多摩川台公園のあじさい園2018!見頃や開花状況、駐車場も紹介!

「多摩川台公園は3000株のあじさいが咲き乱れる名所!」

 

名前の通り多摩川沿いの高台にある多摩川台公園

園内にはあじさい園があり、毎年6月になるとカラフルのあじさいが満開になる隠れたのあじさいの名所です!

これだけのあじさいがあるのに観光客にはあまり知られていないのでかなりゆったりお花見ができるのも嬉しいポイント^^

園内の落ち着いた雰囲気も相まって、梅雨時のデートコースにはピッタリのスポットです♪

今回はそんな多摩川台公園のあじさい園の見頃や見どころ、駐車場などアクセス情報も紹介していきます!

スポンサードリンク

多摩川台公園のあじさい 2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から♪

~見頃~   6月中旬~7月初旬

~開園時間~ 常時開園

~入園料~  無料

~場所~   〒145-0071 東京都大田区田園調布1-63-1

それでは多摩川台公園のあじさいを詳しくみていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

多摩川台公園のあじさい 2018年の見頃・開花状況

~開花~ 6月上旬~7月上旬

~満開~ 6月中旬~7月上旬

例年、多摩川台公園のあじさいが開花を始めるのは6月上旬から

2017年の開花状況はというと、しっかり6月上旬から咲いていますね^^

ただ、まだホントに咲き始めという状態なので色づきも物足りないかも。

より本格的な見頃になってくるのは6月中旬になってからです。

 

6月中旬になるとほとんどのあじさいが花開き、色もしっかりと出てきます。

カラフルな色合いもそうですが、よく見ると花の形も色々とあってじっくり眺めていても飽きないキレイさですよ~^^*

 

多摩川台公園のあじさいは7月上旬くらいまでは見頃が続きます。

とはいえ7月になると気温も上がって花持ちも悪くなるので、6月いっぱいか7月初めくらいまでならキレイなあじさいが楽しめるはずですよ(^^*)/

なのでオススメは6月15日(金)~7月5日(木)までの約3週間!

 

多摩川台公園のあじさい園は混雑する?

季節のお花見というと何かと混雑がつきもののイメージがありますが・・・

多摩川台公園のあじさい園はシーズンになってもほとんど混み合うことがありません。

 

公園の広さもそこそこあるし、お花見に来るのは地元の人が中心なので結構空いていることが多いですね♪

多摩川沿いにあり普段から静かな雰囲気なので、デートで行くのにはピッタリですよ^^

スポンサードリンク

富士山も一望できる見晴らし台

多摩川台公園にある見晴らし台はなかなかの絶景スポットとして有名な場所です。

公園の一番高いところにあって視界を遮るものがないので、天気がいいと富士山も見えますよ!

 

多摩川台公園へのアクセス

電車

・東急東横線/多摩川線「多摩川駅」より徒歩5分

 

駐車場

【①リパーク田園調布1丁目第5】

~台数~   3台

~料金~   (7時-21時)200円/30分、(21時-7時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒145-0071 東京都大田区田園調布1-30-7

【②パカラ田園調布第3】

~台数~   5台

~料金~   200円/30分、24時間最大1,200円

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒145-0071 東京都大田区田園調布1-31

【③リパーク田園調布1丁目第4】

~台数~   4台

~料金~   (7時-20時)200円/30分、(20時-7時)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒145-0071 東京都大田区田園調布1-8-18

 

さいごに

多摩川台公園のあじさい園、いかがでしたか?

普段はひっそりとした雰囲気の園内も、あじさいが満開になると一気に華やかなムードに包まれます。

それでも混み合うことはほとんどないので、ゆったりとあじさいを満喫するにはちょうど良い場所ですよ!

ぜひ多摩川台公園でカラフルなあじさいを楽しんでくださいね♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です