国際免許の取り方(東京編)!運転できる国や車両の種類は?

外国での運転ができるという国際免許

海外旅行など短い期間だけ運転したい時に使える免許証ですが、一体どんな車が運転できて、どこの国で有効か知ってますか??

今回はそんな国際免許で運転できる車両や免許が有効な国、撮り方までまるっと紹介していきます!

スポンサードリンク

国際免許(国際運転免許証)とは?

国際運転免許証はその名の通り、日本だけでなく海外でも車を運転することができる免許証のこと

国際免許を持っていれば原則、入国から最大1年間はその国の運転免許証を持っていなくても車などの運転ができます!

(1年を超える場合は再度国際免許を発行するか、その国の免許を取得するかのどちらか)

 

国際免許が有効な国

ただ、国際免許を持っていればどこの国でも運転できると思ったら大間違い!

日本で発行した国際免許が有効なのは基本的にはジュネーブ条約に加盟している国のみ

例えばドイツは加盟国ではないので国際免許をとっただけでは運転できません。

あらかじめ取り決められている翻訳文を添付すれば免許証として使うことができます。

国際免許が有効な国(ジュネーブ条約加盟国)

アジア州 フィリピン、インド、タイ、バングラデシュ、マレーシア、シンガポール、スリランカ、ラオス人民共和国、大韓民国
中近東 トルコ、イスラエル、シリア、キプロス、ヨルダン、レバノン、アラブ首長国連邦
アフリカ州 南アフリカ、中央アフリカ共和国、エジプト、ガーナ、アルジェリア、モロッコ、ボツワナ、コンゴ民主共和国、コンゴ、ベナン、コートジボワール、レソト、マダガスカル、マラウイ、マリ、ニジェール、ルワンダ、セネガル、シエラ・レオネ、トーゴ、チュニジア、ウガンダ、ジンバブエ、ナミビア、ブルキナファソ、ナイジェリア
ヨーロッパ州 英国、ギリシャ、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、オランダ、フランス、イタリア、ロシア連邦、セルビア、モンテネグロ、スペイン王国、フィンランド、ポルトガル、オーストリア、ベルギー、ポーランド、アイルランド、ハンガリー、ルーマニア、アイスランド、ブルガリア、マルタ、アルバニア、ルクセンブルク、モナコ、サンマリノ、バチカン、キルギスタン、ジョージア、チェコ共和国、スロバキア、スロベニア
アメリカ州 アメリカ合衆国、カナダ、ペルー、キューバ、エクアドル、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、バルバドス、ドミニカ共和国、グアテマラ、ハイチ、トリニダード・トバゴ、ベネズエラ、ジャマイカ
オセアニア州 ニュージーランド、フィジー、オーストラリア、パプらニューギニア
行政区域 香港、マカオ

 

国際免許で運転できる車両

日本の免許証と同じように国際免許でも運転できる乗り物が変わってきます。

日本の場合は普通免許や中型・大型、二輪免許などの区分に別れていますが、国際免許の場合はA~Eの五種類に分類

持っている免許証の種類によって発行できる免許証が決められています。

種類 運転できる車両 必要となる日本の運転免許

A

・二輪自動車(側車付き含む)

・身体障害者用車両

・空車状態での重量が400kg(900ポンド)を超えない三輪自動車

・大型二輪免許(AT限定含む)

・普通自動二輪免許(AT限定・小型限定・AT小型限定含む)のいずれか

B

・乗用車(8人乗りまで)

・貨物車両(最大重量3,500kg/7,700ポンド以下)

※軽量の被牽引車の連結可

・大型自動車免許

・中型自動車免許(8t限定・AT8t限定含む)

・準中型自動車免許(5t限定・AT5t限定含む)

・普通自動車免許(AT限定含む)のいずれか

C

・貨物車両(最大重量3,500kg/7,700ポンド超)

※軽量の被牽引車の連結可

・大型自動車免許

・中型自動車免許(限定なし)

・準中型自動車免許(限定なし)のいずれか

D

・乗用車(8人乗りまで)

※軽量の被牽引車の連結可

・大型自動車免許

・中型自動車免許(限定なし)

・準中型自動車免許(限定なし)

E

・B、CまたはDの規定を超える被牽引車を連結した車両 ・牽引免許

 

国際免許の取り方

国際免許といっても日本の運転免許を取るときのように教習所に通う必要はなく、書類での申請と手数料を払えば誰でも発行してもらうことができます^^

<申請期間>

運転免許証の有効期限内

※免停処分を受けている、もしくは受ける予定のある人は不可

 

<申請場所・受付時間>

運転免許試験場(府中、鮫洲、江東) →平日・日曜日 8:30~16:30(11:30~13:00を除く)

土祝、休日、年末年始(12月29日~1月3日)は休業

運転免許更新センター        →平日 8:30~16:30

土日祝、休日、年末年始(12月29日~1月3日)は休業

指定警察署(世田谷、板橋、立川)  →平日 8:30~16:30

土日祝、休日、年末年始(12月29日~1月3日)は休業

※運転免許試験場や運転免許更新センターであれば即日発行してもらえますが、警察署だと後日受け取りとなるので、急いでいる場合は要注意!

 

<必要書類等>

・運転免許証

・写真1枚(縦5cm×横4cm、無帽、正面、上三分身、無背景、枠無し、申請前6ヶ月以内に撮影したもの)

・パスポートなど渡航を証明する書類

・手数料2,350円

 

スポンサードリンク

注意点

基本的に国際運転免許証を持っていれば外国での運転が可能になります。

ただし国際免許は本来観光などの短期間の利用を想定しているので長期滞在する場合は現地の免許証の取得が必要になるのがほとんど

また、国際免許の他に身分証の定時を求められることも珍しくないので、パスポートも一緒に持っておくのを忘れずに!

 

ちなみに国際免許は日本以外で有効なので、国際免許だけを持って国内を運転すると道路交通法違反になります!

 

さいごに

今回は国際免許の取り方を紹介しました^^

免許証といっても書類手続きだけで取れるのですっごく簡単ですね!

海外旅行などで車を運転するときは早めに申請しておくのを忘れずに♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です