神奈川バラ園の名所2018!人気スポット5選!見ごろやイベントを紹介

「神奈川には見事なバラの花が楽しめるバラ園がたくさん!」

 

バラといえば桜と並ぶ春を代表する人気の花

神奈川には港の見える丘公園や山下公園などバラ園が有名な名所が数多くあり、毎年春になると県外からもたくさんの人が訪れるほどの人気ぶり

でも意外と知られていない穴場スポットもあるので落ち着いてバラの花を楽しむのにはオススメですよ(^O^)/

そこで今回は神奈川県のバラ園の名所5選を紹介したいと思います!

スポンサードリンク

①港の見える丘公園

~見頃~   5月中旬~6月上旬

~開園時間~ 常時開園

~入園料~  無料

~最寄り駅~ 桜木町駅、石川町駅、元町・中華街駅

横花随一の観光スポットとして人気の高い港の見える丘公園

約330種2,200株ものバラが咲き誇る神奈川でも有数のバラの名所でもあり、見頃には美しい花と甘い香りが楽しめますよ♪

異国情緒溢れる園内の雰囲気と横浜の港を見渡せる眺望の良さで、デートスポットとしても大人気です!

 

②山下公園

 

~見頃~   5月中旬~6月初旬

~開園時間~ 常時開園

~入園料~  無料

~最寄り駅~ 元町・中華街駅、関内駅、桜木町駅

みなとみらいの景色を一望できる山下公園

公園内のバラ園には約200種2,500株のバラが植えられていて、ベンチや花壇も作られているのでじっくりとバラの花を眺められます^^

県内ではかなり珍しいバラのライトアップがあり、ロマンチックな夜のバラが楽しめるのも山下公園の魅力!

 

③鎌倉文学館

~見頃~   5月中旬~6月初旬

~開館時間~ 9時~17時

~入館料~  一般300~400円、小中学生100~200円 ※展覧会の内容により異なります。

〜最寄り駅〜 由比ヶ浜駅、長谷駅、鎌倉駅

昭和11年に建てられた洋館をそのまま利用して開館した鎌倉文学館

正面に広がる庭園には約200種250株のバラ園が広がり、趣あふれる洋館とマッチした景色がとてもキレイなんですよ!

イベント満載のバラ祭りがあったり周辺にはおしゃれなレストランもたくさんあるので、春のお出かけにはぴったりのスポットです^^*

スポンサードリンク

④小田原フラワーガーデン

~見頃~   5月中旬~6月上旬

~開園時間~ 9時~17時

~入園料~  無料(温室は大人200円、小中学生100円)

~最寄り駅~ 飯田岡駅、小田原駅

温室もあり年間通して色々な花を楽しめる小田原フラワーガーデン

春には145品種345株のバラが花開き、庭園が文字どおりバラの花で埋め尽くされます♪

早咲きから遅咲きまでたくさんの種類があるので、比較的長い間バラの花が楽しめますよ!

 

⑤生田緑地

~見頃~   5月中旬~末頃

~開苑時間~ (平日)10時~16時、(土日祝)9時~16時

~入苑料~  無料

~最寄り駅~ 向ヶ丘遊園駅、登戸駅、武蔵溝ノ口駅、梶が谷駅

約180haもの敷地で四季折々の草花が楽しめる生田緑地

ここには期間限定で公開されるバラ苑があり、そのバラのあまりの美しさから“東洋一のバラ園”とも言われるほどのバラの名所です(^O^)

苑内にあるバラはおよそ533種4,700株とダントツの数を誇り、他では見ることができないような珍しい品種も数多く見ることができます♪

 

さいごに

神奈川県のバラ園、いかがでしたか?

①港の見える丘公園
②山下公園
③鎌倉文学館
④小田原フラワーガーデン
⑤生田緑地

港の見える丘公園や山下公園はバラの名所としてだけでなく絶景スポットとしてもよく知られていて、横浜港の景色を楽しめるのでデートにはかなりオススメです^^*

鎌倉文学館や小田原フラワーガーデン、生田緑地はちょっとした穴場的スポットで人混みを避けてじっくりとバラを楽しむのにはうってつけですよ。

今年の春は神奈川のバラの名所めぐりを楽しんでみてくださいね♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です