板橋(いたばし)花火大会2018!穴場スポットに有料席、屋台や混雑状況をチェック!

毎年8月に荒川の河川敷で開催されるいたばし花火大会

関東でも最大級の長さを誇るナイアガラ花火や特大の尺5寸花火など見どころも多く、トータルの打ち上げ数はなんと1万2先発!!

都内でも有数の人気を誇る花火大会とあって毎年50万人以上の人が来場するんですよΣ(°Д°

これだけの人気ぶりだと混雑がきになるところですが、しっかりと穴場スポットも調べておきました(^_^)b

ということで今回は板橋花火大会の見どころや混雑状況、穴場スポットに有料席、屋台、交通規制・駐車場などのアクセスまでしっかりと紹介していきます!

スポンサードリンク

板橋(いたばし)花火大会2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~日程~     8月上旬(8月4日(土)見込み)

→小雨決行。荒天時は翌日に順延

~時間~     19時~20時30分

~来場人数~   約52万人

~打ち上げ数~  約12,000発

~打ち上げ場所~ 板橋区荒川河川敷

~会場~     板橋区荒川河川敷一帯ほか

それでは板橋(いたばし)花火大会を詳しく見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

板橋(いたばし)花火大会の見どころ

板橋花火大会の目玉の一つは恒例の仕掛け花火ナイアガラの滝!

このナイアガラの滝は長さが約700mと関東最長クラスΣ(°Д°υ)

火花が空中を走っていくような光景は迫力満点ですね♪

 

普通、ナイアガラというと↑のような花火のイメージですが・・・

いたばし花火大会の新名物「天空のナイアガラ」はその名の通り空中にナイアガラ花火が広がります^^

絶え間なく花火がうちあがり、まさに花火が降り注いでくるようなインパクト!!

 

そしてさいごに登場するのは東京の花火大会でも最大の尺5寸玉花火

映像では10:24頃から上がっていますが、あまりにも大きすぎてフレームに入りきらないほど!

まさにフィナーレにふさわしい大迫力の花火です^^*

スポンサードリンク

当日の混雑状況は?場所取りは何時に行けばいい?

都内の花火大会といえば近隣の地域はもちろん、都内全域や関東の他の県からもたくさんの人がやってきます。

そうなれば当然気になるのが当日の混雑具合ですよね!

せっかく楽しみの花火大会でもあまりに人が多すぎたら落ち着いて見られないですから^^;

 

で、肝心の板橋花火大会の人出ですが、例年の来場者数は約52万人

ただ、荒川の河川敷がかなりの広さがあるので数字で見るほど凄まじい混雑にはならないです。

(もちろん空いてるというわけじゃないですw)

 

ある程度、場所取りするのであれば14~15時くらいに行けば結構いい場所が取れるはずですよ♪

もし「場所はこだわらない!」「立ち見でもいい!」のであれば開始1時間前に行ってもOK

 

何より一番大変なのは帰りです。

会場近くを通るのが都営三田線と普段からも混雑しやすい埼京線だけなので要注意

52万人すべてとまではいかないものの、会場に集まった人が一斉に駅に向かうので凄まじい状況になります(゚д゚lll)

こればかりは避けようがないので、素直に駅で順番待ちをするか、会場周辺で混雑が収まるまでしばらく時間つぶしをしましょう!

だいたい1時間くらいずらせば人混みも収まり始めます。

あとは少しもったい気がするかもしれないですが、終了の15分くらい前までに出発するとかなりスムーズです!

混雑を避けて楽しめる穴場スポット5選!

もちろんメインの会場が一番よく見えるスポットですが、その分人が多いのも難点

そこで人混みを避けて落ち着いて楽しめる穴場スポットをピックアップしてみました!

 

①戸田競艇場

戸田競艇場は打ち上げ場所のすぐそばながらかなりの穴場スポットです♪

駅からのアクセスは少し不便ですが、その分人も少ないのでゆったりと花火が楽しめますよ(^O^)/

~場所~   〒335-0024 埼玉県戸田市戸田公園8-22

~アクセス~ 都営三田線「西高島平駅」より徒歩32分

 

②戸田公園

戸田公園もメイン会場の一つですが板橋区側とはうって変わって人が少なめ!

最寄りの戸田公園駅から近く、帰りはいち早く電車に乗れるのも大きなメリット

~場所~   〒335-0024 埼玉県戸田市戸田公園

~アクセス~ JR埼京線「戸田公園駅」より徒歩10分

 

③浮間公園

打ち上げ場所から少し離れた場所にはなりますが浮間公園はなかなかの穴場です^^

浮間舟渡駅のすぐ近くなのでアクセスも抜群!

