厚木花火大会2018!超穴場スポットに駐車場、有料席に屋台の出店、交通規制は?

毎年8月の第一土曜日に開催されるあつぎ鮎まつり

そのフィナーレを飾るのは約1万発もの打ち上げ花火です!!

ものすごい勢いで打ち上がるスターマイン花火は迫力満点♪

最後に登場する名物の大ナイアガラ花火も見応え十分で最初から最後まで思う存分楽しめる花火大会です^^*

神奈川県内でもかなり人気の花火大会で例年の来場者数は約53万人

混雑もかなりのものですが、海老名市側を中心にたくさんの穴場スポットがあるので、落ち着いて楽しむこともできますよ。

そこで今回は厚木花火大会のオススメ穴場スポットに駐車場、有料席チケットに屋台の出店、交通規制などのアクセスまでたっぷりと紹介していきます!

スポンサードリンク

厚木花火大会2018年の基本情報

~日程~     8月4日(土) 予定

→小雨決行。雨天中止の場合は翌日に順延

~時間~     19時~20時30分

~来場者数~   約53万人

~打ち上げ数~  約10,000発

~打ち上げ場所~ 相模川河川敷(三川合流点)

~会場~     神奈川県厚木市、海老名市

それでは厚木花火大会を詳しく見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

厚木花火大会の見どころ

厚木花火大会の大きな見どころはものすごい勢いで花火が打ち上がるスターマインです!

息つく間もなく次から次へと花火が連発する様子はまさに圧巻!!

 

0:15から打ち上がった花火を皮切りに爆音を轟かせながら開く花火は迫力がありますね^^

5:21からはフィナーレの名物大ナイアガラ花火が登場

これだけの数のナイアガラ花火はなかなか見ることができないですよ~

あまりの量の花火でまるで昼間のような明るさ!!

厚木の花火大会ならではの豪華なフィナーレです(^_^*)

 

厚木花火大会の混雑状況&場所取り

毎年53万人ものお人が訪れる厚木花火大会

これだけの人が集まるとなれば、当然気になるのは当日の混雑状況ですよね。

結論から言えば、打ち上げ場所となる相模川河川敷はかなり混雑します!!

昼間から場所取りする人も多く、開始直前には入場規制が行われることも珍しくありません^^;

 

ただ、メイン会場周辺では前日から夜中にかけての場所取りは全面禁止

場所取りができるのは当日の朝になってからです。

年によって多少の差はありますが、夕方前くらいにはほとんどの場所が埋まってしまうので、それなりにいい場所を取るなら12時ごろまでに

遅くとも15時くらいまでに行けば少なくとも場所取りはできるはずですよ^^

 

あともう一つ心配すべきは帰り道です。

開始までは徐々に人が集まるのでそこまで心配ないですが、帰りはすべての人が一斉に帰路につくので周辺道路や最寄り駅がびっくりするくらい混みます!!

駅についても入場制限されることもあるので、時間をずらしていくか、比較的空いている海老名駅に行くのがオススメです!

スポンサードリンク

厚木花火大会の穴場スポット7選!

先ほど説明した通り、メイン会場の厚木市側河川敷一帯はかなり混雑します。

せっかくの花火大会なら少しでも人混みを避けてゆっくりと楽しみたいもの

そこで、ここでは落ち着いて楽しめる穴場スポット7選を紹介します!

 

海老名市側

海老名市側の相模川河川敷一帯

同じ相模川河川敷でも海老名市側に移動するだけでかなり人が少なくなります!

電車で行くときも海老名駅を使えば、混雑を避けられるのでかなりオススメの穴場スポットですよ(^O^)/

~場所~ 〒243-0043 神奈川県海老名市河原口

 

相模三川公園

同じく海老名市側にある相模三川公園も落ち着いて花火を楽しめる穴場スポットです。

地元の人にも穴場スポットとして知られた場所で、公園もかなり広いのでゆったりできるはずですよ♪

~場所~ 〒243-0434 神奈川県海老名市上郷2-1-1

 

ららぽーと海老名駐車場

海老名駅のすぐ隣にあるららぽーと海老名の屋上にある駐車場からも花火がよく見えますよ!

駅からのアクセスが良く、駐車スペースもたくさんあり渋滞を避けやすいので車で行くときにもかなりオススメ♪

~場所~ 〒243-0436 神奈川県海老名市扇町13-1

 

河畔公園

河畔公園は海老名市側の河川敷にある公園で、混雑回避にはオススメのスポットです。

ちょうど打ち上げ場所の目の前なのでかなり近くで花火が楽しめますよ!

