大宮公園の桜2018!開花状況やライトアップに屋台の情報をまとめてご紹介!

大宮公園は春になると約1000本もの桜が咲き誇る、埼玉県でも有数の桜の名所です。

3月下旬から4月上旬の見頃の時期になると県内外からおよそ13万人もの人がお花見に訪れるほどの人気ぶりで、「日本さくら名所100選」にも選ばれているんですよ。

園内では、桜の開花に合わせて屋台が出店。

夜になるとライトアップも行われるとあって、お花見デートを楽しむカップルには大人気のスポットです。

今回は、そんな大宮公園の桜2018の開花状況やライトアップ、屋台の出店、駐車場情報などお花見を楽しむのに知っておくと便利なあれこれを紹介していきます。

スポンサードリンク

大宮公園の桜2018の概要

~開花時期・見頃~ 3月下旬~4月上旬

~料金~ 無料

~開園時間~ 24時間開放(入園自由)

~場所・住所~ 〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4丁目

~電話~ 048-641-6391(大宮公園事務所)

~アクセス~

・東武アーバンパークライン「大宮公園駅」「北大宮駅」より徒歩10分

・JR「大宮駅」より徒歩10分

 

大宮公園の桜、2018年の開花状況や見頃はいつ?

大宮公園の桜が見頃を迎えるのは、3月下旬~4月上旬にかけて。

園内にある桜のほとんどがソメイヨシノで、3月下旬に入ると開花し始め、気温が上がる4月初めになると一気に満開状態になっていきます。

 

気温や天候によって若干前後することはあるものの、4月初めの週末がいちばんの見頃になりそうですね。

2018年オススメのお花見時期

3月31日(土)〜4月8日(日)

 

大宮公園では桜のライトアップも!

お花見デートで欠かせないものといえば「ライトアップ」ですよね。

日中とは一味違い、しっとりとした桜が夜空に照らし出される姿はなんともロマンチック。

 

大宮公園では桜が開花するとライトアップも始まります。

決まったライトアップ期間はないものの、毎年、開花発表から10日間程度は行われますよ。

ライトアップは19:00~21:00までやっているので、夜になっても花見をする人たちで程よく賑わっています。

ライトアップ実施時期予想
2018年3月29日(木)~4月8日(日)ごろ 19:00~21:00予定

 

屋台の出店情報

純粋に桜を眺めるのもとても綺麗ですが、お花見をもっと盛り上げてくれるものといえば・・・そう「屋台」です!

大宮公園では桜の時期になると100以上の屋台が出店。

さすが埼玉県を代表するお花見スポットだけあって数が段違いですね!

 

定番の焼きそばやたこ焼き、じゃがバター、チョコバナナなんかに加えて、最近ではケバブやタイ料理のお店も出てきたりとバリエーション豊富。

4月とはいえ夜はまだまだ冷えるので、夜桜見物のお供に出来立てグルメを楽しむのもいいですね。

 

屋台の営業もお花見シーズンとほぼ同じで、3月末~4月上旬くらいまで。

時間もライトアップが終わる21:00くらいで閉店となるところがほとんどです。

スポンサードリンク

大宮公園の駐車場

大宮公園へお花見に行くのに車を使おうという方も多いと思います。

ただ、お花見シーズン、特に週末ともなればすぐに満車になる可能性がかなり高いです。

 

競輪やスタジアムでのイベント開催と重なると早朝から行かないと車を止めるのは難しいと思った方がいいでしょう。

ですので、基本的には電車を使った方が公園にもスムーズには入れて、余計な混雑に巻き込まれずに済みます。

電車で行けばお酒も飲めますしね(笑)

 

とは言っても、人数が多く荷物がたくさんあるなどどうしても車で!という方のためにいくつか駐車場を紹介しておきますね。

大宮第二公園の駐車場は収容台数が1,400台とかなり多いので、入れなかった場合はそちらがオススメですよ。

大宮公園東/西駐車場

台数:271台/43台

料金:無料

 

大宮第二公園臨時駐車場

台数:1,400台

料金:無料

 

まとめ

「日本さくら名所100選」にも選ばれ、埼玉県を代表するお花見スポットの大宮公園。

3月下旬から4月上旬のもごろの時期になると、屋台も出店してより一層お花見を盛り上げてくれます。

夜になるとライトアップが行われるので、春のデートスポットにも最適ですね!

4月とはいえ夜はまだまだ寒いので、暖かい服装をしてお花見を楽しんでくださいね。

あわせて読みたい関連記事はこちら