生田緑地のあじさい山2018!見頃や開花状況、雨でも楽しめる観光スポットも紹介!

「生田緑地は川崎市を代表するあじさいの名所!」

 

神奈川であじさいを見るといったら真っ先に思いつくのは鎌倉ですよね。

でも、あまり知られていないものの川崎にある生田緑地もあじさいの隠れた名所なんですよ!

緑豊かな敷地にはあじさいだけでなく花菖蒲(ハナショウブ)も植えられているので、梅雨シーズンのお花見を楽しむのにはピッタリな場所♪

近くには藤子・F・不二雄ミュージアムなど雨の日でも楽しめる観光地もたくさんあるので、この時期のデートにもオススメです^^

ということで今回は、生田緑地のあじさいの見頃や開花状況、オススメ観光地などを紹介したいと思います!

スポンサードリンク

生田緑地のあじさい2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~見頃~   6月中旬~7月上旬

~観覧時間~ 常時開園

~入園料~  無料

~場所~   〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑クリックすると拡大表示します。

出典:生田緑地公式ホームページ(http://www.ikutaryokuti.jp/)

それでは生田緑地のあじさいを詳しく見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

生田緑地のあじさい2018年の基本情報

~開花~ 6月上旬~7月上旬

~満開~ 6月中旬~7月上旬

例年、生田緑地のあじさいは6月上旬になると咲き始めます。

ただ、始めの頃はつぼみが多く、咲いている花もまだ色づく前なので見頃というにはちょっと早いです。

本格的な見頃になるのは、梅雨も本番になる6月中旬以降!

 

特に6月下旬になるとほとんどの株で花が咲き、色もかなり濃くなってきます。

あじさい独特の淡い色合いがなんとも爽やかで綺麗ですね(^^*)

 

生田緑地のあじさいは梅雨が明ける7月上旬あたりまでは咲いています。

なので見頃は6月中旬から7月上旬

オススメは6月16日(土)~7月8日(日)までの約3週間です!

 

生田緑地は花菖蒲もキレイ!

梅雨になるとあじさいが見事な生田緑地

敷地内には花菖蒲の庭園もあり、ちょうどあじさいと同じ頃に見頃を迎えます。

あじさいよりもさらに濃厚な紫色が存在感があり、見ごたえたっぷり!

あじさい山からは歩いて10分ほどのところにあるので、あじさいと一緒に見ていくといいですよ~♪

『生田緑地の花菖蒲』

~見頃~ 6月上旬~下旬

スポンサードリンク

雨でも楽しめる生田緑地周辺の観光地3選!

生田緑地には雨の日でも楽しめる施設がたくさん!

中でも代表的な3つのスポットを紹介します^^

 

①プラネタリウム(かわさき宙と緑の科学館)

 

 

 

 

 

(出典:かわさき宙と緑の科学館公式ホームページ http://www.nature-kawasaki.jp/)

あじさい山のすぐ側にある「かわさき宙と緑の科学館」ではプラネタリウムを楽しむことができます。

梅雨の時期はなかなか星空を見ることができないですが、プラネタリウムなら普段見ることができないような天の川や流れ星も見ることができますよ(^O^)/

~開館時間~ 9時30分~17時

~休館日~  月曜日、祝祭日の翌日

~料金~   一般400円、高校生・大学生・65歳以上200円

~場所~   〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-2

 

②藤子・F・不二雄ミュージアム

「藤子・F・不二雄ミュージアム」も生田緑地の近くにあります。

ドラえもんやパーマン、キテレツ大百科など誰もが知ってるマンガの世界がたっぷり詰まった場所!

「子どもが行く場所なんじゃ・・・?」なんて思うかもしれないですが、大人でも思いっきり楽しめること間違いなしですよー!!

~開館時間~ 10時~18時

~休館日~  火曜日、年末年始

~料金~   大人・大学生1,000円、中高生700円、4歳~小学生500円

~場所~   〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1

※チケットは日時指定の完全予約制です。購入は全国のローソン(Loppi)、またはインターネットから

チケットの予約はこちら

 

③岡本太郎美術館

生田緑地の中には「岡本太郎美術館」もあります。

「芸術は爆発だ!」と言わんばかりの強烈な作品はインパクト抜群で不思議と見入ってしまいます・・・(。-`ω-)

~開館時間~ 9時30分~17時

~休館日~  月曜日

~料金~   一般1,500円、高大生1,100円、65歳以上1,100円

~場所~   〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5

スポンサードリンク

生田緑地へのアクセス

電車・バス

・小田急線「向ヶ丘遊園」南口より市バス(溝19「溝口駅南口行」)で「生田緑地」下車、徒歩3分

・JR南武線、小田急線「登戸駅」生田緑地口ターミナルより市バス(「生田緑地」行)で終点下車

・JR南武線、東急田園都市線「武蔵溝ノ口駅」南口より市バス(溝19「向ヶ丘遊園南口行」)で「生田緑地入口」下車、徒歩3分

・東急田園都市線「梶が谷駅」より東急バス(「向ヶ丘遊園行」)で「飯室」下車、徒歩10分

 

駐車場

生田緑地東口駐車場

~台数~   163台

~料金~   200円/60分、100円/以降30分毎

~営業時間~ 5時~22時

~住所~   〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-4

 

タイムズ東生田第2

~台数~   8台

~料金~   (7時-21時)100円/20分、(21時-7時)100円/120分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒214-0031 神奈川県川崎市多摩区東生田2-2

 

タイムズ東生田

~台数~   9台

~料金~

・月~金:(7時-21時)200円/30分、(21時-7時)100円/120分、当日最大800円

・土日祝:(7時-21時)100円/20分、(21時-7時)100円/120分、当日最大1,200円

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒214-0031 神奈川県川崎市多摩区東生田1-13

 

さいごに

生田緑地のあじさい、いかがでしたか?

あじさいの名所としてはあまり知られていない生田緑地

そのおかげでゆったりと落ち着いてあじさいの花を満喫できる穴場スポットになっています^^

周りには天気に関係なく楽しめる観光地もあるので梅雨の時期でも1日中楽しめますね。

ぜひ生田緑地であじさいのお花見を楽しんでくださいね♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です