葛飾花火大会2018!混雑知らずの超穴場スポットに駐車場などアクセスを紹介!

夏も本番の7月下旬に江戸川の河川敷で開催される葛飾花火大会

毎年来場する人は60万人以上と、まさに東京を代表する一大花火イベントです!

そうなると当然かなりの混雑具合になるんですが、周辺にはゆっくり楽しめる穴場スポットも結構あるんですよ(^O^)/

当日には屋台が出店したり有料席も用意されるなど花火をより一層満喫できるはずです♪

今回はそんな葛飾花火大会の日程や打ち上げ場所、穴場スポットに穴場駐車場などのアクセス、有料席や交通規制についてまで、余すことなく紹介していきます!

スポンサードリンク

葛飾花火大会2018の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~日程~        7月24日(火)

→雨天の場合は翌日25日(水)に順延 予定

~時間~        19時20分~20時20分

~打ち上げ数~     13,000発

~来場者数~      60万人

~会場・打ち上げ場所~ 葛飾区柴又野球場(〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-17-13先)

それでは葛飾花火大会を詳しく見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

葛飾花火大会の見どころ

葛飾花火大会では1万3千発も打ち上げられるので迫力ある花火が楽しめます♪

富士山をかた取ったナイアガラ花火から始まり、カラフルな花火が連発し華々しいオープニングを飾ります!(0:40~)

 

2017年には「両さんの眉毛型花火」など葛飾ならではの一風変わった花火が見られるのも葛飾の花火大会ならでは^^

葛飾花火大会の混雑状況と場所取り

毎年の来場者数60万人と都内でも有数の人気を誇る葛飾花火大会

メイン会場の柴又野球場を中心に周辺一帯はかなり混雑します。

いい場所で花火を見るなら、早めの場所取りは必須!

 

場所取りするには

メイン会場で場所取りをするなら早めに!

とは言いつつも、会場自体が結構な広さがあるのでよほど遅くに行かない限りは場所取りできないということはありません。

夕方になると仕事終わりの人たちも増えてくるので、開始の2~3時間前くらいに行けばそれなりにいい場所は取りやすいはずです^^

 

帰りの混雑に要注意

花火大会が始まる前から開催直前までたくさんの人が集まるとはいえ、一度にではなく徐々に集まってくるので、ひどい人混みに巻き込まれることは少ないです。

むしろ心配すべきは終わってからの帰り道

終わった瞬間、集まった60万人の人が同時に帰路につくので周辺道路、最寄り駅とも一気に混雑します!

 

最も混むのは柴又駅ですが、少し離れた新柴又駅や金町駅も年に一度の一大イベントとあってかなりの人混み

こればっかりはどうしようもないので、駅で電車に乗れるまで並んで待つか、どこかで時間を潰すのがいいですね。

スポンサードリンク

葛飾花火大会の超穴場スポット6選!

とにかくたくさんの人が訪れる葛飾花火大会ですが、ちょっと場所を変えれば落ち着いて花火が楽しめるんですよ(^O^)

そんな穴場スポット6選を紹介します!

 

葛飾側

取水塔周辺

映画「男はつらいよ」やマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にも登場する葛飾のシンボル的存在の取水塔です。

メイン会場からそれほど離れていないながらも、比較的人が少なめですよ♪

~場所~ 〒 東京都葛飾区金町浄水場1-1

 

新葛飾橋周辺

葛飾納涼花火大会 #花火大会 #花火 #葛飾 #新葛飾橋 #葛飾納涼花火大会

Ryota Kumeiさん(@ryota_lol)がシェアした投稿 –

取水塔からさらに北側に進んだところにある新葛飾橋も穴場スポットですよ!

江戸川を見渡せる場所にあり、金町駅からも近く便利です^^

~場所~ 〒125-0042 東京都葛飾区金町3丁目

 

スカイツリー展望台

スカイツリー展望台からも花火を見ることができますよ!

距離が遠いので大きくは見えないですが、東京の夜景も同時に楽しめるのが魅力です♪

~場所~ 〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2

 

松戸側

松戸側江戸川河川敷一帯

葛飾側はかなり混雑する江戸川河川敷も、松戸側はかなりの穴場スポット!

