小石川後楽園 桜の開花情報2018!開花状況や混雑は?ライトアップ・屋台の出店はある?

小石川後楽園 桜の開花情報2018!開花状況や混雑は?ライトアップ・屋台の出店はある?

小石川後楽園は文京区にある庭園で、春にはお花見が楽しめる桜の名所でもあります。

園内には定番のソメイヨシノをはじめ、小石川後楽園のシンボル的存在のしだれ桜、ウコンザクラといった都内では珍しい品種もみられるとあって隠れた人気があるんですよ。

東京の中心部にありながら、落ち着いた雰囲気の中でお花見が楽しめるので、お花見デートを楽しみたいカップルにもオススメ!

そこで今回は、そんな小石川後楽園の桜2018の開花状況やアクセス、混雑具合などをご紹介していきます。

<小石川後楽園 桜2018の概要>

小石川後楽園の桜

~開花時期・見頃~

3月下旬~4月上旬

~料金~

大人 300円

子ども 無料

~開園時間~

9:00~17:00

3月18日~

~場所・住所~

〒112-0004

東京都文京区後楽1-6-6

~電話~

03-3811-3015(小石川後楽園サービスセンター)

<小石川後楽園へのアクセス>

・JR総武線「飯田橋駅」東口より徒歩8分

・東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」中央口より徒歩8分

東西線、有楽町線、南北線「飯田橋駅」A1出口より徒歩8分

・都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」C3出口より徒歩3分」

<小石川後楽園の桜、2018年の開花状況や見頃はいつ?>

小石川後楽園では桜の品種によって開花時期が変わってきます。

園を代表するしだれ桜はソメイヨシノよりも1週間ほど早く咲きはじめ、3月中旬から下旬にかけてが見頃。

園内には7本のしだれ桜があり、入り口正面にあるものが最も有名で、見事な花を咲かせます。

池のほとりにもしだれ桜があり、水面に映った姿はなんとも幻想的な雰囲気で一見の価値あり!

しだれ桜に続いて今度はソメイヨシノが3月下旬から4月上旬に見頃を迎えます。

本格的な日本庭園の中で咲くソメイヨシノは、他のお花見スポットとは違った風情ある姿が堪能できますよ。

<混雑>

小石川後楽園は国の特別名勝に指定されているので、お酒を持ち込んだり、レジャーシートを敷くことはできません。

そのため、園内は純粋に桜を楽しみに来ている人がほとんどで、他の公園のような人混みや宴会騒ぎもないですよ。

おかげで押し合いへし合いの混雑もなく、のんびりとお花見が楽しめます。

<まとめ>

国の特別名勝にもなっている小石川後楽園。

園内の桜の本数はそれほど多くはないものの、静かな雰囲気の中でじっくり桜を眺められるとあって、春のお花見デートにはもってこい!

ぜひ、小石川後楽園で春の訪れを感じてみてはいかがですか。

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です