東慶寺の紫陽花2018!鎌倉のあじさいの名所 見ごろやアクセスは?御朱印や近くのカフェも紹介

鎌倉であじさいの名所といえば明月院や円覚寺、長谷寺が真っ先に思い浮かぶと思います。

一度行ったことがある人ならその魅力は十分にご存知でしょう。

 

そんな北鎌倉エリアで、もう一つ、あじさいを堪能できるオススメのスポットが東慶寺

北鎌倉駅からほど近く、アクセス抜群ながら意外と知られていないのか、混雑に巻き込まれることなく紫陽花を楽しむことができるんですよ♪

 

雨ばっかりであんまりデートに出かけられていない。

彼女もなんだかテンションダウン・・・そんな梅雨時、東慶寺のあじさいがちょうど見頃を迎えます。

キレイなあじさいを見れば、きっと彼女だって喜ぶこと間違いなしっ!( ̄∇ ̄)

 

ということで、今回は東慶寺のあじさい2018年の見頃やアクセス、人気の御朱印やデートにぴったりなおしゃれなカフェまで、たっぷりとご紹介していきます!

スポンサードリンク

東慶寺の紫陽花(あじさい)2018年の概要

まずは東慶寺のあじさい、基本情報からチェック!

~見ごろ~  6月中旬~6月下旬

~開門時間~ 8:30~16:30

~拝観料~  大人200円、小・中学生100円

~場所~   〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内1367

~アクセス~ JR横須賀線「北鎌倉駅」より徒歩4分

 

では東慶寺の紫陽花の見頃や見どころを詳しく見ていきましょう♪

 

東慶寺あじさいの見ごろ・開花状況

東慶寺あじさいの見頃

・6月上旬~7月上旬

満開は6月中旬~6月下旬(6月15日~6月30日あたりがオススメ!)

 

東慶寺では6月に入ると紫陽花が咲き始めます。その年によって若干前後することはあるものの、6月上旬のあいだは4~5分咲きくらいなので見頃というには少し早いですね。

 

例年、梅雨が本格的になる6月中旬になると8分咲き、下旬にはほぼ満開状態に。

7月に入ってもあじさいの花は楽しめますが、ピークはすでに終わりかな?という感じ。オススメは6月15日(土)~6月30日(土)です!

あじさいの鮮やかな色彩が、新緑の中に映えてすごくキレイ~!

東慶寺あじさいの見どころ


東慶寺に植えられているあじさいの数はおよそ330株。境内がそこまで大きくないことからすれば、結構な本数の紫陽花が見られます。

 

東慶寺のあじさいの特徴は何と言っても、その種類の多さ!

普通、あじさいといえばブルーや紫といった青系の色のイメージが強いですよね。

東慶寺のあじさいは定番の青系に加えて、白色を基調とした花がたくさん咲いています。真っ白のものもあればうっすらと水色やピンクがかったものもあったりして、本当に色とりどり。

 

よーく見ると、丸っこい物があったりちょっと尖ったのがあったりと、花の形もバリエーション豊か!

写真映えする花がとにかく多いので、ぜひカメラ片手にじっくりと眺めてみてください♪

 

北鎌倉であじさいというと、明月院が有名ですが、東慶寺も負けず劣らず豪華なあじさいが堪能できますよ。

その割に、意外と空いていることが多いので、のんびりとあじさいデートが楽しめるので結構オススメ!

 

あじさいの時期には、花菖蒲(ハナショウブ)もちょうど見頃を迎えています。花でいっぱいになった東慶寺、女の子は喜びますねぇ~( ̄∇ ̄)

スポンサードリンク

東慶寺の御朱印


最近にわかにブームになっている神社やお寺の御朱印。もちろん東慶寺でも御朱印をいただくことができます。

東慶寺の御朱印は全部で4種類。

・「釈迦如来」(御本尊)

・「聖観世音菩薩」

・「水月観音菩薩」

・「東国花の寺百ヶ寺」

 

御朱印の初穂料は各300円。特に何も言わないと御本尊の「釈迦如来」の御朱印になるので、もし希望するものがあるなら事前に伝えておきましょう。

御朱印所は入口(山門)を通ってすぐのところ。看板が立ってるのですぐ見つかるはずですよ。

東慶寺周辺のおしゃれなカフェで一息♪

デートに欠かせないものといえば、おしゃれなカフェ!!

インスタ映え抜群のカフェをおさえておけば、彼女のポイントも稼げること間違いなしw

ということで、東慶寺周辺のオススメカフェをご紹介!

 

立礼茶室 白蓮舎


白蓮舎は東慶寺境内、左手奥の菖蒲園のすぐ隣にある茶室です。

普段はお茶会や写経会、差し花などのイベントの時だけにしか使われない白蓮舎。2~3月の梅のシーズンと6月のあじさいのシーズンに限定で一般の参拝者にもお茶店が開かれ、抹茶と上生菓子を味わうことができます。

境内に咲き乱れるあじさいや花菖蒲を眺めながら、優雅な時間を満喫してみては?

 

狸穴Cafe(マミアナカフェ)


狸穴とは狸が住む穴ぐらのことで、狸穴カフェはまさにそんなイメージの隠れ家的カフェ。

建物は大正~昭和を彷彿とさせるレトロな雰囲気漂う店内は、とても居心地が良くてついつい長居をしてしまいます(´∀`)

どの料理も手の込んだものばかりですが、中でもオススメなのが1日30食限定のビーフシチュー。ホロホロにほぐれるまで煮込まれた牛肉は絶品!

〜住所〜   〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内403

〜営業時間〜 12:00〜18:30

〜定休日〜  無休

〜TEL〜   0467-33-4866

 

 

さいごに

北鎌倉の隠れたあじさいの名所「東慶寺」、いかがでしたか?

鎌倉を代表する花でもあるあじさい。東慶寺なら色とりどりの紫陽花をゆったりと楽しむことができますよ♪

おしゃれなカフェもたくさんる鎌倉。梅雨の時期こそ、彼女を連れて行きたい場所ですね^^

ぜひ、初夏の東慶寺に足を運んでみてください。

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です