同じようにすぐ近くから花火を見られるのに、対岸に渡るだけで随分快適に楽しめます^^

~場所~ 〒271-0094 千葉県松戸市上矢切~〒271-0096 千葉県松戸市下矢切一帯

 

江戸川ラインゴルフ松戸コース周辺

松戸側の新葛飾橋すぐそばにある江戸川ラインゴルフ松戸コースからもキレイに花火を見ることができます。

観光客にはあまり知られていないので、穴場度はかなり高め

~場所~ 〒271-0094 千葉県松戸市上矢切1711

 

矢切の渡し

松戸側の河川敷にある矢切の渡しは打ち上げ場所のすぐ正面ながら比較的落ち着いて花火が楽しめます。

今回紹介しているスポットの中では穴場度は低い方ですが、葛飾側と比べると空いていますよ♪

~場所~ 〒271-0096 千葉県松戸市下矢切1257

スポンサードリンク

有料席からゆったり鑑賞

葛飾花火大会では毎年有料席が設置されます。

会場の葛飾側河川敷一帯の一番キレイに見られるエリアが場所取りせずに済むので、確実に楽しむのには一番のオススメです!

毎年7月初めになると完売するので、早めにゲットしておくといいですよ♪

『葛飾花火大会 有料席』

~販売期間~ 5月下旬~7月下旬

~金額~

種別 定員 金額 販売数 備考
2人マス席 2人 7,000円 943 0.9m×1.8m
4人マス席 4人 10,000円 540 1.8m×1.8m
グループ席 6人 12,000円 119 1.8m×2.7m

〜マップ〜

 

 

 

 

 

 

 

(出典:かつまるガイド http://www.katsushika-kanko.com/)

〜販売〜  チケットぴあセブンチケット

 

葛飾花火大会では屋台も出店

メイン会場周辺には10数店の屋台が出店します。

ただ、集まる人の数に対して出店する店舗の数が少ないので正直、不便です。

ちなみに柴又駅から帝釈天に向かう参道沿いにはたくさんの飲食店が立ち並んでいます。

しかも大会当日にはたくさんの屋台も出店するので食べ物や飲み物を買うならこちらがオススメです♪

スポンサードリンク

花火大会当日の交通規制

花火大会当日は葛飾区側の会場周辺道路で交通規制による通行止めが行われます。

車で明けでなく自転車の乗り入れも禁止となるので注意が必要です。

~実施時間~ 17時30分~22時頃まで

~エリア~  東金町6丁目~柴又街道~北小岩8丁目にかけて

(参考:2017年葛飾花火大会 交通規制マップ)

 

葛飾花火大会へのアクセス

最寄り駅

・京成金町線「柴又駅」より徒歩12分、「京成金町駅」より徒歩22分

・北総線「新柴又駅」より徒歩17分

・JR常磐線「金町駅」より徒歩24分

 

穴場駐車場

先ほども説明した通り、花火大会当日は周辺道路が通行止めとなるため、規制が行われていない道路も相当渋滞します。

当然、駐車場を見つけるのも結構大変なので、基本的には電車で行くのが無難

ただどうしても車で行くのであれば、葛飾側でなく松戸側に行くとかなり停めやすくなります。

終了後は会場周辺は迂回していけばかなりスムーズに帰れるはずですよ♪

タイムズマルエツ矢切駅前店屋上

~台数~   37台

~料金~   (8時-22時)100円/30分、(22時-8時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒271-0097 千葉県松戸市栗山19

 

タイムズ笑がおの湯松戸矢切店

~台数~   139台

~料金~

・月~金:(7時-23時)200円/60分、(23時-7時)100円/60分

・土日祝:(7時-23時)400円/60分、(23時-7時)100円/60分

~営業時間~ 24時間(入出庫は7時~23時まで)

~住所~   〒271-0096 千葉県松戸市下矢切122

 

ナビパーク国府台第1

~台数~   7台

~料金~   (8時-18時)200円/60分、(18時-8時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒272-0827 千葉県市川市国府台3-4

 

リパーク国府台5丁目

~台数~   14台

~料金~   (8時-18時)200円/60分、(18時-8時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒272-0827 千葉県市川市国府台5-9-10

 

ナビパーク三矢小台第1

~台数~   18台

~料金~   (8時-22時)100円/30分、(22時-8時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒271-0087 千葉県松戸市三矢小台3-10-3

 

さいごに

葛飾花火大会、いかがでしたか^^

13,000発もの花火が打ち上げられるとあって、迫力と見応えは十分!!

葛飾区側は結構混雑するものの、松戸側なら比較的落ち着いて楽しめるので、オススメですよ~

今年の夏は、ぜひ葛飾の花火大会を楽しんでくださいね♪

『花火大会ならこちらもオススメ♪』

東京の花火大会2018年のおすすめ一覧を日程ごとに紹介!

神奈川の花火大会2018年のおすすめを日程順に紹介!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です