ブリヂストンPotenza(ポテンザ)S001ハンガリー製レビュー!価格や乗り心地は?

我が家のFD2タイプRに付いていたRE070が3万キロを超え、バキバキにひび割れて溝も3mmを切ってきたので、タイヤ交換を実施

本来であればまた純正タイヤにするのが理想なんですが・・・なにせ1本5万とマジで高い- -;

さすがにキツいですが個人的にはポテンザにはしたかったので、今回はみんカラのタイプRユーザーの間でも人気のハンガリー製S001(並行輸入品)を導入することにしました!

交換してから100kmほど慣らし走行、その後2,000kmほど走ってみたので乗り心地やグリップ、ウエット時の性能に燃費まであれこれ紹介したいと思います^^

スポンサードリンク

ポテンザS001のスペック&価格・取り付け工賃

・サイズ     :225/40R18

・製造国     :ハンガリー製

・溝深さ     :約8mm

・価格      :13,228円/1本(税・送料込み)

・取り付け工賃  :3,540円/1本

→4本トータルで67,072円

・取り付け時空気圧:フロント200kPa / リア180kPa

・日本製定価(参考) :51,516円(税込)/1本

 

今回、タイヤはヤフーショッピングで購入

 

特に製造年などの記載はなかったですが17年48周目製造のものでした!

 

ユーロの国旗が書いてあるので多分、ヨーロッパ圏での性能表示だと思います。

ウエット性能はAですが燃費はE

あと、ラベルが一部切り取られていてネットでのレビューでは

「ハンガリー製であることを隠すためだ」とか

「悪意を感じる」

なんて意見もあったりしますが、もともとここにあったのは多分バーコードだと思います。

勝手な推測ですがバーコードがついてると税関とかで正確な値段が知られてしまい、関西が高くなってしまうことの対策じゃないかと。

っていうかこんな安く手に入るのにあれこれ文句をいうなら最初から高い国産正規品を買うのが筋ですね。

 

タイヤウォールには性能や注意書きが細々と書いてあります。

ちなみにこのタイヤは最大空気圧340kPaの時の最大ロードインデックスが630kg

 

持ち込み取り付けの工賃は?

あとハンガリー製は全て並行輸入品なので、基本的には持ち込みでの取り付けとなります。

交換にあたってホンダディーラー、オートバックス、イエローハット、タイヤ館の4つに工賃の見積もり依頼をしました。

でもって↓が見積もり価格一覧です。

工賃内訳:タイヤ組み換え+廃タイヤ
店舗名 工賃(4本税込) タイヤ(4本税込) 合計
ホンダ(ディーラー) 25,056円 52,912円 77,968円
オートバックス 14,160円 67,072円
イエローハット 14,040円 66,952円
タイヤ館 21,268円 74,180円

※店舗によっては値段が変わったり、そもそも持ち込みを受け付けてくれない場合もあるので、事前に電話で

 

やはりディーラーでの交換が一番高い結果に

なんとなく予想はしていましたが、オートバックスやイエローハットのほぼ倍^^;高ぇ~

タイヤ館はそもそも持ち込みNGかと思っていましたが一応やってくれるそうです。

オートバックスかイエローハットが最安だったので、今回は家からの距離が近いオートバックスにしました。

↓実際の工賃

 

週末だったので少し時間はかかりましたが、1時間ちょっとで交換完了♪

 

ポテンザS001(ハンガリー製)街乗りインプレッション!

乗り心地と静粛性

そもそもPOTENZAに乗り心地とか静かさを求めるなんて邪道だ!なんて声も聞こえてきそうですが・・・

そうはいっても普段使いする車なのでやっぱり気になるところ

交換前がホンダの人でさえ固すぎると評判のRE070だったので、交換した瞬間は正直「エコタイヤ?」と思うくらい乗り心地がマイルド

 

交換する前にオートバックスのピットの人に空気圧はどうするかを聞かれたので、とりあえず規定通りでお願いしました。

それもあってか段差や路面のデコボコも程よく吸収してくれるように♪

今までは石のタイヤでも付いてんのかと思うくらい、ちょっとした凹凸でもゴンっっ!!と突き上手たのでまさに雲泥の差!

もちろんコンフォート系のタイヤと比べれば相当硬い部類ではあると思いますが。

 

ロードノイズに関しても、今までは高速などで60kmを超えてくるとナビの声が聞き取りづらく、車内での会話も声を張り上げないといけないほどでした^^;

それが交換した後はフツーに聞こえる!フツーに会話できる!!笑

RE070の凄まじいロードノイズに慣れていたので、この静かさには本当に感動しました!!

