国立劇場の桜2018!見頃や開花状況を桜の種類ごとに詳しく紹介!

「国立劇場は珍しい品種の桜もたくさんあるお花見の隠れた名所!」

 

皇居周辺でお花見といえば千鳥ヶ淵靖国神社が有名ですよね。

でも実は「国立劇場」もお花見ができる隠れたスポットなんですよ(^O^)/

しかも他では滅多に見られないような珍しい種類の桜もあったりして、まさに知る人ぞ知る名所です。

遅咲きの桜も多いのでお花見に行けなかったとしても、ここならリベンジのお花見が楽しめます♪

かなりの穴場なので落ち着いた雰囲気でお花見デートには結構オススメ!

今回はそんな国立劇場の桜の見どころを種類ごとに詳しく紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

国立劇場の桜 2018年の基本情報

まずはサクッと見れる基本情報から!

~見頃~   3月下旬~4月下旬

~観覧時間~ 24時間

~料金~   無料

~場所~   〒102-8656 東京都千代田区隼人町4-4-1

それでは国立劇場の桜を種類ごとに詳しく見ていきましょう♪

 

国立劇場の桜 2018年の見頃・開花状況

『国立劇場の桜 2018年の見頃・開花状況』

・開花:3月中旬~4月下旬

『東京の桜 過去3年の開花日/満開日(気象庁発表)』

・2017年・・・3月21日 / 4月2日

・2016年・・・3月21日 / 3月31日

・2015年・・・3月23日 / 3月29日

はじめにもチラッと触れましたが、国立劇場には他ではあまり見られない珍しい種類の桜がたくさん!

遅咲きの品種もあるので4月下旬まで桜が咲いているのが特徴です。

ここでは代表的な6種類の桜を開花順に紹介してきます(^O^)

 

①駿河桜(スルガザクラ)

・開花:3月下旬~4月上旬

・満開:4月初旬~上旬

3月下旬ごろから咲き始める「駿河桜」

見た目はソメイヨシノによく似ていますが、大きく迫力のある花が特徴です。

開花してから約2週間後の4月上旬がいちばんの見頃ですよ!

 

②小松乙女桜(コマツオトメザクラ)

大好きな『小松乙女』 #桜 #国立劇場 #桜祭り #小松乙女 #花の写真館

吉原よしえさん(@kiharun33)がシェアした投稿 –

・開花:3月下旬~4月上旬

・満開:4月初旬~上旬

「小松乙女桜」も先に紹介した駿河桜と同じ頃に花をつける品種です。

満開の時期もほぼ同じ4月初旬から上旬にかけて。

花びらの先が濃いピンク色になるのが特徴で、まるで化粧をしたようでとっても可愛らしいですよ♪

 

③神代曙(ジンダイアケボノ)

・開花:3月下旬~4月上旬

・満開:4月初旬~上旬

「神代曙」は調布にある神代植物公園で発見された固有の品種です。

この桜も先の2つと同じく3月下旬から咲き始め、4月上旬になると満開に。

大ぶりでピンクの濃い花びらが印象的で、とても見応えのあるキレイな桜ですよ(^^*)

 

④仙台屋桜(センダイヤザクラ)

・開花:3月末~4月中旬

・満開:4月上旬~中旬

高知県の仙台屋というお店の庭にあったことから名付けられた「仙台屋桜」

花びらは大きめで丸っこい形をしていてなんともカワイらしい見た目です。

3月末ごろから開花して4月中旬ごろまで見頃をたのしめます。

 

⑤八重紅枝垂桜(ヤエベニシダレザクラ)

・開花:4月上旬~下旬

・満開:4月中旬~下旬

お花見シーズンが落ち着く4月中旬から見頃を迎えるのが「八重紅枝垂桜」

この桜の一番の特徴は開花が進むにつれて花の色が変化することです。

はじめはかなり恋ピンク色から始まり、日が経つごとに徐々に淡い色合いへ。

見る時期によってかなり見た目が変わるので、時期をずらしてまた見に来るのも面白いですよ!

 

⑥関山(カンザン)

・開花:4月中旬~下旬

・満開:4月下旬

国立劇場で最も遅く咲くのが「関山」です。

色が濃くボリュームたっぷりの花が特徴的で、多いと花びらが50枚以上なんてものも!

機構によっては5月に入っても咲いていることもあるので、遅めのお花見を楽しむのにはピッタリですね。

スポンサードリンク

国立劇場の近くにはお花見の名所がたくさん!

国立劇場のそばにはライトアップが有名な千鳥ヶ淵や標本木があることで有名な靖国神社など桜の名所がたくさんあります。

歩いても行ける距離なので桜の名所巡りをするのもオススメ♪

それぞれ詳しく紹介しているので、あわせてチェックしてみてくださいね^^

①千鳥ヶ淵

国立劇場から徒歩14分

>>千鳥ヶ淵 桜の開花状況2018!ライトアップにレストラン、お花見ルート!桜まつりのアクセスは?

②靖国神社

国立劇場から徒歩20分

>>靖国神社の桜祭り2018!屋台にライトアップ、標本木の開花状況、御朱印までご紹介!

③北の丸公園

国立劇場から徒歩20分

>>北の丸公園 桜の開花状況2018!ライトアップはある?宴会や混雑状況は?

 

国立劇場へのアクセス

・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」より徒歩5分

・東京メトロ有楽町線/半蔵門線/南北線「永田町駅」より徒歩8分

・東京メトロ丸ノ内線、JR総武線/中央線「四ツ谷駅」より徒歩15分

 

さいごに

国立劇場の桜、いかがでしたか^^

ここでしか見られないような桜がたくさんあるのは国立劇場の大きな魅力!

遅咲きの桜もあって4月下旬になってもお花見が楽しめるのはかなり嬉しいですよね。

桜の名所としては穴場度がかなり高めなので、落ち着いて桜を見るのにはかなりオススメ。

国立劇場で色とりどりの桜を満喫してくださいね♪

『東京のお花見ならこちらもオススメ!』

>>東京で遅咲きの桜が楽しめる名所10選2018!4月後半でも間に合う場所は?

>>東京の桜2018!ライトアップが綺麗な名所ランキング10選!

>>東京の桜2018!混雑知らずの穴場お花見スポットランキング7選!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です