清水寺の桜2018!開花状況や見頃、ライトアップもご紹介!

清水寺といえば「清水の舞台」で有名な、京都有数の観光スポットですよね

 

実は、清水寺の境内には約1000本もの桜が植えられており、桜の名所としても知られています。

見頃を迎える3月下旬から4月上旬にはいつにも増してたくさんの観光客で賑わうんですよ。

 

今やお花見デートの定番ともなっている夜のライトアップも行われるとあって、デートコースとしても大人気!

今回は、そんな清水寺の桜2018年の開花状況や見頃、夜のライトアップなど春のお花見を満喫するために知っておくと便利なあれこれをご紹介します!

スポンサードリンク

 

清水寺の桜2018年の概要

まずは清水寺の桜についてパッとまとめてみました。

~開花時期・見頃~ 3月下旬~4月上旬

~料金~ 大人400円、小中学生200円

夜の特別拝観大人400円、小中学生200円

~営業時間~ 6:00~18:00、(夜桜観覧)18:00~21:00

~住所~ 〒605-0862 京都府京都市東山区清水1-294

~アクセス~

・JR「京都駅」より市バス206系統「五条坂」下車、徒歩10分

 

 

清水寺の桜、2018年の開花状況や見頃はいつ?

清水寺には1000本近くの桜が植えられており、京都でも有数の桜の名所になっています。

 

清水寺にある桜のほとんどが定番のソメイヨシノ

気温や天候によって多少前後することはあるものの、例年の見頃は3月下旬から4月下旬にかけて

普段から観光地として人気の清水寺も、お花見シーズンともなればいつにも増してたくさんの人で賑わいます。

 

境内ではあちこちで桜が楽しめますが、中でもオススメのスポットをご紹介します!

清水寺の桜の見どころ

清水寺といえばやっぱり「清水の舞台」

 

・・・ですが、なんと今は工事中

現在、平成の大改修の真っ最中で、修復が完了するのは2020年3月の予定です。

 

ちょっぴり残念な気もしますが、それでもやっぱり桜は見事ですね~。

とはいえこの姿を見られるのは今だけなので、かえってレアかも?!(笑)

 

個人的に好きなのが入り口近くの仁王門と桜のコラボレーションです。

門の鮮やかな朱色と桜のピンクのコントラストがなんとも京都らしい!

 

あとオススメなのが、清水寺前の三寧坂(三年坂)です。

京都らしい街並みを背景に見事に満開になったしだれ桜。

着物を着て歩く人の姿もあって、なんとも風情があっていいですね〜

 

夜にはライトアップも実施

 

ライトアップ(春の特別拝観)

期間 2018年3月24日(土)~4月8日(日)

時間 18:00~21:00 予定

料金 大人400円、小中学生200円

 

 

清水寺では桜が見頃の時期になると、ライトアップも始まります。

 

境内のいたるところで満開の桜が照らし出され、夜桜見物が楽しめますよ。

昼間の桜も綺麗ですが、夜になるとしっとりとした雰囲気がなんともロマンチック

 

やっぱりお花見デートに夜のライトアップは欠かせませんね!

 

桜鈴

桜鈴は清水寺で売られているお守りの中で最も人気があります。

お守りといってもよくある布製のものではなく、金細工の鈴でできています。

桜の模様が彫られ、ピンクと白で彩られた桜鈴は、揺らすとチリンチリンと優しい音色が響くなんとも可愛らしいですね。

お揃いで買っていくカップルも多く、清水寺のお花見での思い出にピッタリですよ。

 

まとめ

京都を代表する観光地の清水寺。

 

桜の名所としても知られ、毎年見頃となる3月から4月にはたくさんの観光客で賑わいます。

夜には桜のライトアップもあり、お花見デートを楽しむカップルにも人気のスポットです。

 

是非、京都有数の桜の名所でお花見を楽しんで見てくださいね。

あわせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です