妙法寺(高円寺)のあじさい2018!開花情報や御朱印、菖蒲の花も紹介!

「妙法寺は杉並高円寺にある隠れたあじさいと菖蒲の名所!」

 

丸ノ内線の新高円寺駅から歩いて約10分の場所にある妙法寺

住宅街のなかにひっそりと佇む小さなお寺で、地元の人にはあじさいの名所として親しまれている場所です。

東京にはとしまえんや白山神社など少なからずあじさいの名所がありますが、妙法寺はかなりの穴場スポット

観光客にはほとんど知られていないので、満開になる頃でもかなりゆっくりとあじさいが楽しめます♪

ちょうど菖蒲も見頃を迎えるので、境内はカラフルな花でいっぱいになり本当に綺麗な場所なんですよ!

ということで今回は杉並にある妙法寺のあじさいについて紹介して行きたいと思います!

スポンサードリンク

妙法寺のあじさい 2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~見頃~   6月中旬~6月末頃

~拝観時間~ 5時30分~17時

~拝観料~  無料

~場所~   〒166-0013 東京都杉並区堀之内3-48-8

それでは妙法寺のあじさいを詳しくみていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

妙法寺のあじさい 2018年の見頃・開花状況

~開花~ 6月上旬~7月上旬

~満開~ 6月中旬~6月末頃

妙法寺のあじさいは、毎年6月上旬から咲き始めます。

実際の開花状況を見ると、まだ色づく前の花があるもののすでに見頃になっている花房も結構ありますね。

 

6月中旬には遅れ気味だった花もしっかりと色づいて文句なしの見頃に。

ひっそりとした雰囲気の境内であじさいが咲く様子は、まるで京都のお寺に来たみたいな風情があります(^^*)

ここが杉並の住宅街の中だとは思えないほど趣たっぷり!

 

天候によってある程度前後することもありますが、妙法寺のあじさいは7月上旬あたりまでは楽しめます。

ただ、7月に入ると気温が高くなるので早めに散ってしまうこともあります。

なので6月のうちに見に行くといいですね♪

オススメは6月10日(日)~30日(土)までの約3週間です!

 

菖蒲の花とあじさいのコラボレーション

妙法寺は菖蒲(ショウブ)の名所としても人気があります。

ちょうどあじさいが満開になるのと同じ頃に菖蒲も見頃になるので、この時期は境内が花でいっぱいになるんですよ( ´v`*)

菖蒲の見頃は6月上旬から下旬にかけて。

あじさいと菖蒲の咲き乱れる景色はまさに絶景ですよ~♪

妙法寺の御朱印

寺社仏閣を訪れたら手に入れたくなるのが御朱印ですね♪

もちろん妙法寺でも御朱印をいただくことができます。

御朱印は「妙法」「厄除け祖師」「南無妙法蓮華経」の全部で3種類

好きなものを選んでお願いすれば快く受けてくれますよ(^O^)/

【妙法寺の御朱印】

〜初穂料〜 300円

〜場所〜  祖師堂内納経所

スポンサードリンク

妙法寺へのアクセス

・東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」より徒歩10分

・都バス/京王バス「堀ノ内停留所」より徒歩5分

①宿91(新宿駅西口9番乗り場~新代田駅行)

②渋66(JR阿佐ヶ谷駅前~渋谷駅行)

③高46(JR高円寺駅南口~佼成病院行)

※駐車場あり

 

さいごに

妙法寺のあじさい、いかがでしたか?

かなりの穴場スポットなので混雑することなく、あじさいのお花見ができるのは嬉しいですね。

菖蒲の花とのコラボもものすごくキレイなので、梅雨時のデートにはかなりオススメ!

ぜひ妙法寺で咲き乱れるあじさいと菖蒲を楽しんでくださいね♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です