妙福寺の藤まつり2018!ライトアップもある銚子市のお花見の名所!

「妙福寺はライトアップもある藤の名所!」

 

銚子駅直ぐそばにある妙福寺

境内には「臥龍の藤」と呼ばれる藤の古木があり、春には迫力のあるお花見ができるんですよ!

見頃を迎える4月下旬からは夜のライトアップもあるので、連休のお花見デートにもオススメ♪

今回はそんな妙福寺の藤の見頃や藤まつりの見どころを紹介します!

スポンサードリンク

妙福寺の藤 2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から!

~藤まつり~ 5月5日(土)~6日(日)

~見頃~   5月初旬~中旬

~拝観時間~ 24時間

~拝観料~  無料

~場所~   〒288-0811 千葉県銚子市妙見町1465

それでは妙福寺の藤を詳しく見ていきましょう♪

 

妙福寺の藤 2018年の見頃・開花状況

~開花~ 4月下旬~5月中旬

~満開~ 5月初旬~中旬

毎年妙福寺の藤が咲き始めるのは4月下旬から。

2017年の開花状況を見ると、4月24日ごろには少しずつ咲き始めています。

 

この段階ではまだ咲き始めたばかりなのでつぼみの方が圧倒的に多く、見頃というにはまだ早いですね。

5月に入るとぐんぐん開花が進みます

 

だいたい5月中旬くらいまでは咲いているので、ゴールデンウィーク中はキレイな藤が楽しめるはずですよ♪

オススメは5月3日(木祝)~15日(日)までの約2週間です!

 

ライトップもある妙福寺の藤まつり

妙福寺では藤の開花に合わせて藤まつりが開催されます。

ここではお祭りの2大イベントを紹介します!

 

ライトアップ

4月下旬からは、夜になると藤のライトアップが行われます。

桜だとライトアップイベントはたくさんあっても藤のライトアップはなかなかないですよね。

満開になった藤棚のライトアップはとても幻想的!

ロマンチックな雰囲気満点なのでデートにはオススメですよ~(^O^)/

~期間~ 4月下旬~5月上旬

~時間~ 18時~21時

 

神輿の渡御

5月6日の日曜日には神輿も担ぎ出されます。

藤まつりなので担いでる人が着る半纏も藤色でキレイ!

~日程~ 5月6日(日)

~時間~ 13時~ ※雨天中止

 

臥龍(がりゅう)の藤

妙福寺の藤は別名「臥龍の藤」とも呼ばれています。

樹の根元が、まるで龍が寝そべっているように見えることからこの名が付いたんだとか。

もともとは京都御所の中に植えられていたんですが、妙福寺が創建された時にここへ移植されました。

 

樹齢は750年以上と言われ、満開になると花房は2m近くにもなるんですよ!

その姿はとても迫力があって見応えも十分♪

一度は見ておきたい見事な藤の樹です^^*

スポンサードリンク

妙福寺の御朱印

これが妙福寺の御朱印です!

 

藤のデザインのオリジナル御朱印帳もありますよ♪

出典:妙福寺公式サイト(http://www.myokensama.jp/)

 

妙福寺へのアクセス

電車

・JR総武本線、銚子電鉄「銚子駅」より徒歩3分

 

駐車場

【①コインパーク銚子駅前】

~台数~   39台

~料金~   100円/60分、駐車後24時間最大500円

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒288-0045 千葉県銚子市西芝町2-2-28

【②銚子駅前駐車場】

~台数~   78台

~料金~   200円/90分、100円/以降60分毎

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒288-0045 千葉県銚子市三軒町16-11-12

 

さいごに

妙福寺の藤、いかがでしたか?

関東には藤の名所がたくさんありますが、ライトアップをしているところは珍しいですね。

花の色合いがより引き立ち、幻想的な雰囲気でとてもキレイですよ( ´v`*)

ぜひ妙福寺の藤まつりを楽しんでくださいね♪

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です