鎌倉大仏(高徳院)の桜2018!見頃や御朱印、大仏の歴史、最寄駅・駐車場のアクセスも紹介!

鎌倉の大仏といえば、鶴岡八幡宮と並んで鎌倉のシンボル的観光地!!

 

大仏のあるお寺がある高徳院の境内には立派な桜の木が植えられていて、春になると見事な花を咲かせるとあって、人気のお花見スポットなんですよ!

高徳院がある長谷駅周辺は鎌倉の中でも絶品ランチが味わえるお店が多いエリア。

お花見デートで行くならかなりオススメの場所です( ´∀`)

今回はそ鎌倉大仏(高徳院)の桜 2018年の見頃や見どころの大仏、美味しいランチのお店などたっぷりとお伝えしていきます!

スポンサードリンク

鎌倉大仏(高徳院)の桜 2018年の概要

はじめに鎌倉大仏の桜、サクッと概要から!

~見頃~   3月下旬~4月上旬

~参拝時間~ (4-9月)8:00~17:30、(10-3月)8:00~17:00

~拝観料~  一般200円、小学生150円

~場所~   〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4-2-28

〜アクセス〜 江ノ電「長谷駅」より徒歩9分

 

それでは鎌倉大仏の桜について詳しく見ていきましょう♪

 

高徳院の桜 見頃はいつ?

#鎌倉大仏 #鎌倉 #g7xmarkii #canon #powershot #2017spring #大仏 #桜

kojicomさん(@hamaribros)がシェアした投稿 –

『鎌倉大仏(高徳院) 桜の見頃』

・開花:3月下旬~4月上旬

・満開は4月初め~上旬にかけて

 

『横浜 過去3年の桜開花日/満開日』

・2017年・・・3月26日 / 4月3日

・2016年・・・3月25日 / 4月6日

・2015年・・・3月23日 / 4月2日

 

鎌倉大仏のある高徳院の境内の桜が咲き始めるのは、毎年3月下旬ごろから。気象庁が発表する横浜市内の開花日とほぼ同じくらいですね。

3月中は3~5分咲きくらいがほとんどで、本格的な見頃になるのは4月に入ってからです。

 

4月になって気温が上がり始めるにつれて一気に8分咲きからほぼ満開になってきます。高徳院の境内は日当たりがいいので、天気がいいとあっという間に満開になりますよ!

オススメは4月1日(日)~8日(日)の約1週間のあいだ。

 

大仏と桜のコラボレーションが鎌倉らしさ満点!

全国に大仏はたくさんあっても、ここまで見事な桜と一緒に拝めるのは高徳院ぐらいじゃないでしょうか?

見頃の期間が短めなので、見逃さないようにしてくださいね!

 

鎌倉の大仏の規模や歴史

鎌倉の「顔」とも言える高徳院の大仏。

教科書や観光で一度は見たことがあっても、規模や歴史などについては意外と知らないことが多いのでは?

ということで、鎌倉の大仏さまについてちょっと詳しく見ていきたいと思います。

 

①大仏の高さや重さは?

鎌倉の大仏を初めて見たほとんどの人が「あれ?意外と小さいんだ」と思ったはずです。

僕も中学校の社会科見学で初めて見たときは思わず「小っちぇ!!」と叫んでしまいました(笑)

大仏さま、スミマセンm(_ _)m

 

鎌倉大仏の高さは像単体だと約11.3m、台座を含めると13.35mで、これは3階建てのビルと同じくらいの高さです。

重さは約121tで、乗用車(1.5t)に換算するとおよそ80台分。

こうしてみると「なんだかんだやっぱり大きいんだな」って感じますね。

 

よく比較対象にされる奈良・東大寺の大仏と比較してみました。

(カッコ内は東大寺の大仏の数値です。)

鎌倉と奈良の大仏比較

・高さ(台座含む)・・・13.35m(18.03m)

・仏身高     ・・・11.312m(14.98m)

・顔の長さ    ・・・2.35m(5.33m)

・仏体重量    ・・・121t(250t)

 

比べてみるとそこまでの差はないんですよね。やっぱり見る前の「どれだけ大きいんだろう」という期待感で勝手にハードル上げちゃってるのかも??w

 

②大仏の歴史

鎌倉の大仏については明確な資料が残っていないため、いつ、どういった目的で建造されたのかは今でもよくわかっていません。

ただ、鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」によれば1252年に造立が始まったとされています。

 

今では屋外で雨風にさらされている大仏ですが、初めは奈良の大仏と同じようにちゃんと大仏殿の中に安置されていました。

ところが、文学作品の「太平記」によると1335年に大風で大仏殿が倒壊、さらに「鎌倉大日記」には1369年にも倒壊した記述があります。

 

おかげですっかり青銅の色むき出しになってしまいましたが、昔は全身に金箔が貼られた荘厳な姿だったと言われています。

今でも右の頬をよーく見てみるとうっすらと金箔が残っているのが見えますよ!

