市川花火大会2018!穴場スポットに場所取り、有料席や屋台まで徹底紹介!

毎年8月成就に開催される市川市民納涼花火大会

同じ日同じ時間に行われる江戸川花火大会とは“共同開催”なので市川市からみれば「市川花火大会」、江戸川区側から見れば「江戸川花火大会」ということになります。

この花火大会で打ち上げられる花火の数は1万4千発と千葉でも最大級!

これだけでもすごいですが来場者数も半端じゃありませんw

なんとその数約50万人!

ちなみに江戸川区の来場者数と合わせると140万人!!

まさに関東有数の超人気花火大会ですね^^

今回はそんな市川花火大会の見どころや混雑状況、オススメの穴場スポットに有料席、屋台、交通規制や駐車場などのアクセスまでたっぷりと紹介します!

スポンサードリンク

市川花火大会2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~日程~     8月上旬(8月4日(土)見込み)

→小雨決行。荒天時は翌日順延

~時間~     19時15分~20時30分

~来場人数~   約50万人

~打ち上げ数~  約14,000発

~打ち上げ場所~ 江戸川河川敷

~会場~     江戸川河川敷一帯(〒272-0034 千葉県市川市市川4丁目ほか)

それでは市川花火大会を詳しく見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

市川花火大会の見どころ

市川の花火大会はオープニングから見どころ満載!

いきなり始まったかと思ったらおよそ5秒間の間に1000発の花火を一気に打ち上げるという豪快さ!!

花火大会はたくさんあるといってもこんな演出はなかなか見られないですね(^O^)

 

そして市川花火大会では8つのテーマに沿ったプログラムが展開

花火の色や打ち上げ方をテーマごとに細かく工夫してあるので、最後まで思う存分楽しむことができますよ♪

スポンサードリンク

市川花火大会の混雑状況

毎年の来場者数がおよそ50万人にもなる市川花火大会

ちなみに江戸川区側の来場者数と合わせると、なんと140万人にもなります!!Σ(°Д°υ)

この数字を見るだけで津実はかなりの混雑になるのは想像できると思います^^;

 

ですが、来場者の3分の2、およそ90万人が江戸川区側に集中します。

おかげで市川市側の会場は比較的人が少なめ(といってもそれなりの混雑にはなりますよ!)

よほど遅くに行かない限りは場所取りに苦労することも少ないと思います^^

もしいい場所を取るのであれば15時くらいまでに行くと場所取りしやすいですよ♪

 

ただ、会場との行き帰りはかなりの混雑を覚悟しておいてくださいw

夕方(17時くらい)からは最寄りの市川駅が混み始めるので、遅くとも開始1時間前くらいには着ける余裕は持っておきましょう。

そして一番大変な帰り

もうこれはどうしようもないので、混雑が解消するまで何処かで1~2時間くらい時間つぶしをするか、駅で入れるまで素直に並んで待つかしかありません!

あとは少し足を伸ばして本八幡駅まで行くと少しはマシにはなります。

 

オススメ穴場スポット5選!

メイン会場でもしっかりと花火は楽しめますが、やはり人の多さが気になるところ

そんな時は少し場所を変えてみると案外快適に楽しめるんですよ♪

 

①行徳会場

メインとなる会場は市川駅から近い市川4丁目から大和田にかけてのエリアですが、少し離れた場所に行徳会場というものがあります。

打ち上げ場所から南下した旧江戸川との分岐点に当たる場所で、少し遠くはなりますがかなり人が少なく落ち着いて楽しめるスポットです^^

(ちなみに公式に空いている場所としても紹介されている場所です!)

~場所~   〒272-0101 千葉県市川市河原

~アクセス~ 東京メトロ東西線「妙典駅」より徒歩18分

 

②大洲防災公園

メイン会場からほど近い場所にある大洲防災公園もオススメ場所の一つ

打ち上げ場所からさほど離れていないため、ガラ空き!というわけではないものの、河川敷周辺に比べたらかなり快適ですよ!

~場所~   〒272-0032 千葉県市川市大洲1-18

~アクセス~ JR総武線「市川駅」より徒歩17分

 

③国府台駅周辺の河川敷

打ち上げ場所からは離れた場所になりますが、国府田駅近くの河川敷はかなりの穴場!