 

グリップ

ポテンザで肝心のグリップ性能はRE070と比較すればやはり格下という印象

まぁ元々付いていたタイヤの性能が高すぎる上に溝3mmとほぼSタイヤみたいな状態になっていたので正確な比較はできないですが・・・

(↓交換前のRE070)

 

トレッドパターンを比較すれば一目瞭然

溝幅が全然違うし、内側のブロックはRE070の方が圧倒的に大きいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえやっぱりポテンザ

以前試乗したレクサスISについていたTURANZA(トランザ)とは比にならないほど

独特の路面に食いつくような感覚はしっかりと健在です^^

もうちょっと空気圧を高めて、溝が減ってくるともっとグリップも良くなると思います♪

 

 

ウエット性能

S001で特筆すべきがウエットでの安定性

走ると水しぶきが上がるくらいの水たまりでもハイドロプレーニングはほぼ起こらず、ステアリングが取られるような挙動の乱れもありませんでした。

(ちなみにこの日の天候は最低気温20.5℃、降水量1.5mm)

サーキットだと雨の日の装着率がかなり高いというらしいから、やはりウエットコンディションでの性能はお墨付きといった感じ

RE070と比べても雨の日の運転では圧倒的にS001の方が安心感があります!

 

燃費

正直なところ燃費に関しては大きな違いはないと思います。

というのも正確な燃費計測ができていないのであくまで感覚的な評価になってしまうことをお許しくださいm(_ _)m

市街地走行だと多少良くなったかな?というくらいでびっくりするような違いはないですね。

高速道路での走行となると全くといっていいほど変わらないです笑

 

どこまで正確かはわからないですが、自動車専門誌が調べたところハイスペックタイヤとエコタイヤの燃費性能の差は5%程度だったそうです。

わかりやすく車の燃費を10km/Lと仮定すると1,000km走るのに必要なガソリンが

・ハイスペックタイヤ→100L

・エコタイヤ    →95L

その差、1,000kmでたった5L・・・まぁ、チリも積もれば~なんて言いますが

エコタイヤとの比較でこれだけの差しかないんだから、銘柄が違うとはいえポテンザ同士だったら違いがわからなくて当然といえば当然ですね^^;

 

耐久性

まだ履きつぶしてはいないのでこれも感覚的な評価になってしまいますが、持ちは圧倒的に良さそうです。

なにせRE070が新品状態でもプラスチックみたいに硬かったので、ガリガリ削れていきましたから

それに比べてS001は乗り午後力も分かる通りゴム自体がしなやかで粘りがある感触なので、前みたいにどんどん減っていくことはないでしょう!

それに新品の時のRE070よりも溝が深い気がします。

 

品質

日本製のS001と比較したわけではないのでこれも印象での話

みんカラで同じくハンガリー製を使っている人たちのレビューも一通り見ましたが、特に品質の違いは感じないというのが大半

よく考えてみれば銘柄が同じなのにわざわざ品質や成分を変えるのは、メーカー的にも意味がないだろうし、仮に多少の違いがあったとしても素人レベルでは全くわかりません!w

もしかしたらプロドライバーがサーキットで限界走行したら違いが出るかもですけどね^^;

そんなレベル

 

ただ一点、日本製と大きく違うのが仕上げの丁寧さ

日本製はバリひとつないほど綺麗に仕上げてある一方、ハンガリー製は誰が見ても分かるくらいバリだらけ!

ハンガリー製

 

日本製

 

値段を考えたら仕方ないですし、そもそも走行性能には関係ないので全く気にならないですが。

 

スポンサードリンク

後継モデルS007Aも登場

長くポテンザの定番として人気を誇ってきたS001

販売開始が2010年なのでかれこれ8年強

そろそろ後継モデルが出てもおかしくないだろうなぁ~と思ったら

(出典:ブリヂストン https://www.bridgestone.co.jp/)

 

POTENZA S007

アストンマーティンDB11の新車装着タイヤにもなっているので、これからポテンザのフラッグシップモデルとして展開するのは間違いなさそうですね。

S001が寿命来たら次はS007に換えてみようかと思います^^

 

さいごに

いかがでしたか?

街乗りレベルで正確な比較なんかができない部分も多いですが、トータルすると交換してよかった!

将来的にはサーキットに持ち込みたいですが、今の所は街乗りオンリーなのでS001は十分すぎるといっていいくらいのスペック

並行品でも構わない!というのであればハンガリー製のS001はオススメですよーヾ( ゚∀゚)ノ゙

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です