かき氷を食べるとキーンとなる原因は?キーンとしない方法も!

暑ーい夏に食べたくなるものと言ったら、そう!かき氷!

見た目にも涼しげで、まさに夏の風物詩ですよね。

 

そんなかき氷を一気に食べた時「キーン」と頭が痛くなったことは誰もが一度は経験したことがあるんじゃないでしょうか?

冷たいものを食べた時のあの「キーン」

一体どうして起こるんでしょうか?

そして、あの痛みを解消する方法は?

 

今回は、そんなちょっと気になる「キーン」の正体についてみていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

「キーン」にはちゃんと名前があった!

かき氷を食べると起きるあの「キーン」と走るあの頭痛。

あれにはちゃんとした名前があるんです。

 

その名も「アイスクリーム頭痛」

・・・まんまかよ!(笑)

冗談みたいな名前ですけど、れっきとした医学的な正式名称なんですよ。

 

国際頭痛学会(←そんなものがあるなんて知らなかった)では、アイスクリーム頭痛は「寒冷刺激による頭痛」に分類されるそうです。

・・・いや、だからまんまじゃん!(笑)

 

キーンとなる原因は?

アイスクリーム頭痛という名前がわかったところで、気になるのはその原因。

冷たいものを食べたらなるのは、誰もが体験してるからわかってるけど、じゃあなんで冷たいもので頭が痛くなるのか?

 

実のところ、アイスクリーム頭痛が起こるメカニズムはよくわかっていないんです。

その理由は、発症しても数分で痛みが消えてしまうから。

 

ですが、今のところ有力な説が2つあるので、ご紹介します。

 

まず一つ目が頭の血管が炎症を起こしているというもの。

冷たいものを食べると口の中の温度が急激に下がります。

それを感知した脳が反射的に体温を上げるために、血流を増やそうと血管が膨張

すると、急に増えた血流によって一時的に頭の血管で炎症が起こり、これが頭痛の原因になっているというもの。

 

二つ目は三叉神経を刺激することで起きるという説。

三叉神経とは上顎と下顎、眼の3つに繋がっている神経のことで、脳神経では一番大きな神経担っています。

冷たいものを急に飲み込みと、この三叉神経が刺激されて脳にその信号が伝わります。

その時、喉で起きてる刺激を頭痛だと脳が勘違いすることでアイスクリーム頭痛になるというのが二つ目の説です。

 

キーンとしない方法

あの不快な「キーン」を防ぐ方法があります。

 

①ゆっくり食べる

アイスクリーム頭痛は急激な温度変化が原因で起こります。

逆に言えば、それさえ防げればアイスクリーム頭痛を予防することができるわけです。

一気に食べようとしないで、ちょっとずつゆっくりと食べれば、キーンとせずに済みますよ。

 

②同時に温かいものを食べる

暑いから冷たいもの食べてるのに、あったかいもの食べるんかい!と突っ込まれそうですが(笑急激に冷えるのが原因なので、温めれば当然痛みは解消します。

 

キーンとなった時の対処法

もしアイスクリーム頭痛が起きてしまったら、おでこやこめかみを冷やしてみてください。

かき氷の器を頭に当てるのがちょうどいいと思います。

頭を冷やすことで血管の膨張を抑えられるので、頭の痛みも和らぐという理屈です。

 

さいごに

かき氷を食べると起こるキーンとした痛み。

アイスクリーム頭痛なんて冗談みたいな名前が付いていたんですね。

 

暑い夏、冷たいものを食べていてあの不快な痛みに襲われたら、今回紹介した方法をぜひ試してみてください!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です