多摩川の桜2018!開花情報やライトアップは?名所桜坂も紹介!

多摩川台公園は東京大田区にある公園で、桜の名所としても知られています。

3月下旬から4月上旬になると、約300本の桜が見頃を迎えたくさんのお花見客で賑わう穴場的スポットで、天気の良い日には展望広場から富士山も見ることができるんですよ。

園内には多摩川古墳群がありタイムスリップ気分も味わえたりと、近くには福山雅治の「桜坂」のモデルとなった場所があったりと結構見どころたっぷり。

住宅街近くの静かな公園なのでゆったりとお花見ができるとあって、デートスポットとしてもオススメ!

今回は、そんな多摩川台公園の桜2018の開花状況や見頃、ライトアップ、福山雅治の唄のモデルにもなった桜坂の情報などたっぷりとご紹介します。

<多摩川の桜2018の概要>

~開花時期・見頃~ 3月下旬~4月上旬

~料金~ 無料

~開園時間~ 24時間開放(入園自由)

~場所・住所~ 〒145-0071 東京都大田区田園調布1-63-1

~電話~ 03-3721-1951(公園管理事務所)

~アクセス~

・東急東横線・多摩川線「多摩川駅」より徒歩1分

<多摩川台公園の桜 2018年の開花状況や見頃>

多摩川台公園の桜の開花状況は、ほぼ都内の平均的な開花状況と同じ3月下旬から4月上旬にかけて。

気温や天候によって多少前後はあるものの、3月中旬から開花し始めます。

このころは1~3分咲きくらいで、まだまだつぼみの方が多いといった感じ。

3月下旬に入ると本格的に咲き始め、4月に入ると一気に8分咲き~ほぼ満開になっていきます。

4月最初の週末(4月1日)あたりが最も見応えのある桜を楽しめそうですね。

<ライトアップ>

お花見デートをする上で欠かせないのが「ライトアップ」

多摩川台公園では大々的なライトアップは行なっていないですが、園内には街灯が整備されているので夜桜見物はできます。

昼間とは違ったしっとりとした様子の桜は、なんとも幻想的。

夜になると人出も少なくなり、静かな雰囲気でお花見ができるのもいいですね。

<桜坂>

2000年に発売され、売り上げ200万枚の大ヒットを記録した、福山雅治が唄う「桜坂」

実は、そのモデルになったのが多摩川からほど近い大田区田園調布本町の桜坂です。

東急多摩川線の「沼部駅」から旧中原街道に沿って5分ほど歩くと桜坂があります。

坂の両側には桜並木があり、見頃になるとまさに桜のトンネルのような姿に。

曲のヒット以来、デートスポットとして人気になり、春にはカップルでいっぱいになります。

多摩川台公園に行った際にはぜひ桜坂にも立ち寄ってみてくださいね。

桜坂

場所 〒145-0072 東京都大田区田園調布本町19番

アクセス 東急多摩川線「沼部駅」より徒歩6分

<まとめ>

3月下旬から4月上旬にかけて300本もの桜が咲き誇る多摩川台公園。

落ち着いた雰囲気でお花見が楽しめる、隠れた桜の名所です。

近くには福山雅治の曲「桜坂」のモデルになった場所があり、定番のデートコースとしてカップルに大人気。

ぜひ、多摩川台公園でお花見を楽しんでくださいね。

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です