隅田川花火大会2018!穴場スポットや有料席、交通規制エリアも事前にチェック!

毎年7月下旬に開催される隅田川花火大会

東京で最も有名な花火大会で、もはや知らない人はいないでしょう!

打ち上げられる花火の数は2万発を超え、来場する人数はおよそ100万人!!

言わずもがな夏の超人気イベントで、それゆえ当日の混雑も凄まじい・・・

会場に行くなら下調べは不可欠ですよ(^O^)/

ということで今回は隅田川花火大会の見どころや混雑状況、穴場スポットに有料席、屋台の出店、交通規制などのアクセス情報まで紹介していきます!

スポンサードリンク

隅田川花火大会2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~日程~     7月28日(土)

→小雨決行。荒天時は翌日順延

~開始時間~   19時~20時30分

~来場者数~   約95万人

~打ち上げ数~  約22,000発

~打ち上げ場所~

・第一会場:桜橋周辺

・第二会場:厩橋周辺

~会場~

・第一会場:隅田公園ほか

・第二会場:蔵前駅周辺ほか

それでは隅田川花火大会を詳しく見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

隅田川花火大会の見どころ

隅田川花火大会といえば日本でも有数の花火大会

打ち上げられる花火の数は2万以上、来場者数約100万人とその数字を見るだけでも、このイベントの規模の大きさがわかりますね!

特大の尺玉花火に嗜好を凝らした演出もたくさんあって1時間半もあっという間!

スポンサードリンク

隅田川花火大会の混雑状況

全国でもトップクラスの知名度と来場者数を誇る隅田川の花火大会

今更説明する必要もないかもしれないですが、当日はとにかく人人人の大混雑!!

正直、ある程度花火が見える範囲で人がいないような場所はない、と思ったほうがいいですね^^;

 

開始前も昼過ぎからすでに人が集まり始め、早い人は早朝から場所取りをしています。

(会場周辺は前日からの場所取りが禁止されているので、場所取りは基本当日)

「場所取りするなら何時から?」と気になる人も多いと思いますが、とにかく早いに越したことはありません!笑

この日ばかりは陣取り合戦のごとく場所の取り合いになりますから

とはいえ場所取りをするのであれば遅くとも15時までには会場周辺にいないと、ほぼ場所を確保できません。

 

何より一番大変なのは帰り

100万人近くの人たちが一斉に駅に向かい移動し始めるので、それはもう凄まじい状況に・・・

最寄りの浅草駅や曳舟駅、とうきょうスカイツリー駅などは入場規制が当たり前

上野駅なんかは離れてるから大丈夫だろうかと思いきや、しっかり入場規制が行われています!

もうどこの駅も電車に乗るまでには1、2時間はかかるのでその覚悟をしておくほかありません。

隅田川の花火大会に行くなら混雑は覚悟しておきましょう!

オススメ穴場スポット7選!

とにかくどこに行っても人でいっぱいの隅田川花火大会

あてもなくうろついていると、結局落ち着ける場所も見つからないうちに花火が始まってしまうなんてことも・・・orz

そうならないように穴場スポットは事前にチェックしておきましょう(^O^)/

 

①汐入公園

同じ隅田川沿いにありながら、汐入公園は比較的人の少ない穴場スポットです^^

会場からは少し離れていますが、おかげで混雑を避けやすいですよ♪

最寄り駅も南千住なので行き帰りの混雑にも巻き込まれずに済みます。

~場所~   〒116-0003 東京都荒川区南千住8-13-1

~アクセス~ JR常磐線、東京メトロ日比谷線「南千住駅」より徒歩14分

 

②浅草寺

浅草の観光名所、浅草寺

なんとなく人が多そうなイメージがありますが、当日はほとんどの人が河川敷に向かってしまうので、案外境内は空いています(^_^)

浅草駅からは徒歩8分とアクセスも便利!

~場所~   〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1

~アクセス~ 東京メトロ銀座線、都営浅草線、東武伊勢崎線「浅草駅」より徒歩8分

 

③浅草ハレテラス屋上ビアガーデン

会場そばでゆっくりビールを飲みながら花火が楽しめるのが浅草ハレテラス

花火大会当日は事前予約のみの営業なので早めの予約を!

~場所~   〒111-0033 東京都台東区花川戸1-4-1

~アクセス~ 東京メトロ銀座線、都営浅草線、東武伊勢崎線「浅草駅」より徒歩4分

~予約~   納涼ハレテラスエキビア予約はこちら

 

④コモディイイダ東向島店屋上駐車場

第一会場の桜橋からほど近い場所にあるスーパーコモディイイダ東向島店の屋上も穴場スポットの一つ

・・・なんですが、最近は知名度が上がってしまいかなり人が増えています^^;

(メイン会場ほどではないですが)

そのせいか、観覧するためには会員登録と抽選が必要なので要注意!