駅からすぐ近くなのでアクセスが良く、行き帰りの混雑に巻き込まれにくいのもメリットですね^^

~場所~   〒272-0034 千葉県市川市市川南3丁目ほか

~アクセス~ 京成本線「国府台駅」より徒歩5分

 

④イオン市川妙典店

花火大会当日はイオン市川妙典店の屋上が観覧会場として解放されます♪

今回紹介する中では打ち上げ場所から最も遠いですが、その分混雑も避けられるため穴場らしい穴場ですね。

ただ最近は地元の人を中心に情報が広まりつつあるため最近は人が増加気味 ^^;

~場所~   〒272-0111 千葉県市川市妙典5-3-1

~アクセス~ 東京メトロ東西線「妙典駅」より徒歩6分

 

⑤アイ・リンクタウン展望施設(抽選)

市川駅の目の前にあるアイ・リンクタウンの45階展望台から花火を見るというちょっぴりセレブな方法もあります。

ただ、これに関しては抽選に参加して当たらないと入ることができませんが、上から見る花火もまた新鮮!!

暑さを気にせず室内からゆったりと楽しめるので、応募する価値はありますよ♪

~場所~   〒272-0033あ 千葉県市川市市川南1-10 45F

~アクセス~ JR総武線「市川駅」より徒歩3分

~応募方法~ はがきにて(詳細は市川市ホームページ)

スポンサードリンク

有料席がベストポジション!

市川の花火大会では毎年有料席が用意されています。

場所は打ち上げ場所の目の前なので見晴らしは抜群!!

一番安い1人用のイス席でも6,000円と決して安くはないですが、これだけの規模の花火大会をベストポジションで座って見られるのは有料席の特権ですね^^

オープニングの富士山花火が真正面からキレイに見られるのも有料席ならではですよ~!

『市川花火大会 有料席』

~料金~

・桟敷席:18,000円/1マス 180cm×90cm(定員4名)

・ペア席:10,000円/1シート 150cm×90cm(定員2名)

・イス席:6,000円/1席 (定員1名)

~販売~ 6月下旬~予定

・チケットぴあ(インターネット、電話、店舗)

・セブンイレブン、サークルKサンクス

 

屋台も多数出店

市川花火大会では来場者数に負けないくらいたくさんの屋台も出店します!

年によって内容は若干変わったりしますが、よくある定番の屋台は一通り揃っています^^

屋台が並ぶのは

・メイン会場周辺の河川敷一帯

・市川駅から会場へとつながる道路沿い

です。

屋台は昼過ぎから21時くらいまで営業しているので、買い物するなら早めに行くのがオススメ

(開始時間が近づくにつれ行列ができるので)

スポンサードリンク

会場周辺の交通規制

大会当日は市川駅周辺で交通規制が実施されます。

それほど範囲は広くないですが、駅周辺の主要な道が通行止となるため規制がない道に車が集中して渋滞が発生します。

駅からメイン会場までは歩いて30分ほどかかりますが、基本的には電車で行くのが良いですね!

~規制時間~ 17時~22時予定

 

会場へのアクセス

最寄り駅

・JR総武線「市川駅」より徒歩29分

 

駐車場

サンプラザ35パーキングタワー

~台数~   30台

~料金~   100円/20分、(23時-翌8時)夜間料金2,000円

~営業時間~ 24時間(入出庫は8時~23時まで)

~住所~   〒272-0034 千葉県市川市市川1-9-2

 

タイムズ市川第23

~台数~   35台

~料金~   (8時-24時)300円/30分、(24時-8時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒272-0034 千葉県市川市市川1-23

 

リパーク市川1丁目

~台数~   6台

~料金~   (8時-24時)200円/30分、(24時-8時)200円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒272-0034 千葉県市川市市川1-9-8

 

タイムズ市川第4

~台数~   8台

~料金~

・月~金:(9時-15時)600円/40分、(15時-24時)100円/20分、(24時-9時)100円/60分

・土日祝:(9時-24時)100円/20分、(24時-9時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒272-0034 千葉県市川市市川1-11

 

ナビパーク市川第4

~台数~   6台

~料金~

・月~金:(8時-15時)300円/30分、(15時-24時)100円/20分、(24時-8時)100円/60分

・土日祝:(8時-24時)100円/20分、(24時-8時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒272-0034 千葉県市川市市川1-5

 

さいごに

市川の花火大会、いかがでしたか?

打ち上げられる花火の数もさることながら来場者数が半端じゃないですよね^^;

下調べ無しに行くと混雑に巻き込まれてロクに花火も見れずに疲れて帰ってくるなんてことにもなりかねません。

ぜひ今回紹介した内容を参考に楽しんでもらえると嬉しいです♪

『花火大会ならこちらもオススメ♪』

東京の花火大会2018年のおすすめ一覧を日程ごとに紹介!

神奈川の花火大会2018年のおすすめを日程順に紹介!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です