深大寺 桜の開花状況2018!植物園でライトアップはある?人気の蕎麦屋も紹介!

「深大寺は都内でも隠れた桜の名所!」

 

最近国宝に指定されたことで、観光人気がさらにアップした深大寺

調布の観光地として結構有名ですが、桜の名所としては意外に知られていないかも?

そういう自分も数年前まで深大寺で桜が見られることは知らなかったんですけどね^^;;

境内や参道はもちろん、近くの神代植物公園でもたくさんの桜が見られるんですよ~

桜の種類が豊富なので、長い期間お花見が楽しめるオススメスポットです!

今回はそんな深大寺の桜の開花状況や夜桜の情報、オススメの蕎麦屋などたっぷりと紹介して行きます!

スポンサードリンク

深大寺の桜 2018年の概要

まずはサクッと見れる基本情報から♪

【深大寺】

~見頃~   3月下旬~4月中旬

~拝観時間~ 6時00分~17時00分

~拝観料~  無料

~場所~   〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-15-1

 

【神代植物公園】

~見頃~   3月中旬~4月下旬

~開園時間~ 9時30分~17時00分

~入園料~  大人500円、中学生200円、65歳以上250円 ※都内在住・在学中の中学生は無料

~定休日~  月曜日

~場所~   〒182-0017 東京突調布市深大寺元町5-31-10

 

添えでは深大寺の桜の見頃や開花状況を詳しく見ていきましょう!

 

深大寺の桜 2018年の見頃・開花状況

『深大寺の桜 開花状況・見頃』

・開花:3月下旬~4月上旬

満開は4月初めから上旬にかけて

『東京の桜 過去3年の開花日/満開日(気象庁発表)』

・2017年・・・3月21日 / 4月2日

・2016年・・・3月21日 / 3月31日

・2015年・・・3月23日 / 3月29日

 

深大寺には境内の他にも周辺にあるお茶屋さんなどにも様々な種類の桜があります。

その中でもやはりメインは最も本数が多いソメイヨシノですね。

 

例年、深大寺の桜が咲き始めるのは3月下旬から末ごろ

2017年は少し遅めの開花でしたが、それでも3月末には5、6分咲きくらいになって木が多かったです。

毎年そうなんですが、深大寺の桜は都内の主要なお花見スポットと比べるとだいぶ開花時期が早いですね。

 

4月に入って1週間もしないうちに境内や参道の桜はほぼ満開状態

 

2週目に入るとすっかり散ってしまい、葉桜というよりもはや葉っぱだけになってる場所もありますからΣ(°Д°;ハヤー

今年も開花時期は例年と同じ3月下旬から上旬の見込み。

特に3月31日(土)~4月8日(日)の約1週間がオススメ!

 

神代植物公園の桜 2018年の見頃・開花状況

『神代植物公園の桜 開花状況・見頃』

・開花:3月中旬~4月下旬

 

深大寺といえば、すぐそばにある神代植物公園もお花見スポットとして有名ですよ~

入園料はかかりますが園内にある桜は約60種750本!!

園内マップに桜の種類と場所が書いてあるんですが、もうわけわかんないことになってます笑

 

桜の名所は多い都内でもここまでの様々な品種の桜が見られるのは珍しいですね。

早咲きから遅咲きの桜まで本当に豊富なので、3月中旬以降なら常に何かしらの桜が満開になってます。

あまりにも種類が多いので全部というわけにはいきませんが、いくつか代表的な桜をピックアップして紹介していきますね^^

 

早咲きの桜

これは早咲きの「東海桜」という品種

もともと中国原産の桜との交配品種で、写真のように濃淡様々な花びらが混じっているのが特徴的

こちらはソメイヨシノによく似た「大島桜」

ソメイヨシノはこの大島桜を品種改良したものだから似ているのも当然なんですね^^

ちなみに桜餅の葉っぱは大島桜のものなんですよ~

 

中咲きの桜

このコロコロっとした花が特徴的なのは「神代曙」という桜

もとはアメリカから逆輸入されてきた「曙」という桜を神代植物公園で接ぎ木して育てていたら偶然誕生したのが「神代曙」です。

神代植物公園で生まれた、代表的な品種なんですよ♪

 

そしてこちらは定番の「染井吉野(ソメイヨシノ)」

もはや説明不要の桜の代表品種!