 

③鎌倉の大仏は中に入れる!

鎌倉の大仏の一番の特徴は何と言っても“中に入れる”ことでしょう!

一般の参拝者でも拝観料20円を払えば入ることが可能です。

 

中に入ると全体に何本もの線が入っていて、大仏が何段にも分けて造られたというのがわかりますよ。

首のところだけが茶色く変色しているのは、補強のために塗られた繊維強化プラスチックの跡です。

 

想像できると思いますが、夏になると中は恐ろしく暑いので入るならそれ以外のシーズンにした方がいいですねw

スポンサードリンク

鎌倉大仏(高徳院)周辺のおすすめランチ3選!

鎌倉へお花見デートに行くなら、美味しいランチが食べられるお店はしっかりと押さえておきましょう!

おしゃれなカフェが多い高徳院周辺でおすすめランチ3選を紹介します。

 

①浮(Bouy、ブイ)

船や海にまつわるオブジャで装飾された店内が湘南の風情あふれる店内のカフェ「浮」

レトロな雰囲気あふれる店内はゆっくりとランチを楽しむにはちょうどいいですね。

 

ポークカレーやオムライス、ハンバーグ、ナポリタンなどシンプルだけどしっかりと手の込んだ料理は安定の美味しさ!

~住所~  〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-8-7

~定休日~ 第1・第3水曜日

~TEL~  0467-22-0110

 

②オルトレヴィーノ

おしゃれなヴィンテージの調度品が店内にあふれる「オルトレヴィアーノ」は本格的なイタリアンが味わえるレストラン。

 

高徳院から由比ヶ浜駅方面に5分ほど歩いた場所にあり、落ち着いた雰囲気でランチデート向きのお店です。

上質なパスタに肉料理とついついワインが欲しくなりますよ♪

~住所~   〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2-5-40

~営業時間~ 12:00~19:00

~定休日~  水曜日

~TEL~   0467-33-4872

 

③定食屋しゃもじ

鎌倉で定番のランチと言ったらやっぱり「しらす丼」ですよね!

 

オススメは看板メニューの釜揚げしらす丼。フワッと茹で上げられたしらすと周りに敷き詰められた岩海苔、そしてちょこんと添えられたおろし生姜が絶妙なマッチング!

他にも本格的な魚料理が沢山あるので、何度も来たくなるお店です。

~住所~   〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1-15-2

~営業時間~ (昼)11:30~15:00、(夜)17:00~21:00

~定休日~  火曜日

~TEL~   0467-24-5888

 

鎌倉大仏へのアクセス(最寄駅・駐車場)

鎌倉大仏(高徳院)へのアクセス方法をまとめたので、参考にどうぞ!

【電車】
・江ノ電「長谷駅」より徒歩7分

 

【バス】
・JR鎌倉駅東口より1番乗り場より江ノ島電鉄バス、または6番乗り場より京浜急行バスで「大仏前」下車すぐ

 

【駐車場】

高徳院には障害者用駐車場しかないので、周辺の駐車場やコリンパーキングを利用することになります。

アクセスに便利な駐車場をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

ただ、休日になるとどこの駐車場もすぐに埋まってしまうので、公共交通機関で行くのがオススメです!

①大仏前駐車場

~台数~   10台

~料金~   300円/30分

~営業時間~ 8~17時

~住所~   〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4-1

 

②リパーク鎌倉長谷

~台数~   19台

~料金~

・月~金:(8:00~18:00)200円/20分、(18:00~8:00)100円/60分

・土日祝:(8:00~18:00)500円/20分、(18:00~8:00)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2-13

 

③長谷駅前駐車場

~台数~   16台

~料金~   (9:00~22:00)200円/30分、(22:00~9:00)100円/60分

~営業時間~ 24時間

~住所~   〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2-16-7

 

さいごに

鎌倉大仏(高徳院)の桜を紹介しましたが、いかがでしたか?

鎌倉のシンボルである大仏と満開の桜が楽しめるとあって、湘南エリアでも随一の人気お花見スポットの高徳院。

美味しいランチランチが味わえるお店も沢山あるので、春のお花見デートにはぴったりですよ♪

ぜひ紹介した内容を参考に鎌倉の大仏で桜を楽しんでくださいね(^o^)/

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です