六義園のつつじ2018!開花状況や人気スポットつつじ茶屋も紹介!

「六義園は桜だけでなくつつじもキレイな人気お花見スポット!」

 

六義園といえば幻想的な枝垂桜のライトアップが有名ですよね。

でも六義園のお花見は桜だけで終わりじゃないんです!

と言うのも、桜のあとにはつつじが見ごろを迎え、色とりどりのキレイなつつじのお花見が楽しめるんですよ♪

カラフルで美しい花が楽しめるのに、桜ばかりが注目されがちなのでつつじの名所としてはあまり知られていない結構な穴場!

なので、連休のお花見デートにはぴったりのスポットなんです^^*

今回はそんな六義園のつつじの開花状況や見ごろ、人気スポットのつつじ茶屋や駐車場などのアクセスまでたっぷりと紹介していきます!

スポンサードリンク

六義園のつつじ 2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から!

~見ごろ~  4月下旬~5月上旬

~開園時間~ 9時~17時(入園は16時30分まで)

~入園料~  一般300円、65歳以上150円 ※5月4日(みどりの日)は無料

~場所~   〒113-0021 東京都文京区本駒込6-16-3

それでは六義園のつつじを詳しくチェックしていきましょう٩( ‘ω’ )و

 

六義園のつつじ 2018年の見ごろ・開花状況

~開花~ 4月中旬~5月上旬

~満開~ 4月下旬~5月上旬

お花見の賑わいがひと段落する4月中旬、六義園では桜に代わって今度はつつじが咲き始めます。

2017年の開花状況を見ると、4月18日の時点でそこそこ咲き始めてますね♪

とはいえまだつぼみが多いので、見頃はもう少し後になってからという感じ

 

4月下旬に入るとかなり花が目立つようになってきます。

木によって差はあるものの、中には葉っぱが見えないほどに満開になっている木も!

だいたい目安としては4月20日くらいから見頃が始まって5月上旬、ゴールデンウィーク中まで満開のつつじが楽しめますよ^^

 

赤系の色を中心に紫や白といったカラフルな色合いが本当にキレイですね( ´v`*)

今年の見頃も例年通り4月下旬から5月上旬になる見込みで、特にオススメは4月25日(水)~5月6日(日)までの約2週間です!

六義園の人気スポット「つつじ茶屋」

六義園のつつじは園内の北~西側を中心にあちこちに植えられているので、好きな場所で見ることができます。

園内にはいくつかの茶屋があり、座りながらゆっくりと花々を眺めるにはいい場所です。

(“茶屋”といっても喫茶店みたいなものではなく、ベンチのある小屋のようなもの)

 

その中でも特に見晴らしの良いスポットとして人気なのが「つつじ茶屋」

公園の北側、高台の上にあるので園内の景色が一望できるんですよ♪

 

もちろん茶屋の周りにはつつじの木があってお花見ができるし、近くには小川も流れてなんとも風情たっぷり。

園内を散策しながら、ここで一息つきながらお花見をするのがオススメです^^*

 

つつじのシーズンは混雑する?

花の名所というと何かと悩まされるのが「混雑」

つつじならそこまででもなさそう、なんて思うかもしれないですが・・・

同じく東京のつつじの名所として有名な根津神社の様子がコチラ↓

・・・٩( ‘ω’ ;)و

人多い!!!

 

特にゴールデンウィークになると境内の外まで順番待ちの列ができることも珍しくないです。

これを見ると六義園の混雑具合も気になりますよね。

結論から言うとそこまで混み合うことはないですよ!

と言うのもつつじの名所といえば根津神社が有名すぎて、六義園は意外と知られていない穴場スポット的な存在になってます。

もちろん週末や連休になれば人は増えるものの、順番待ちになるようなことはありません。

なので、じっくりと花を見たり落ち着いてデートを楽しむのにはちょうどいいですよ^^

ただ唯一、入園料が無料になる5月4日(みどりの日)だけは来園者が増えるので注意が必要です!

スポンサードリンク

六義園のつつじ 現在の開花状況

4月上旬現在、早咲きのつつじが咲き始めています!

ただ、今は早咲きの一部の品種だけなので本格的な見頃は例年通り4月中旬以降になりそうですね。

 

つつじを見るなら根津神社も見逃せない!

↑でちょっと触れた根津神社

実は六義園からもかなり近い場所にあるんです。

関東でも有数のつつじの名所なので、週末になるとすごい混雑にはなるんですが・・・

それでも、やっぱりつつじの美しさと見応えはピカイチ!!

 

六義園でつつじを見るなら根津神社にもよって行くのがオススメですよ〜^^

根津神社のつつじも詳しく紹介しているので、あわせてチェックしてみてください♪

 

六義園へのアクセス

電車

・JR山手線、東京メトロ南北線「駒込駅」より徒歩6分

・都営三田線「千石駅」より徒歩10分

・JR山手線、都営三田線「巣鴨駅」より徒歩14分

 

駐車場

六義園には駐車場がないので、周辺のコインパーキングなどを利用することになります。

ただ、どこも台数が少なく料金も決して安くはないので、よっぽどのことがない限りは電車で行くながオススメですよ。

【①東洋カーマックス六義園駐車場】

~台数~   4台

~料金~   (7時-22時)200円/20分、(22時-7時)100円/60分、12時間最大1,800円

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒113-0021 東京都文京区本駒込6-14-23

【②エコロパーク本駒込第3】

~台数~   3台

~料金~   (8時-22時)200円/30分、(22時-8時)100円/60分、12時間最大1,700円

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒113-0021 東京都文京区本駒込6-14-22

【③タイムズ本駒込第15】

~台数~   12台

~料金~   (8時-22時)300円/30分 ※最大1,200円、(22時-8時)100円/60分 ※最大400円

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒113-0021 東京都文京区本駒込6-13

 

さいごに

六義園のつつじ、いかがでしたか^^

どうしても桜ばかりが注目されがちな六義園ですが、つつじの花もかなり見ごたえがってキレイですよ~

しかも、そこまで知られていないと言うこともあってあまり混雑しないと言うのも嬉しいですね!

今年の連休は六義園で満開のツツジを楽しんでくださいね♪

『つつじを楽しむならこちらもオススメ!』

>>東京つつじ祭りの名所2018!オススメスポット5選の見頃や開花状況を紹介!

>>神奈川つつじの名所2018!人気&穴場スポット4選!開花情報や見ごろも解説

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です