二日酔いの頭痛の治し方!原因は何?頭痛薬は飲んでいいの?

1週間の仕事が終わった金曜日の夜に飲むビールって最高ですよね~!

嫌な上司や仕事のトラブルも全部アルコールが全部流してくれるって感じです(笑)

 

でも、つい調子にのって飲みすぎると次の日、二日酔いで「頭いてぇ~」

そうなると何もする気が起きなくて、一日気分も最悪( ´Д`;)

 

あの苦しみから解放される手段はないのか・・・

てか、そもそもなんでお酒飲むと頭が痛くなるんだろう?

 

改めて考えると「そういえばよく知らないぁ」と思い、せっかくなので色々調べてみました。

今回は、二日酔いで頭痛が起こるメカニズムから治し方までご紹介していきます。

ただ、治し方も紹介するだけじゃ脳がないので、実際にお酒を飲んでその効果を検証してみました!

スポンサードリンク

二日酔いってなぜ起こる?

そもそも二日酔いってどうして起きるんだろう?

二日酔いになることはあっても、そのメカニズムまでは普通知らないですよね。

 

なんとなく飲んだお酒の量が多すぎて、まだアルコールが残ってるからじゃないかな、と思っていましたが、どうやら違うようです

 

そもそも人がアルコールを飲んでそれが分解されるまでには3つのステップがあります。

まずアルコールを飲むと、体の中にある酵素がアセトアルデヒドという物質へと分解します。

そのアセトアルデヒドは、また別の酵素によって酢酸へと分解。

最後に、酢酸は水と二酸化炭素になって体の外へと出て行きます。

 

アルコールが分解されて最初に出てきたアセトアルデヒドは毒性が強く、これこそが二日酔いの原因なんです。

普通なら、この流れの中で二日酔いは起きないのですが、自分のアルコール分解能力以上のお酒を飲むと分解作業が追いつかなくて、翌日あの不快な頭痛が起きるんですね。

 

二日酔いで頭痛が起きる3つの原因

二日酔いのプロセスがわかったところで、今度は頭痛が起こるメカニズムを見ていきましょう。

 

原因その1:脱水症状

お酒を飲んでると、何度もトイレに行きたくなりますよね。

これはアルコール自体に利尿作用があるから。

 

特にビールはその効果が強くて、1リットルのビールを飲むと1.1リットルの水分が失われるそうです。

つまり飲めば飲むほど、どんどん体がカラカラになっていくわけですね。

 

脱水状態になると、少しでも水分を運ぼうと血管が膨張します。

すると、膨張した血管が頭の神経を圧迫して、あのズキズキとした頭痛が引き起こされます。

 

原因その2:アセトアルデヒド

先ほど二日酔いの原因で登場したアセトアルデヒド。

実はこれも頭痛の大きな原因の一つなんです。

 

というのも、アセトアルデヒド自体に血管を膨張させる作用があります。

そのせいで、脱水状態の時と同じように血管が神経を圧迫して頭が痛くなります。

 

原因その3:そもそも飲むことで痛くなる

二日酔いになる前に、頭痛が起きる人もいるかもしれませんね。

そういう人はそもそもお酒が弱くて、一刻も早くアルコールを体の外に出そうと体が血管を広げて、血流を促進します。

それで、上の2つと同じように神経を圧迫して頭痛につながります。

 

二日酔いの頭痛の治し方

二日酔いで頭が痛いと、とにかく動きたくないし、何もする気が起きない・・・

1秒でも早くこの不快感から解放されたい!

 

ということで、二日酔いの頭痛を治す方法、どれが一番効果があるのか?

自ら体を張って(笑)検証してみました。

 

ちなみに効果を確かめるに当たって飲んだお酒の量は

・ビール1缶(350ml)

・ハイボール3杯(約900ml)

・赤ワイン1本(750ml)

 

※マジメに二日酔いをに効く方法を調べるのが目的で、ただお酒が飲みたかったわけじゃないですよ(笑)

 

治し方その1:水分補給

お酒で気分が悪くなったらまず水分補給!

ということで、二日酔いにも効果はあるのか?

 

結論、効果ありです!

先ほども紹介した通り、頭痛の大きな原因の一つは体が脱水状態になっていることでしたよね。

じゃあ、それを解消してあげるには単純に水分を摂取すればいい。単純です。

 

今回は1.5Lのスポーツドリンクを15分くらいかけて飲みました。

そのあとしばらくは座った状態を維持。

すると、飲み干してからだいたい30分くらいすると徐々に痛みが治まってきました

 

ただ、これはあくまで僕の場合です。

当然、アルコールの分解能力には差があるので、これよりも少なくてもいい人もいれば、もっと飲んでも時間がかかる人もいると思います。

 

とはいえ、水分補給は効果があるというよりも絶対に必要なことなので、二日酔いになったらまずはできるだけ早く水分補給をしましょう!

できれば水よりもスポーツドリンクの方が吸収効率がいいのでオススメです!

 

治し方その2:頭痛薬を飲む

頭痛なんだから頭痛薬飲めば治るでしょ!

頭痛にバファリン♪

ということで、頭痛薬の定番「バファリン」を服用しました。

 

当たり前ですが、鎮痛効果があるので、飲んで30~1時間くらいでかなり痛みが引きましたね。

とにかく痛すぎて辛い!という時は、素直に薬に頼るのもアリですよ。

 

治し方その3:ツボを押す

これは初めて知りました。

二日酔いに効くツボがあるんですね。

効果のほどはというと、頭痛に効くー!という実感はないですが・・・

純粋にマッサージしてると気持ちよくてリラックスできるって感じですね。

 

あと、お腹をマッサージすることになるので、お酒で疲れた肝臓を回復させるには良さそう!

でも、頭痛いとマッサージすらめんどくさいので(笑)、水分補給や薬を飲んだ後に併せてやるとより効果がありそうですね。

 

さいごに

今回は、二日酔いの頭痛の原因から治し方までまとめて紹介しました。

痛みを取る3つのやり方を紹介しましたが、個人的には水分補給が一番のオススメ。

 

やっぱり根本から治すには原因を考えても、これがベストだと思います。

頭痛が起きてしまったら仕方ないですが、やはりお酒は適量にしておくのが一番。

 

「酒は飲んでも飲まれるな」

羽目を外しすぎず、お酒は程よく楽しみましょう。

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です