六義園の桜2018!樹齢60年の枝垂桜のライトアップは必見!見頃や混雑回避法は?

六義園は都内でも有数のお花見スポットです。

 

桜の本数は40本ほどと少ないものの、毎年春になると20万人もの人が来園するほど人気があるんですよ~

その人気の理由は高さ15mもあるシダレザクラ!

圧倒的な存在感があり、かなりの迫力で見応えはかなりのもの。

夜に行われるライトアップでは、暗闇の中で満開の桜が照らし出され、なんとも幻想的!

今回は、そんな六義園の桜2018年の見頃や開花状況、シダレザクラのライトアップ情報などをご紹介します!

スポンサードリンク



六義園の桜2018年の概要

~開花時期・見頃~ 3月下旬~4月上旬

~料金~ 一般300円、65歳以上150円

~観覧時間~ 9:00~17:00(ライトアップ期間中は21:00まで)

~場所~ 〒113-0021 東京都文京区本駒込6-16-3

~アクセス~

・JR山手線、東京メトロ南北線「駒込駅」より徒歩7分

・都営地下鉄三田線「千石駅」より徒歩10分

 

 

六義園の桜2018年の見ごろ・開花予想

六義園で見ることができる桜は、ソメイヨシノと枝垂桜の2種類

それぞれ微妙に花期が違うので、それぞれチェックしておきましょう♪

 

枝垂桜

例年の見頃:3月中旬~4月上旬

オススメ:3月30日~4月4日頃

 

シダレザクラの見頃は少し早めの3月中旬から4月初めにかけて。

2017年は3月になっても少し寒かったせいか、開花が遅めでした。

 

例年ならだいぶ咲き始める3月下旬になってもまだつぼみばかり。

場所によっては花が咲いているところもあったんですが、それでも見頃はこれからという感じ。


3月25日頃になるとやっと花の数も多くなってきました。

気温が上がると一気に咲き始めるので、満開まではあともう少し!

スポンサードリンク



 


3月も最終日になるとやっと7~8分咲き。やはり例年よりは遅めでした。

つぼみがちょっと残ってる頃は、まだ咲いたばかりの花が多いので色も濃くかなりキレイですよ~!

 

4月1週目になると急に気温が上がったこともあって、一気に満開状態に!

 


もちろん天気や気温によっても変わりますが、4月の1週目なら満開になったシダレザクラを見ることができるはずですよ♪

 

ソメイヨシノ

例年の見頃:3月下旬~4月上旬

オススメ:4月1日~7日頃

 

六義園のソメイヨシノは例年3月下旬から4月上旬になると見頃を迎えます。

ちょうど東京の開花宣言が出る頃と同じですね。

 

ただ開花宣言がでても、見頃というにはちょっと早いです。

あくまで「咲きはじめましたよ~」というお知らせなので。

ここ数年の開花日と満開日から見ても、4月初めからの1週間(4月1日~7日)くらいがソメイヨシノの一番の見頃になりそうですね!

 

樹齢60年の枝垂桜は六義園のシンボル

日本の桜といえばソメイヨシノが定番。

都内のお花見の名所にある桜もほとんどがソメイヨシノです。

 

六義園にはもちろんソメイヨシノもありますが、ほとんどの人が目当てにしてくるのが枝垂桜だと思います。

都内にはたくさんの桜のスポットがあると言っても、ここまで立派な枝垂桜があるのは、六義園くらいじゃないですかね。

 

六義園のシダレザクラは幅約20m、高さ約15mと数字で見てもかなりな大きさです。

「これだけ立派な桜なら樹齢も相当なんじゃ?」と思うかもしれませんが・・・実はこの枝垂桜が植えられたのは戦後になってから。

なので、樹齢は60年くらいだと言われています。それでも十分すごいと思いますけどね(^^;)

 

そんな六義園のシダレザクラは何と言っても夜のライトアップが有名!

ライトアップ期間中は平日休日に関わらず、たくさんの人がその姿を一目見ようと訪れます。

スポンサードリンク



枝垂桜のライトアップ

期間:2018年3月21日(水祝)~4月5日(木)

時間:日没~21:00

 

毎年、枝垂桜の見頃に合わせて実施される夜のライトアップ。

もはや、説明は不要ですね。

 

門をくぐり抜けると突然暗闇の中から姿を現す枝垂桜。

他に明かりがないせいか、まるで夜空に浮かんでるんみたい。

映像で見ていても、神秘的な雰囲気が十分に伝わってきますね!

 


日中とはまた違ったしっとりとした雰囲気

ライトに照らされてより際立った花びらの色合い

本当にキレイですねー!!( ´ ▽ ` )

そしてみんな写真撮るのうま過ぎー(笑)

 

六義園のお花見で混雑を避けるには

シダレザクラのライトアップが有名な六義園。

「やっぱり混雑するの?」

もちろん!かなり混みますよ!(笑)

 

ライトアップ期間は2週間ほどあっても、枝垂桜が見頃になるのは後半の1週間

当然、人出もその頃に集中します。


映像だと夕方→夜と移り変わっていきますが、暗くなればなるほど人が増えてます∑(゚Д゚)

ちなみにこれ、平日の様子です。

 

休日ともなればこの比じゃありませんΣ(゚д゚lll)

ライトアップを見に行くときは、もうある程度の混雑は覚悟しておいてくださいw

 

そうはいってもちょっとでも混雑は避けたい!ですよね?

そこでオススメなのが20時以降の時間帯

それ以前の時間帯(18:00~19:30)はちょうど日没に仕事終わりが重なるタイミングなので、混雑はピークに。

 

逆にピークを過ぎると比較的スムーズにお花見ができます。

特に次の日が平日となれば、仕事があるのでみんな早めに帰りはじめます。

あとは駒込駅に近い染井門よりも正門のほうが空いているので、そちらから入園するのもオススメです!

 

さいごに

樹齢60年の枝垂桜が有名な六義園。

夜にはライトアップが行われ、見頃になる4月初めにはかなりの人で混雑します。

それでも、一目見る価値はアリ!

ぜひ、この春は一度六義園に足を運んで見て下さいね。

『東京のお花見ならこちらもオススメ!』

>>東京の桜2018!ライトアップが綺麗な名所ランキング10選!

>>東京の桜2018!混雑知らずの穴場お花見スポットランキング7選!

>>東京で遅咲きの桜が楽しめる名所10選2018!4月後半でも間に合う場所は?

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です