~場所~   〒174-0041 東京都板橋区舟渡2-14

~アクセス~ JR埼京線「浮間舟渡駅」より徒歩7分

 

④新河岸三丁目公園

河川敷手前にある新河岸三丁目公園もオススメスポットの一つ

地元の人を中心にある程度の人ではありますが、メイン会場と比べればかなり人は少なめです!

~場所~   〒175-0081 東京都板橋区新河岸3-1

~アクセス~ 都営三田線「新高島平駅」より徒歩14分

 

⑤イオン板橋ショッピングセンター屋上

東武東上線の東武練馬駅目の前にあるイオンの屋上からも花火が見えますよ♪

駅近で駐車場も豊富なので行き帰りも混雑を避けられます(^_^)

~場所~   〒175-0083 東京都板橋区徳丸2-6-1

~アクセス~ 東武東上線「東武練馬駅」より徒歩4分

スポンサードリンク

有料席でのんびり鑑賞

いたばし花火大会では、毎年有料席が設置されます。

暑い昼間から長い時間をかけて場所取りする必要もなく、確実にベストスポットが確保できるので「時間がない」「手軽に楽しみたい」というときにはピッタリ!

例年、売り切れになるほどの人気なので気になる方はお早めにチェック(^O^)

『板橋花火大会 有料席』

~価格~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~座席マップ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~販売期間~

6月初旬~予定

~販売場所~

・コンビニ(セブンイレブンサークルKサンクス)

・チケットぴあ(インターネット各店舗)

・板橋区観光協会窓口 ※板橋区情報処理センター6階(平日のみ・9時~17時)

・電話予約(0570-02-9547)

 

屋台も多数出店!

花火大会での大きな楽しみの一つといえばやっぱり屋台!

まるでお祭りのような気分を味わえて、より一層盛り上がるので屋台は欠かせないですよね。

 

もちろん板橋花火大会でも屋台が出店します♪

会場周辺だけでなく、高島平や浮間舟渡などの最寄り駅から会場へと向かう道の途中にも屋台が並んでtzりしますが、案外数が少ないです^^;

もし食べ物を調達するなら周辺のコンビニやスーパーなんかで買うのがオススメ!

 

会場周辺の交通規制

花火大会当日は高島平から船渡町にかけての川沿い一帯で交通規制が行われます。

もともと会場周辺は狭い生活道路が多く、特に高島通りの北側は交通規制と相待ってかなりの渋滞が発生します。

基本的には電車で行くのが無難!

どうしても車で行くのであれば、高島通りを越えて会場側にはいかないようにしましょう!

スポンサードリンク

会場へのアクセス

最寄り駅

・都営三田線「西台駅」より徒歩23分

・JR埼京線「浮間舟渡駅」より徒歩27分

 

駐車場

東洋カーマックス高島平8丁目駐車場

~台数~   22台

~料金~   (8時-24時)100円/20分、(24時-8時)100円/60分、入庫後24時間最大1,000円

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒175-0082 東京都板橋区高島平8-17-1

 

タイムズ高島平第7

~台数~   5台

~料金~   200円/40分、(8時-18時)最大800円、(18時-8時)最大400円

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒175-0082 東京都板橋区高島平1-42

 

タイムズ浮間舟渡駅前第3

~台数~   40台

~料金~   (8時-22時)200円/60分、(22時-8時)100円/60分、駐車後24時間最大1,000円

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒174-0041 東京都板橋区舟渡1-9

 

浮間公園駐車場

~台数~   35台

~料金~   200円/最初の1時間、100円/以降30分毎

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒174-0041 東京都板橋区舟渡2-15-1

 

イオン板橋ショッピングセンター

~台数~   920台

~料金~   400円/最初の1時間、200円/以降30分毎

~営業時間~ 8時~22時

~住所~   〒175-0083 東京都板橋区徳丸2-6-1

 

さいごに

今回はいたばし花火大会を紹介しました^^

さすが都内でもトップクラスの人気を誇る花火大会だけあって迫力もすごいですね!

おかげで来場する人数も凄まじいですが^^;

ちょっと場所を変えれば穴場スポットもありますし、落ち着いて楽しむことができますよ♪

今年の夏はぜひ板橋花火大会に足を運んでみてくださいね。

『花火大会ならこちらもオススメ♪』

東京の花火大会2018年のおすすめ一覧を日程ごとに紹介!

神奈川の花火大会2018年のおすすめを日程順に紹介!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です