増上寺の初詣2019!参拝時間や混雑状況、屋台に駐車場もチェック

増上寺は港区芝公園にあるお寺で、東京タワーがすぐ隣になることでも有名ですね。

浄土宗の寺院で、1393年の創建以来、600年以上の歴史があります。

 

そんな増上寺では大晦日からお正月の期間にかけて正月初祈願が行われ、訪れる参拝客はおよそ5万人

都内でも有数の初詣スポットとして人気があるんですよ。

 

とは言いつつ、混雑はそれほどでもなく意外とスムーズに参拝ができるので、彼女を連れて初詣デートをするには結構オススメ!

各地からのアクセスも良いのも嬉しいところ。

 

今回は、穴場の初詣スポット、増上寺の初詣2018について、参拝時間や混雑回避について、屋台の情報などについてご紹介していきます。

 

増上寺初詣2018の概要

増上寺

~参拝時間~

12月31日(日)6:00~1月1日(月祝)18:00

1月2日(火)以降 6:00~17:00

~場所~

〒105-0011

東京都港区芝公園4-7-35

~電話~

03-3432-1431

~アクセス~

・JR/東京モノレール 「浜松町駅」より徒歩10分

・都営地下鉄 三田線「御成門駅」/「芝公園駅」から徒歩3分

浅草線/大江戸線「大門駅」から徒歩5分

・東京メトロ 日比谷線「神谷町駅」から徒歩10分

 

増上寺の初詣に駐車場はある?

増上寺には10台分の駐車場があります。

が、当然初詣の時にはあっという間に満車に。

 

周辺には東京プリンスホテルやコインパーキングなどがちらほらあるものの、そちらもすぐに埋まってしまいます。

しかも増上寺近くの道路が箱根駅伝のコースになっているので、周辺道路もかなりの混雑状態。

 

なので、電車など公共交通機関を使っていくのが一番ですね。

 

増上寺は勝負事にご利益あり!

増上寺は浄土宗鎮西派の大本山で、徳川幕府に時代から江戸の裏鬼門(方角でいうと南西)を守る要所でもあります。

もともと増上寺のご本尊である「黒本尊」は徳川家康が深く信仰していました。

 

家康は、この黒本尊を戦の場でも拝んでいたそうで、おかげで幾多の戦いに勝利し、のちに400年以上続く江戸幕府を築くことができたと言われています。

そんなことから、増上寺は勝負事に大変ご利益があるとされ、経営者や政治家、スポーツ選手などが参拝に来るんですよ。

 

そして、増上寺で参拝したらぜひ手に入れておきたいのがこの「お守り」


増上寺のお守りは黒本尊にちなんで真っ黒。

そこに徳川家の家紋と「勝運」の文字。

 

幾多の勝負に勝ち、天下統一を果たした家康のパワーがもらえそうなお守りですね!

他にもピンクや花柄もあるので好みに合わせて選ぶのもよし。

 

増上寺に行ったら是非とも手に入れておきたいお守りです!

 

増上寺の初詣の混雑状況

増上寺の三が日での参拝客は約5万人で、都内では第5位の規模を誇ります。

そう聞くと「なんだか混雑して大変そう」なんて感じるかもしれませんね。

 

でも実際にはそんなにでもないんですよ。

大晦日から元旦にかけては、カウントダウンをする人たちでごった返します。

増上寺の初詣で最も混雑するのは12月31日の23時から元旦の3時くらいまで。

昼間もお昼を挟む10:00~14:00頃は混み合いますが、それ以外は比較的ゆったりとお参りができますよ。

 

オススメの時間帯は1月1~3日の6:00~10:00の間

雰囲気的には「ほどほど賑わっている」という感じなので、むしろ程よくお正月気分を楽しめるますね。

 

増上寺初詣には屋台も出店

初詣の時期は東京では寒さが厳しい真っ只中。

参拝で体が冷えた時に嬉しいのが、あったかい食べ物が食べられる屋台ですね!

 

増上寺は、初詣期間になると定番のフード屋台が多数出店します。

開店時間は特に決まってはいないですが、12月31日の夜から1月1日は参拝終了時間の18時くらいまで

2日と3日も10:00~17:00くらいまでやっているところがほとんどです。

 

三が日が終わると大体のお店が撤収するので、屋台を楽しみたい方はこの期間中に行くことをオススメします!

 

まとめ

徳川家康が深く信仰し、ついには天下統一をもたらしたとされる増上寺。

お正月になるとたくさんの参拝客が訪れる、都内でも有数の初詣スポットです。

 

港区という東京の真ん中にありながら、そこまで混雑しないのでのんびりと初詣デートを楽しみたい!というカップルにもオススメ!

是非、2018年は増上寺で新年のスタートを切ってみてはいかがですか。

あわせて読みたい関連記事はこちら