新宿御苑の藤の花2018!見頃や開花状況に藤棚の位置まで徹底紹介!

「新宿御苑は藤の花も見れるお花見の名所!」

 

桜をはじめ季節の花で1年を通して沢山の人が訪れる新宿御苑

ほとんど知られていないですが、春には藤のお花見も楽しめるんですよ

本格的な日本庭園と藤の花のマッチングは見事です^^*

でも、公式サイトを見ても藤の花のことは書いてないし、もちろんどこで見れるかもわかりません・・・

そこで!今回は新宿御苑の藤の花の見頃や開花状況に加え、藤棚のある場所までしっかりと紹介してきます!

スポンサードリンク

新宿御苑の藤 2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から!

~見頃~   4月下旬~5月上旬

~開園時間~ 9時~16時30分

~入園料~  一般200円、小中学生50円

~場所~   〒160-0014 東京都新宿区内藤町11

それでは新宿御苑の藤の花を詳しく見ていきましょう♪

 

新宿御苑の藤 2018年の見頃・開花状況

~開花~ 4月中旬~5月上旬

~満開~ 4月下旬~5月上旬

例年、新宿御苑の藤棚が咲き始めるのは4月中旬から

開花から1週間ほど経つと5分咲きくらいになります。

見頃にはまだちょっと早いですかね^^;

4月下旬~末頃になると新宿御苑の藤もすっかり満開♪

藤らしい上品な紫色の花がとてもキレイですよ( ´v`*)

本格的な日本庭園と藤の花が見事にマッチしていて雰囲気もバッチリ!

ゴールデンウィークの間は満開が続くので5月上旬までが見頃です。

オススメは4月25日(水)~5月6日(日)までの約10日間です!

 

新宿御苑の藤棚の位置は?

新宿御苑の藤棚の位置は公式サイトにも載っていないので、知らずに行くと絶対迷います!笑

なので新宿御苑の藤棚の場所をマップで作ってみました。

「新宿門」「旧新宿門」「大木戸門」の3か所からのルートも載せておいたので、お花見に行くときの参考にしてくださいね^^

スポンサードリンク

遅咲きの桜につつじも楽しめる!

新宿御苑といえば東京随一の桜の名所としても有名ですよね。

特に藤が咲き始める4月中旬は、ちょうど遅咲きの珍しい桜も見頃を迎えるので一緒にお花見が楽しめるのも新宿御苑ならでは。

桜についても詳しく紹介しているので、あわせてチェックしてみてくださいね♪

>>新宿御苑の桜2018!開花状況・見頃、アクセスにオススメランチまでまとめてご紹介!

 

新宿御苑へのアクセス

新宿門・旧新宿門

・JR、京王線、小田急線「新宿駅」南口より徒歩10分

・西武新宿線「西武新宿駅」より徒歩15分

・東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」出口1より徒歩5分

・東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」E5出口より徒歩5分

・都営新宿線「新宿三丁目駅」C1/C5出口より徒歩5分

 

大木戸門

・東京メトロ「新宿御苑前駅」出口2より徒歩5分

 

さいごに

新宿御苑の藤の花、いかがでしたか^^

桜の花ばかりが有名ですが、上品な藤の花もとてもキレイですよね。

同時に遅咲きの珍しい桜も見られるのも贅沢!

ぜひ新宿御苑で藤と桜のお花見を満喫してください♪

『藤の花を楽しむならこちらもオススメ!』

>>東京藤の名所2018!藤棚の人気スポット3選!見頃や開花時期も紹介

>>神奈川の藤の名所2018!オススメスポット3選!見頃や開花状況を紹介

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です