 

遅咲きの桜

濃いめのピンク色が特徴的なのは「八重紅枝垂桜」

お花見シーズンが落ち着いていた頃に満開になる品種で、つぼみが開くにつれてだんだんと淡い色へと変化するというちょった変わった桜です。

 

神代植物公園の代表的な桜を紹介しましたが、本当にずっと桜が咲いてますよね!

定番のソメイヨシノもいいですが、あえてここでは時期をずらして普段は見ない珍しい品種の桜を見るのもいいですよ(^O^)/

スポンサードリンク

深大寺や植物園でライトアップはある?

もはやお花見の定番にもなってる桜のライトアップ

幻想的な桜はロマンチックで、お花見デートには欠かせないですよね~^^

でも深大寺、神代植物公園とも夜のライトアップは行われていないんです。

残念!まぁしょうがないですね。

 

深大寺周辺は明かりも少なく夕方以降はお店もほとんど閉まってしまうので、ほとんど真っ暗。

ただ、参道にあたる深大寺前の道路は街灯もたくさんあるので夜桜見物はできますよ♪

 

余計な明かりが一切ないので、かえって夜の桜が引き立ちます。

これはこれで結構キレイなのでオススメ(^^)b

 

あと近いところで言うと、井の頭公園も夜桜見物している人が多いですね

>>井の頭公園の桜2018!開花状況や見頃は?ライトアップはある?

 

深大寺でオススメの蕎麦屋

深大寺の名物といえばそば!

参道にはたくさんのお店が並んでいるんですが、そのほとんどがそば屋さん

深大寺に来たらそば以外の食事はないんじゃないかってくらいそばだらけです笑

どこのお店も本格的な手打ちそばを出しているのでハズレはほとんどないです

※たまにはハズレもありますよ、もちろん^^;

その中で一番人気のお店と言ったらやっぱり「湧水」

 

深大寺の新名所「鬼太郎茶屋」

あと深大寺の人気スポットだったら「鬼太郎茶屋」は外せないですね。

 

作者の水木しげるさんが深大寺のある調布市に50年以上住んでいたことから、2003年にオープン

店内にはゲゲゲの鬼太郎のグッズがズラリ!

 

食事ができる喫茶店もあり、目玉のおやじやヌリカベをモチーフにした食事もあったりとなかなか面白い!(゚∀゚)

深大寺の隠れた人気スポットです♪

鬼太郎茶屋

~営業時間~ 10時00分~17時00分

~定休日~  月曜日

~TEL~   042-482-4059

~住所~   〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-12-8

スポンサードリンク

深大寺へのアクセス

①京王線調布駅(北口)より

14番バス乗り場

・深大寺行で終点「深大寺」下車、徒歩1分

・吉祥寺駅行/杏林大学病院行で「深大寺小学校前」下車、徒歩5分

13番バス乗り場

・吉祥寺駅行/三鷹駅行で「深大寺入口」下車、徒歩8分

 

②京王線つつじヶ丘駅(北口)より

・深大寺行で終点「深大寺」下車、徒歩1分

 

③JR吉祥寺駅(南口)より

6番バス乗り場

・深大寺行で終点「深大寺」下車、徒歩3分

・調布駅北口行で「深大寺入口」下車、徒歩8分

4番バス乗り場

・調布駅北口行で「深大寺入口」下車、徒歩8分

 

④JR三鷹駅より

3番バス乗り場

・深大寺行で終点「深大寺」下車、徒歩3分

5番バス乗り場

・調布駅北口行で「深大寺入口」下車、徒歩8分

 

さいごに

深大寺の桜、いかがでしたか?

お花見シーズンといえば4月上旬のイメージが強いですが、深大寺なら3月中旬から桜を見ることができますよ!

静かな雰囲気も相まって、ゆったりとお花見を楽しみたいと言う時にはぴったりのスポットです^^

お蕎麦も有名ですが、夕方の早い時間帯に閉まってしまうことが多いのでご注意を!

ぜひ深大寺の桜を満喫してくださいね♪

『東京のお花見ならこちらもオススメ!』

>>東京で遅咲きの桜が楽しめる名所10選2018!4月後半でも間に合う場所は?

>>東京の桜2018!ライトアップが綺麗な名所ランキング10選!

>>東京の桜2018!混雑知らずの穴場お花見スポットランキング7選!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です