奥多摩花火大会2018!穴場スポットや駐車場は?混雑状況に有料席、屋台も紹介!

東京では夏になるとたくさんの花火大会が開催されますが、奥多摩の花火大会はおそらく都内で最も奥地で開催される花火大会です!

場所柄アクセスの不便さたるや他の花火大会の比ではないんですがw

おかげで臨場感溢れる花火が楽しめるんですよ(^O^)/

都心と違って視界を妨げるような建物も一切ないし、静まり返った場所に響き渡る花火の音は迫力満点!

決して大きな花火大会ではないですが、かなり楽しめるイベントの一つです♪

ということで今回は奥多摩花火大会の見どころや当日の混雑状況、穴場スポットはある?

有料席に屋台、当日の交通規制や駐車場などのアクセスまでしっかりと解説していきます!

スポンサードリンク

奥多摩花火大会2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~日程~     8月中旬(8月11日(土)見込み)

→小雨決行。荒天時は翌日に順延

~時間~     19時45分~20時20分

~来場者数~   約15,000人

~打ち上げ数~  約1,000発

~打ち上げ場所~ 愛宕山山頂

~会場~     奥多摩駅周辺

それでは奥多摩花火大会を詳しく見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

奥多摩花火大会の見どころ

奥多摩の花火大会で打ち上げられる花火の数は1,000発ほど

時間にしても約40分ほどなので規模でいえば小さめの花火大会と言えますね。

ですが打ち上げ場所が奥多摩の山中(愛宕山山頂)なのでとにかく見晴らしが良いです!

 

 

そして周囲が山に囲まれているため花火の音がこだまして響き渡るのも奥多摩花火の醍醐味♪

体にドンっ!と響いてくる音は迫力満点でまさに体全体で楽しめる花火大会ですよ(^^*)

スポンサードリンク

奥多摩花火大会の混雑状況は?場所取りは必要?

奥多摩の花火大会は都内で開催される花火大会の中ではトップクラスにアクセスが悪いです^^;

行きはよっぽ開始ギリギリ出ない限りはそれほど問題ではなく、奥多摩駅周辺なら大概どこからでも花火は見えるので打ち上げている最中も比較的落ち着いて楽しめます。

場所取りは特にする必要はないと思います。

というのもほとんどの人が奥多摩駅周辺で立ち見

というかそもそもシートを広げられる場所があまりないのと、花火自体が40分くらいとそこまで長くないのでわざわざ場所取りする人が少ないですね。

もし場所取りするにしてもそこまでは役に行く必要はありません。

開始1時間前に行っても場所取り自体はできるはずですよ!

 

とにかく大変なのは帰り

付近を通る電車が青梅線しかなく、しかも電車は1時間に1~2本ほどととにかく少ない!

おかげで花火終了直後から駅に人が殺到し、ホームに入るための行列が駅舎の外にまでできるほど・・・

とは言ってもこればかりはどうにもできないので並んで待つか、1時間くらい時間を潰してから行くしかないですね^~^;;

白丸駅まで歩く手もありますが、結局は奥多摩駅で電車が満員になるので、素直に奥多摩駅で待つのが無難です!

 

穴場スポットはある?

奥多摩の花火大会のここ数年の来場者数は1万5千人くらい

数字で見る分にはそれほどではないですが、奥多摩駅周辺はそれほど広いスペースがあるわけでもないのでそれなりに混雑はします。

ですが、人でごった返して落ち着いて見られない!ということでもないです。

奥多摩の花火大会に関していえば特に穴場らしいスポットがあるわけではないので、見る時は他の人たちと同じように奥多摩駅前あたりで見るのがいいですよ(^O^)/

(それ以外の場所はほとんど山なのでむしろ花火が見えませんw)

 

見えそうで実は見えない「奥多摩湖」

同じ“奥多摩”の地名がついていることから奥多摩湖からも花火が見えるんじゃないか?!と思う人も多いみたいですが、残念ながら全く見えません!

そもそも打ち上げ場所から最も近い奥多摩湖東端でも6km以上の距離があるうえ、山や森林に視界が遮られてしまいます^^;

やはり花火を見るなら奥多摩駅の近くはベストですね。

 

確実に座って見れる有料席

例年、奥多摩花火大会では有料席が設置されます。

正直、有料席でなくても十分綺麗に花火は見ることができます!

 

じゃあ有料席のメリットは何かと言えば「確実に座って見れること」ですね^^

先ほどもちょっと触れた通り、駅周辺がメインの観覧エリアですが落ち着いて座って見るにはあまり場所がありません。

その点、有料席は駅のすぐ裏手にある小学校の校庭に用意されるのでそれなりにゆったりと過ごせます♪

料金も1,000円と高くもないので、思い切って有料席から見るのもアリ!!

『奥多摩花火大会 有料席』

~料金~ 1,000円(当日販売2,000円)

~区画~ 約4平方メートル(ビニールシート敷き)

〜場所〜 氷川小学校校庭(〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川278)

~販売~ 7月上旬~予定

・奥多摩町役場観光産業課にて(窓口もしくは電話(0428-83-2295)にて)

 

屋台も多数出店

花火大会当日は日中から奥氷川神社と羽黒三田神社の例大祭が開催されるため、奥多摩駅前を中心にたくさんの屋台が出店します。

出店する屋台は約40店舗ほどで焼きそばなどメジャーな食べ物は一通り揃ってますよ♪

 

当日の交通規制

 

他の多くの花火大会と同様、奥多摩花火大会も多分にもれず会場周辺で交通規制が行われます。

交通規制自体は18時30分から21時までですが、神輿が出たりすることから早い段階から渋滞が発生します。

駐車場も少ないので車で行く時は、できる限り早く(遅くとも12時~14時くらいまでには)会場に到着しておくのがベスト!

スポンサードリンク

会場へのアクセス

最寄り駅

・JR青梅線「奥多摩駅」より徒歩5分

 

駐車場

タイムズ奥多摩町役場

~台数~   23台

~料金~   (8時-17時)300円/60分、(17時-8時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川215

 

町営氷川駐車場

~台数~   50台

~料金~   300円/1台、夜間1泊留置600円

~営業時間~ 8時~17時 ※夏休み期間は夜間も利用可

~住所~   〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川702

 

アースガーデン駐車場

~台数~   10台程度

~料金~   無料

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒198-0107 東京都西多摩郡奥多摩町白丸

 

白丸町営駐車場

~台数~   15台

~料金~   無料

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒198-0107 東京都西多摩郡奥多摩町白丸

 

さいごに

奥多摩の花火大会、いかがでしたか^^

都内の花火大会としてはそこまでメジャーではないですが、おかげでのんびりと楽しめるのがまた良いところ♪

都心の花火大会とは一味違った迫力ある花火が楽しめますよ!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です