三渓園のあじさい2018!見頃や開花状況、ランチで一息つけるお店も紹介!

「三渓園はあじさいに花菖蒲も咲き誇る横浜の名所!」

 

三渓園といえば桜の季節、お花見の名所として有名ですよね。

ただ、6月になるとあじさいや花菖蒲も見ることができる梅雨時にオススメのお出かけスポットなんですよ♪

しかも、この時期にはホタルが見れるイベントもあって何かと見どころたっぷり!

園内にはお団子や三渓園ならではの三渓そばが食べられるお店もあるので、ぶらぶらとお散歩デートするのにもオススメのスポットです^^

ということで今回は三渓園のあじさいの見頃や開花状況、ランチや甘味の楽しめるお店に蛍が見られるイベントまでたっぷりと紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

三渓園のあじさい2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~見頃~   6月中旬~下旬

~開園時間~ 9時~17時

~入園料~  大人700円、子ども200円、横浜市内在住65歳以上200円(濱ともカード必要)

~場所~   〒231-0824 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1

それでは三渓園のあじさいを詳しく見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

三渓園のあじさい2018年の見頃・開花状況

~開花~ 6月上旬~下旬

~満開~ 6月中旬~下旬

三渓園のあじさいが咲き始めるのは、毎年6月上旬になってからです。

ただ、ここのあじさいは神奈川の他のあじさいの名所と比べると開花が少し遅め

あじさいらしく色づき始めるのは6月中旬を過ぎた頃ですね。

 

気温や天候にもよっても若干変わりますが、6月いっぱいくらいまでは満開のあじさいが楽しめますよ(^O^)/

7月に入って急激に気温が上がると一気に散ってしまうことも多いので、やはり三渓園であじさいを見るなら6月中に行っておくのがベストですね♪

なのでオススメは6月10日(日)~6月30日(土)までの約3週間です!

 

花菖蒲も美しい三渓園

三渓園にはあじさいと同じ頃に見頃を迎える花菖蒲(ハナショウブ)もたくさんあります。

6月上旬からが本格的な見頃なので、あじさいとのコラボ風景も楽しめますよ♪

 

花菖蒲はあじさいと比べると半月ほど早いので、6月中旬あたりがオススメですね^^

【三渓園の花菖蒲】

~見頃~ 6月上旬~中旬

 

横浜でホタルが見られるイベント「蛍の夕べ」

あじさいと花菖蒲が咲き始める5月下旬からの約2週間、三渓園では蛍が見られるイベントも開催されます!

横浜で蛍が見られるなんてちょっとした感動モノですよ~( ´∀`*)

撮影禁止なので写真などで見せられないのが残念ですが、ほのかに光るホタルが幻想的♪

なかなか見ることができない貴重なチャンスなので、かなりオススメです!

【蛍の夕べ】

~期間~ 5月25日(金)~6月3日(日)

~時間~ 日没~21時(最終入園は20時30分)まで

スポンサードリンク

ランチやスイーツで一息つけるお店3選!

三渓園は市街地から離れているので、近くにあまり飲食店がありません。

あらかじめランチが食べられたり、一息つける場所をおさえておくと当日迷わずに済みますよ♪

 

①三渓園茶寮

三渓園の中心にある池のほとりにある小さなお茶屋さんです。

看板メニューは約10種類あるお団子で、手作りのタレがお餅に良く合って美味しいですよ^^

ちょっと休憩するにはぴったり!

~営業時間~ 9時~17時

~定休日~  不定休

~TEL~   045-621-1289

~住所~   〒231-0824 神奈川県横浜市中区三之谷58-1 三渓園内

 

②隣花苑

本格的な高級懐石料理が味わえる料亭です。

およそ600年前の足利時代の建物を移築しているので風情ある佇まいから、まるでタイムスリップしたような気分に浸れます^^*

丁寧に作られた食事の数々は素朴な味付けが、食材本来の味を引き立て、まさに絶品!

~営業時間~ 12時~20時

~定休日~  水曜日 ※8月は休業

~TEL~   050-5593-3252

~住所~   〒231-0824 神奈川県横浜市中区三之谷52-1

 

③待春軒

ここも三渓園の中にあるお茶屋さん。

甘味だけでなくしっかりとした食事メニューも取り揃えてあり、中でも三渓園の創設者原三渓が考案したという汁なしそば“三渓そば”は必食!

~営業時間~ 9時~17時

~定休日~  不定休

~TEL~   045-621-0634

~住所~   〒231-0824 神奈川県横浜市中区三之谷58-1 三渓園内

スポンサードリンク

三渓園へのアクセス

電車・バス

JR京浜東北線/根岸線「根岸駅」より

・1番のりばから市バス(58・99・101系統)で「本牧」下車、徒歩10分

 

JR、私鉄各線「横浜駅」より

・東口2番のりばから市バス(8・148系統)で「三溪園入口」下車、徒歩5分

・東口2番のりばからぶらり三溪園BUS(土日祝日限定運行)で「三溪園」下車

 

JR根岸線、横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より

・市バス(8・148系統)で「三溪園入口」下車、徒歩5分

・ぶらり三溪園BUS(土日祝日限定運行)で三溪園下車

 

みなとみらい線「元町・中華街駅」より

・市バス(8・148系統)で「三溪園入口」下車、徒歩5分

 

『ぶらり三渓園BUS時刻表』

 

 

 

(↓時刻表をクリックすると拡大表示します。)

 

 

 

 

 

出典:三渓園公式サイト(http://www.sankeien.or.jp/index.html)

 

駐車場

三渓園駐車場

~台数~   約80台

~料金~   500円/最初の2時間、100円/以降30分毎、当日最大1,000円

~営業時間~ 9時~17時

~住所~   〒231-0824 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58

 

本牧市民公園駐車場

~台数~   約300台

~料金~   200円/1時間

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒231-0824 神奈川県横浜市中区本牧三之谷59-2

 

さいごに

三渓園のあじさい、いかがでしたか^^

神奈川であじさいと言ったら鎌倉が圧倒的に有名ですが、三渓園のあじさいも趣があって綺麗ですよね。

それに横浜市内なのに蛍が見られるのも三渓園ならでは!

ぜひ三渓園で満開のあじさいを堪能してくださいね♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です