哲学の道の桜2018!見ごろや開花状況、ライトアップなどご紹介!

哲学の道は京都でも有名な桜の名所です。

 

全長1.5kmほどの散歩道には「関雪桜」として親しまれている桜並木があり、毎年春になるとたくさんの観光客で賑わいます。

 

神社やお寺と違って道沿いであればどこからでも桜が楽しめるので、のんびり歩きながらのお花見デートにもオススメ!

銀閣寺や永観堂、平安神宮といった観光名所からも近く、アクセスがいいのもいいところです。

 

今回はそんな哲学の道の桜2018年の見ごろや開花状況、夜桜見物などお花見を楽しむための情報を皆さんにまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

 

哲学の道の桜2018年の概要

~開花時期・見頃~ 3月下旬~4月上旬

~料金~ 無料

~営業時間~ 24時間開放

~住所~ 京都府京都市左京区

 

哲学の道って?

哲学の道は京都市左京区にある、琵琶湖から流れてくる川沿いに整備された散歩道です。

永観堂近くの熊野若王子神社前にある若王子橋を起点に、銀閣寺の西側にある銀閣寺橋まで続いていて、その全長は1.5kmほど。

道もそれほど広くはないものの、たくさんの木々が植えられている自然豊かな場所です。

春は桜、夏には木の葉の緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季折々の景色が楽しめます。

 

「哲学の道」の名前の由来

「哲学の道」が作られたのは1890年と今から100年以上も前です。

ただ、完成した時は特に名称はなく、今の呼び方になったのは40年くらい前と比較的最近になってから。

 

明治時代には近くに多くの作家がいたことから「文人の道」と呼ばれていまた。

その後、京都大学の西田幾太郎や田辺元といった哲学者がよく考え事にふけったり、散歩するように。

次第に「哲学の小径」と呼ばれて親しまれ、1972年に地元住民によって今の「哲学の道」という名前がつけられました。

 

哲学の道 桜の由来

哲学の道が桜の名所として知られるきっかけになったのは1921年のことです。

 

当時、近所に住んでいた日本画家の橋本関雪が京都市に300本の桜を寄贈

もともとは妻よねが、画家として成功した感謝の思いを込めて、桜を贈ってはどうかと提案したのが始まりだそう。

 

今では当時の桜はほとんど残っていないものの、植え替えられた桜もこのエピソードにちなんで「関雪桜」と呼ばれています。

 

哲学の道の桜の見どころ

哲学の道には、沿道におよそ500本の桜が植えられています。

全長1.5kmの桜並木は見応えも十分!


木に咲いている花もさることながら、水面を埋め尽くす花びらもかなり綺麗ですね〜
のんびり歩いて行くと、30分くらいというのも散歩しながらのお花見には丁度いいですね。

 

哲学の道の定番お花見コースは南禅寺から銀閣寺のあいだ。

周りにはお茶屋さんなどもたくさんあったりするので、地図を参考に散策してみてください。

 

哲学の道の桜、見ごろは?

哲学の道、桜の見ごろ・開花時期をチェックしておきましょう!

〜桜の見ごろ〜

3月下旬〜4月上旬

〜京都の開花日(気象庁発表)〜

・2015年:3月23日

・2016年:3月31日

・2017年:3月28日

 

哲学の道に植えられている桜は、お花見で定番のソメイヨシノ。

例年、3月中旬くらいになると徐々に花が咲き始めるものの、この頃はまだ1~3分咲きといったぐあい。

 

本格的に開花し始めるのは3月下旬に入ってからです。

ちょうど京都のあちこちで桜まつりも開催される時期なので、いよいよお花見シーズン突入といいた感じですね。

 

4月に入るとぐっと暖かくなり、桜もほぼ満開状態になります。

2017年は年明け以降の気温が低かったせいか、例年よりも開花が遅めでした。

それでも4月上旬には満開になっていたので、2018年も見頃は3月下旬から4月上旬になりそうですね。

 

哲学の道の桜はライトアップされるの?

お花見は昼間の春らしい陽気の中で楽しむのもいいですが、夜にはしっとりとした雰囲気の桜もまた魅力的ですよね。

有名なお花見スポットだと夜のライトアップをするところもどんどん増えてます。

 

哲学の道では大規模な桜のライトアップはないもののほのかな明かりはあるので、夜桜見物は楽しめますよ!

やっぱり夜桜ってロマンチックな雰囲気だからお花見デートには欠かせません!!

 

 

昼間とは一味違った夜の桜は、また風情があっていいですね〜♪

哲学の道へのアクセス

哲学の道へのアクセスをまとめておきます。

バス

・北端→京都市営バス101系統「銀閣寺道」バス停よりすぐ

・南端→京都市営バス「宮ノ前町」バス停より徒歩5分

 

 

駐車場はある?

哲学の道に駐車場はありません

周辺にコインパーキングやお寺の駐車場はあるものの、京都の中心部ということもあって年間通して混雑してます。

特にお花見シーズンともなると周辺道路もかなり渋滞するので、公共交通機関で行くことをオススメします。

 

さいごに

四季折々の自然豊かな景色が楽しめる哲学の道。

 

春には500本の桜並木が見事な花を咲かせる、京都でも有数のお花見スポットになります。

例年の見ごろ時期は3月下旬から4月上旬で、2018年もこの頃にはほぼ満開の桜が楽しめると思いますよ。

 

ぜひ、哲学の道で京都の春を満喫してくださいね。

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です