~場所~ 〒243-0433 神奈川県海老名市河原口2027

 

厚木市側

厚木中央公園

打ち上げ場所から西側、本厚木駅寄りの場所にある厚木中央公園はちょっとした穴場スポットです。

お祭りの会場になっているので“すごい穴場!”という感じではないですが、比較的ゆっくりと花火を楽しめます。

~場所~ 〒243-0003 神奈川県厚木市寿町3-424-1

 

厚木野球場

厚木野球場は打ち上げ場所近くにありながら人混みを避けやすい場所です。

ただ、この場所も開始直前になると人が集まってくるので、少し早めに行っておくといいですね。

~場所~ 〒243-0007 神奈川県厚木市厚木2348

 

金田第二青少年広場

相模川の支流を越えたところにある金田第二青少年広場もかなりの穴場スポットです!

打ち上げ場所の目の前にあるのに観光客にはほとんど知られていないので、落ち着いて楽しめるはずですよ^^

~場所~ 〒243-0807 神奈川県厚木市金田982

 

大会当日はたくさんの屋台も出店

花火大会当日は、周辺の公園などにたくさんの屋台が出店します。

グルメ屋台はもちろん、お土産や民芸品などを販売するお店も数多くあるので見て回るだけでもかなり楽しいですよ♪

『屋台出店エリア』(10時〜21時)

・厚木中央公園

・厚木公園(はとぽっぽ公園)

・中央通り

・厚木なかちょう大通り

・厚木一番街

・相模川河川敷

スポンサードリンク

有料席チケットで特等席からゆったり見物

毎年、厚木の花火大会では厚木側河川敷一帯に有料席が設けられます。

打ち上げ地点から200~400mと最も良く見える地点にあり、事前に時間をかけて場所取りする必要もないのが最大の魅力!

手間をかけずに確実にいい場所を取るならやはり有料席はオススメ!

決して安くはないですが、毎年7月下旬くらいになると全席完売するほどの人気なので、気になる方は早めにチェックしてみてくださいね♪

『厚木花火大会 有料席』

①エキサイティングシート・・・打ち上げ場所から200m、大ナイアガラ花火から100m

・2人シート席:6,000円(1.5m×1.5m、定員2名)

・4人シート席:10,000円(2m×2m、定員4名)

②ファンタスティックシート・・・打ち上げ場所から400m

・2人シート席:5,000円(1.5m×1.5m、定員2名)

・3人シート席:6,500円(1.8m×1.8m、定員3名)

・4人シート席:8,000円(2m×2m、定員4名)

・5人シート席:9,500円(2.2m×2.2m、定員5名)

チケットは7月初旬予定よりセブンチケットにて販売予定

 

花火大会当日の交通規制

当日は厚木市側を中心に周辺道路の交通規制が行われます。

本厚木駅から花火の打ち上げ場所にかけての広い範囲で通行止めとなるので、極力車での移動は避けたほうが無難ですね。

もし車を使うなら川を渡った海老名側を使うのがオススメです!

(出典:厚木市公式サイト http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/index.html)

スポンサードリンク

厚木花火大会へのアクセス

電車

・小田急線「本厚木駅」より徒歩15分

・小田急線「厚木駅」より徒歩21分

・小田急線「海老名駅」より徒歩26分(海老名側河川敷)

 

駐車場

先ほど紹介した通り当日は交通規制があり、大会終了後も厚木駅~本厚木駅にかけての一帯がかなりの渋滞となるので、基本は電車で行ったほうがいいです。

ただ、どうしても車で行くのであれば厚木市側は避け海老名市側の駐車場を使うのがベスト!

『ららぽーと海老名駐車場』

~台数~   1,800台

~料金~   500円/最初の1時間、250円/以降30分毎

1,000円以上利用:1時間無料、2,000円以上利用:2時間無料、5,000円利用:3時間無料

~営業時間~ 10時~23時

~住所~   〒243-0482 神奈川県海老名市扇町13-1

(旧住所:神奈川県海老名市上郷667)

 

さいごに

厚木の花火大会、いかがでしたか^^

1万発もの花火が矢継ぎ早に打ち上がるのは本当にキレイでインパクト大!

メイン会場は厚木市ですが、海老名市側からも十分キレイに見えるし人混みを避けられるのでオススメですよ(^O^)/

今回紹介した内容を参考に、ぜひ厚木花火大会を楽しんでくださいね♪

『花火大会ならこちらもオススメ♪』

神奈川の花火大会2018年のおすすめを日程順に紹介!

東京の花火大会2018年のおすすめ一覧を日程ごとに紹介!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です