~場所~   〒131-0032 東京都墨田区東向島1-28-10

~アクセス~ 東武伊勢崎線「曳舟駅」より徒歩4分

 

⑤両国国技館前

浅草の代表的観光地の両国国技館前もちょっとした観覧場所として使えます♪

ただ、有名な場所なので穴場とは言いつつもそれなりに人がたくさんいます(^_^;)

~場所~   〒130-0015 東京都墨田区横網1-3-28

~アクセス~ JR総武線、都営大江戸線「両国駅」より徒歩4分

 

⑥スカイツリー展望台

ここ最近は隅田川の花火大会といえばスカイツリーから見るのも定番になりつつありますね。

抽選予約による約900名限定で特別営業が行われるので、まずは応募から!

~場所~   〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2

~アクセス~ 東部伊勢崎線「とうきょうスカイツリー駅」より徒歩3分

~申込み~  東京スカイツリー公式サイトにて6月上旬~予定

 

⑦タワーホール船堀展望台

かなり離れた場所になりますが、江戸川区にあるタワーホール船堀の展望台からも花火が見えますよ!

千葉県も近く、19時30分からは同じ日に開催する浦安の花火も見えるので得した気分ですね♪

~場所~   〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1

~アクセス~ 都営新宿線「船堀駅」より徒歩3分

スポンサードリンク

有料席(協賛席)は抽選制

隅田川の花火大会では毎年有料席が用意されています。

ですが、とにかく人気が高いので普通の有料席と違って、応募による抽選方式になっています。

もちろん有料席は数ある場所の中でも特段見晴らしの良いベストスポットになっているので、いい場所でゆったり楽しみたい!という方は急いで応募してくださいね♪

『隅田川花火大会 有料席(協賛席)』

会場 募集口数
(申込可能口数)
協賛金額
ア 墨田区側両国親水テラス
(第2会場が観覧できる椅子席)
1,850口程度
(4口まで)
1口6,000円
※1口で1名招待
イ 台東リバーサイドスポーツセンター野球場
(第1会場が観覧できるビニールシート席)
1,550口程度
(1口のみ)
1口10,000円
※1口で5名招待
ウ 台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場
(第1会場が観覧できるビニールシート席)
500口程度
(1口のみ)
エ 台東リバーサイドスポーツセンター野球場団体席
(第1会場が観覧できるビニールシート席)
100口程度
(1口のみ)
1口50,000円
※1口で22名招待

〜応募方法〜

はがき(1グループ1枚まで)に、希望会場(ア~エの1カ所のみ)、協賛口数(アのみ)、代表者氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号を記入のうえ郵送。

〜申込先〜

〒110-8615 台東区東上野4-5-6 台東区役所内「隅田川花火大会実行委員会 市民協賛受付台東事務局」

〜締め切り〜

平成30年5月15日(火曜日)当日消印有効

 

当日はかなりの数の屋台も出店

本当にたくさんの人が訪れる隅田川花火大会ですが、それに負けないくらいの屋台があちこちに出店します。

とにかく広い範囲にわたってお店が出ているので会場周辺を歩いていれば簡単に見つかります^^

特に屋台が集中して出店しているのは

・浅草寺

・隅田公園

・汐入公園

・両国国技館周辺

・吾妻橋周辺

のあたり

ただ、どこも人がいっぱいで行列になっているのも珍しくありません。

当日は昼間から営業しているところも多いので、花火の開始よりかなり早めに行っておくのがいいですよ!

スポンサードリンク

会場周辺の交通規制

隅田川の花火大会ではかなり大規模な交通規制が実施されます。

とにかく広範囲で、明治通りから京葉道路までの一帯が通行止めになるため、規制の行われていない道路で凄まじい渋滞が発生

車で行くのは避けて、できる限り電車で行くのをオススメします!

〜規制時間〜 16時30分〜21時30分

 

会場へのアクセス

最寄り駅(第一会場)

・東武伊勢崎線「とうきょうスカイツリー駅」より徒歩13分

・東武伊勢崎線/亀戸線「曳舟駅」より徒歩15分

・京成押上線「京成曳舟駅」より徒歩20分

 

最寄り駅(第二会場)

・都営大江戸線/都営浅草線「蔵前駅」より徒歩6分

・JR総武線、都営大江戸線「両国駅」より徒歩13分

・東武伊勢崎線「とうきょうスカイツリー駅」より徒歩21分

 

さいごに

今回は隅田川花火大会を紹介しました^^

都内で最も人気の花火大会なので混雑は必死!!

ぜひ今回紹介した内容を参考に楽しんでくださいね♪

『花火大会ならこちらもオススメ♪』

東京の花火大会2018年のおすすめ一覧を日程ごとに紹介!

神奈川の花火大会2018年のおすすめを日程順に紹介!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です