auからYモバイル(ワイモバイル)に乗り換えでスマホ代が月¥4000下がった話

Yモバイル(ワイモバイル)といえばUQモバイルやFREETEL(フリーテル)と同じ格安SIMを提供している携帯会社として有名ですよね。

近頃はテレビCMも頻繁にやっているので、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

実は最近、そんなYモバイルに乗り換えをしました。

携帯はずっとauを使っていたのですが、Yモバイルに切り替えたおかげで、これまで毎月約7,900円掛かっていたスマホ代が半分以下の月2,980円に!

月々の差額だけでも4,920円、1年間だと59,040円も安くなる計算です。

なんとなくめんどくさいなぁ~と思って今までそのままにしていたんですが、こんなことならもっと早くに変えておけばよかったと激しく後悔中(笑)

手続きもかなり簡単で、お店でも1時間もあれば契約完了までできてしまうので、正直乗り換えない理由がありません!

「毎月のスマホ代が高くてキツイ・・・」と悩んでいるなら、Yモバイル、かなりオススメです!

②auを解約した理由

高校生になって初めて携帯を持つようになってからずっとauを使ってきました。

その年数なんと11年以上!

解約する時にauに電話してオペレーターのお姉さんに「11年以上もご利用頂きありがとうございます」と言われて初めて知りました(笑)

そこまで長く使い続けていたauをなぜ解約しようと思ったのか?

その理由はただ一つ

「高いから」です。

20代の社会人の収入で毎月8,000円のスマホ代は正直キツイですよね。

しかも、UQ WIMAXのポケットWi-Fiも契約してい他ので、両方合わせると毎月13,000円くらい。

さすがにずっと払い続けるのはバカバカしいと思い、やっと重い腰を上げて乗り換えることにしました。

③乗り換えてどれくらい変わったのか?

今回、乗り換えるにあたって選んだのが「スマホプランM」です。

プランの内容は月々3GBの通信と1回10分まで無料の国内通話がついてきます。

今までが7GBだったので3GBって少なく感じますが、新規契約ならデータ容量が2倍になるオプションが無料!

6GBもあれば今までと大して変わらないですね。

これで月々2,980円はマジ安すぎ(笑)

ほんと、今まで高い料金を払ってたのがもったいなかったです。

あとスマホと同時にポケットWi-FiもYモバイルに切り替えました。

それまで使っていたUQ WIMAXは通信量無制限で月6,000円

それに対してYモバイルは4,000円

スマホとWi-Fi合わせても約7,000円なので、両方合わせてもauのスマホ代と同じくらいです。

④乗り換えの手順

1.バックアップ

Yモバイルにするにあたって今まで使っていたiPhone SEはそのまま使いたかったので、MNPにしました。

なので、まずは今あるデータのバックアップを取っておく必要があります。

iPhoneならパソコンのiTunesにつなげるだけで自動でバックアップを取ってくれるので、簡単♪

バックアップってつい忘れがちですが、大事なデータを守るためにも必ずやっておきましょう!

2.MNP

バックアップができたら、次は「MNP予約番号の発行」です。

電話番号を変えずに乗り換えるには、auに電話してこの番号を発行してもらわないといけません。

当然電話すると解約させまいと、あの手この手で引き止めにかかってきます。

「継続していただけるなら15,000円の割引もお付けしますよ」なんて手段も出してきますが、誘惑に負けてはいけません(笑)

てか、それなら最初っから安くしてくれよって思いますけど。

逆にこの方法を使えば15,000円の割引がもらえるので、auをやめる気がない人でもとりあえず電話してみるのアリですねw

「解約します」の一点張りで無事に予約番号を発行してもらったら、いよいよYモバイルと契約です!

3.Yモバイルを契約

最近の携帯の回線契約ってすごく簡単です。

最初に名前と住所とかを書いたら、あとはほとんどすることはありません。

店員さんがせっせと準備してくれて、時々説明をハイハイと聞くくらい。

今回契約した時は、年末ということもあってお店が混んでいたものの、それでも1時間くらいで全部終わりました。

⑤Yモバイルの特徴(メリット・デメリット)

メリット

1.安い

これまで説明してきた通り、毎月のスマホ代がとにかく安いのが一番の特徴です。

通信容量をあまり減らしたくなかったので、今回はスマホプランMを選びましたが、一番安いスマホプランSなら月額1,980円!

やはり、この圧倒的な安さが大きな決め手です。

2.ソフトバンク回線

Yモバイルが使っている回線はソフトバンクのものです。

auでも普段使っている分には特に不自由はしないんですけど、地下などに入った時は結構圏外になることが多かったんです。

一方のソフトバンクはというと、都市圏の回線強化に力を入れていて、特に都心の地下だと圧倒的に電波が強いです。

しかもWi-Fiスポットもあちこちにあるのもかなりの強みですね。

3.ヤフーユーザーにメリット

料金だけでみると、正直他の格安SIMと大した違いはありません。

そんな中でYモバイルを選んだのは、Yahoo!ショッピングがお得に使えるというメリットがあったからです。

auの時はYahoo!ショッピングでもらえるTポイントは最大で7倍まででしたが、YモバイルになってMAXの12倍までポイントがつくようになりました。

あとは月500円の「Enjoyパック」に加入するとYahoo!プレミアムのサービスが使える上に、500円分データ容量とYahoo!ショッピングの500円クーポンが毎月もらえます!

もともと400円でプレミアム会員の契約をしていたので、契約と同時にEnjoyパックに切り替えました。

これだけ特典があってほぼ同じ金額で済むならかなりお得。

日頃、Yahoo!で買い物をするなら入っておいて損はないですよ!

⑥注意点

1.キャリアのアドレス

Yモバイルに乗り換える時、キャリア独自のメールを使っている人は注意が必要です。

ちなみにキャリアのメールとは、「@ezweb.ne.jp」のメールアドレスのことです。

auと解約すれば当然このアドレスが使えなくなるので、もしクレジットカードや何かの契約に使っているなら、変更手続きをしておきましょう。

Yモバイルにすると自動的にヤフーメールに切り替えとなります。

すでにYahooのアカウントを持っているならそのまま使えます。

アカウントがない人は事前に作っておいて、解約前にauのアドレスを登録しているサービスをYahooのメールに切り替えておくとスムーズですよ。

2.解約金

auを解約する時、ちょうど契約更新のタイミングなら特に違約金は発生しません。

が、そうタイミングよく乗り換える人ばかりじゃないと思います。

更新月以外でMNPを利用すると9,500円の契約解除料がかかります。

これ以外にもMNP転出手数料3,000円とYモバイルの新規契約事務手数料3,000円が必要になります。

全部合計すると15,500円

それなりの金額ではあるものの、Yモバイルの料金なら2~3ヶ月で元が取れるのであまり気にすることはないですね。

ちなみに、僕の場合は長年使ってたので、契約解除料が3,000円で済みました。ラッキー!(笑)

⑦さいごに

毎月の携帯代に頭を悩ませながらも、時間がなかったり、面倒で結局ほったらかしている人って結構多いと思います。

でも、実際の手続きでやることと言ったら書類1枚書くのと、プランを選ぶことくらい。

あとはただ座って待っていればいいだけです(笑)

たった1時間で年間の携帯代が6万円も安くなるのなら、はっきり言って変えない理由がありません。

「今度時間があったら」「気が向いたら」な~んて言ってるとまた1年高い料金を払い続けることになりますよ。

そうやって僕自身が11年間払い続けてきましたからw

ちょっとでも毎月の支出を減らしたい!と思っているならYモバイルはオススメですよ!

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です