていればガソリン代が安くなったり、マイカーローンの金利が優遇されるといった特典も!

>>SDカード優遇店検索

スポンサードリンク

最短でゴールド免許になるには何年必要?

そもそもゴールド免許を取るには、最初のグリーン免許、その次のブルー免許の期間中に無事故無違反である必要があります。

この間に1コでも軽微な違反や事故を起こすと最短でのゴールド免許取得は100%不可能!

当たり前ですが、無事故無違反はゴールド免許の絶対条件です。

『ゴールド免許までの道のり』

<ゴールド免許の条件:更新前5年以上無事故無違反>

免許取得(グリーン免許)

↓(3年)

初回免許更新(ブルー免許)

↓(3年)

2回目免許更新(ゴールド免許!)

 

上の図を見てもらうとわかるようにゴールド免許を取るには最低6年かかることになります。

・・・ですが、もう一度条件のところをよく見てください。

更新前5年以上無事故無違反となっていますよね?

 

そう、実は5年でもゴールド免許を取る方法があるんです!

 

最短でゴールド免許を取る裏ワザ

その裏技というのが新たに別の種類の免許を取得するというもの

一体どういうことかというと普通免許を取った後に、中型自動車免許などを取得すると初回更新前にグリーンからブルー免許へと変わります。

中型自動車免許は普通自動車免許取得後2年以上経過すると受験資格が得られるので、無事取得できれば最短2年でブルー免許へと変わります。

 

その後ブルーからゴールドにするのに3年かかるのは変わらないですが、トータルでは5年、通常よりも1年早くゴールド免許を手にすることができますよ(^O^)/

ただ、1年早くゴールドを取るために必要もないのに他の免許を取るのは現実的ではないですが・・・笑

 

ゴールド免許と違反回数の矛盾

通常、ブルー免許の期間は3年間

ただ、上の有効期限のところでさらっと書いた通り、軽微な違反をすると色は変わらず更新期間だけが5年間に伸びます。

例えば、更新してすぐの5年ブルー免許で再び軽微な違反をしてしまうと、次回の更新でも5年ブルー免許となりゴールドになるには最低でも10年かかります。

ところが、軽微な違反を2回した場合は次の更新で受ける免許が3年ブルー免許になります。

 

・・・気づいたでしょうか??

ブルー5年免許の時は軽微な違反が1回よりも2回の時の方がゴールド免許到達が早くなるんです!

ゴールド免許の条件が更新前5年以上かかるのと、更新時期が来ないとゴールドにならないということでこんな矛盾が生まれてしまいます。

ただ、この方法を利用してわざと軽微な違反をして早くゴールド免許にすることはしないでくださいね^^;

 

更新を忘れても失効!ゴールド免許の維持は結構大変

ゴールド免許を取っても事故や違反をすれば、当然ブルー免許に逆戻り

例え違反1点の軽微な内容や駐車違反レベルのことを1度でも犯してしまえばNGです!

 

あと、意外な落とし穴が更新期限切れによる失効

更新のハガキが来ていたのに、うっかり忘れて期限が切れてから更新にいくとブルー免許に降格です。

違反もしていないのにゴールドを失うのはあまりにもったい無いので、更新は忘れないようにしましょう!

 

物損事故や免許不携帯は対象外

たまに事故や違反を起こしたのに、更新でゴールド免許になれることがあります。

それは交通違反の点数がつかず、行政処分のみとなる場合です。

例えば物損事故や免許不携帯で取り締まりを受けた場合は交通違反ではなく行政処分として取り扱われます。

もちろん違反は違反なので悪いことには変わりないんですが、点数上は付加対象ではないので点数はつかず、次回更新の際にはゴールド免許になります。

スポンサードリンク

さいごに

いかがでしたか?

持っておくと何かとメリットの多いゴールド免許

今回はちょっとした裏ワザも紹介しましたが、いずれにしても取得には無事故無違反が絶対条件!

安全運転を心がけて1日も早くゴールド免許をゲットしてくださいね^^*

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です